腰痛の原因と対策3点セット


 私の腰痛の原因は運動不足と骨盤の歪み、そしてもうひとつ重要ことに最近気がつきました。 それは、身体(筋肉の)の硬さです。
 
 運動を続けても骨盤を矯正しても、程度は少しづつは良くなるものの腰は相変わらず小さな爆弾をかかえているような感じで、なにか他に原因があるのだろうなと漠然と思っていました。 私は、もともと身体が硬く、若い頃からストレッチはずっと続けていました。 しかし、腰痛になった時点で、ストレッチを無理にすると腰痛がひどくなるということがあったので、それ以降ずっとストレッチはやっていなかったのです。 また、腰のストレッチは2007年から再開したものの、他の部分についてはまったくやっていませんでした。
 
 最近インターネットのサイトで、足とお尻の筋肉(特に足の裏側)が硬いと腰痛になる という記述があり、ハタと気がついて、足の裏側を伸ばすストレッチ(床の上で足をひろげるやつ)をやってみたところ、これがひどい状態でして、インストラクションには150°まで広げると書いてありますが、私の限界は70°ぐらいでまったく伸びていませんでした。
 確かにこの足の裏側の筋肉は腰に直接つながっていて、ストレッチした後は腰の奥の部分(いつも痛くなるところ)が伸びて気持ちの良いダルさを感じました。 自分の身体なのでよくわかるのですが、「ここが硬いから駄目だったんだ」ということが自分でもはっきりとわかりました。腰の筋肉のストレッチとともにこちらの方のストレッチも毎日欠かさずやっていこうと思った次第です。 
 
 今までの、私の腰痛の歴史?を紐解いていくと、運動不足と骨盤の歪みと身体の硬さの3点セットが揃ったところで腰痛が慢性化し、それに対して一つ一つ順番に対策をうってきたものの中々治らず、最後に「硬さ対策」に気がついて、運動+骨盤矯正+適切な部位のストレッチの3点セットを時間をかけてじっくりと行っていくというところまで辿りつきました。 もしかしたら、この3点セットではまだまだ足りないかもしれないのですが、私の勘ではこの3点セットが私の腰痛の全ての原因・対策のような気がします。
 
 さてさてどうなることやら、一年後が楽しみです。 全力疾走したり、キャッチボールしたり、バッティングセンターで汗を流したり、サッカーボールでパス交換したり、そんなこんなが出来るようになっていたら嬉しいなぁ。。。もしこの3点セット以外で原因・対策があるとしたら、これはもう内臓の病気ということになります。 これについては、その可能性も見極めるべく、いろんな内科的な検査とかもやってきましたので今はたぶん大丈夫と思うのですが、今後も「絶対大丈夫」ということはないですからね。 これからも慎重に自分の身体をチェックしていきたいと思います。
 
 まぁこれだけ腰痛対策をコツコツとやってきていてもなかなか完治まで至らないのですが、これら対策の副次効果として、血液がやたらと健康的になってきたという嬉しいこともあります。 やはり健康対策は総合的なものなのだなと思いました。 
 
 しかし、この文章を読み返してみると、私もたいした健康ヲタだなぁと思いますね。
 
 自分の身体は、自分の魂のこの世の棲家であり、既に築48年経過したボロ家ですが、なんとかこまめに修理して古いながらも一日でも長く棲家として機能させたいと思います。 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. pastel_piano より:

    こんらちは。私は首が悪いのですが、一昨年くらいからカイロプラクティック(米国でドクターの資格を取った先生)+指圧マッサージを週一で通うようになり、今ではかなり症状が良くなりました。腰にもかなり良いと思います。ポイントは具合の悪い部位だけに注目せず、全身を治療することでしょうか。この年で指圧ってな感じですが、体が非常に弱い人なので、こうでもしないととても生きていけないのでした。