ヤマハの最高級アップライトピアノ


ベヒシュタインなどヨーロッパの高級ピアノに匹敵する構造と品質を持つヤマハ初の高級アップライトピアノ SU7 が 2005年2月1日から発売されたということです。
 
響板に何を使っているかについては「コンサートグランドと一緒」としか書いてありませんでした。
 これまで、さんざん「カワイとヤマハのピアノは音が全然ダメ!」と言って憚らなかった私ですので、このピアノにはちょっと興味があります。 
 トラバ先のEddieさんは、基本的にあまり期待されていないようです。200万円だせばベヒシュタインの新品が買えますからね。 でも逆に考えると よっぽとヤマハとしては自信があるのでしょうか。ヤマハの経営者や技術者のみなさんの審美眼というのが私よりも劣っていることは まず、考えられないので、やっぱりそれなりのものを出してきているのではないでしょうか。 
 ということで、試弾できるところがないか、地元のYAMAHAの楽器屋さんに行ってきました。
 結論は、「滋賀県には一台も置いてありません。 大阪にはあると思います」 という「想定の範囲内」の答えが返ってきました。
 明日、試弾できるお店を紹介してくれるそうです。
 滋賀県のお店には、カタログも置いてありませんでしたから! 残念!
 こういうときは、都会に住んでいればなぁ と思いますが、まぁこんなシチュエーションは年に何回もありませんから我慢しておきましょう。
 それで、
 帰宅して、インターネットで調べてみると、
 英国のYAMAHAの代理店に ちよっとだけですが、スペックについてのセールストークが書いてありました。
 — 20080414 リンク切れのため削除
ヤマハの代理店のサイトなのでベタ褒めですね。
 響板は ルーマニア産のSPRUCEだそうです。
 ライバル達と同じじゃぁないですか! 
 少し期待が持てそうです。 
 響板については、こちらの記事をご参照ください
販売台数が 限定 年間100台 とありますので、もしかしたら、フラッグシップピアノとして、赤字覚悟なのかもしれませんね。
 なにはともあれ、もし京都に試弾出来るお店があれば、ちょっと弾いてみようかと思います。 もちろん買わないですけど。。。
 もし、ちゃんとした音が出るようならば とても喜ばしいことです。 
 
 何度も言うようですが、それでも買わないと思いますが。。。同じ値段なら、間違いなくベヒシュタインを買うでしょう。。。。
 でもちょっとは期待してたりして。。
 あっ 一番大事なことを忘れていました。
 お金も置き場所も ありません! でも、ヤマハさん、弾かせてくださいね。 気に入ったら宣伝しておきますから。 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク