バンド立ち上げ間近か!

昨日は、一ヶ月ぶりのセッションでした。
 前回は、ドラム、ベース、ピアノのトリオでしたが、
 今回は、ギター(vocal)も加わり4人編成です。
 ベーシストとギターリストは 今回が初対面です。
 相変わらず、曲もなにも決めずに 秘密の練習場所に
 集まってしまいました。
 で、ギターリストは宴会帰りでかなり酔っ払っています。
 しかも、ギターは当然 持参ではなく、そこらへんに
 ころがっていた(オーナーの方 失礼!)韓国製の
 レスポール? ギターアンプは30年前のヤマハのF100!
 ギターリストは、「弦が6本あったらなんでもいいや」と
 言いつつ、酔いのせいでおぼつかない手つきで、シールド
 (これも そこらへんにあった古い奴)をアンプに直に
 つないでいました。 
 キーボードは、これまた、25年前の日本初のデジタルシンセ!
 ヤマハ 初代DX7です。 当然リバーブなどついておらず、
 こちらもアンプに直結(当たり前か。。。) しかし、
 4半世紀前のデジタルシンセがまだちゃんと音が出るとは、
 昔の楽器の造りは本当にしっかりしていたんだなぁと
 思います。
 ベースのセットも終わり、さて、なにをやりましょうか?
 ということで、お決まりのBluesにてセッション開始。
 その後、リズムとKeyを変えて何曲かBluesや
 ストーンズをやって、E一発モノとかもはさんで、
 訳のわからない2コードモノとか。。あとは忘れました。
 私としては、とても気持ちよく弾けました マル!
 ベースが鳴っていて、ギターがソロを弾き、その後ろで
 エレピでテンションを入れまくるのが気持ちィィ。。。
 っていう感じです。 
 これで全員 顔合わせできたので、次回は、
 念願のオリジナルです。 
 いままでは、モっさりとしたイメージで考えて
 いたのですが、昨日のセッションでだいぶ明確な
 イメージが沸きました。 
 
 やはり、実際に音を出してやらないとイメージ
 出来ないんですね。 というか、自分でイメージを
 積み上げていくスキルが無いのだと思いますが
 仕方の無いことです。
 後片付けのとき、ギターリストが、「シールドが
 エフェクタの代わりだった」と謎の発言があり。
 音が痩せたということかな?
 とりあえず、半歩前に進んだということでよろしいでしょうか?
 >メンバーの皆様
& バンドが立ち上がった。。。かも 。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする