中国産冷凍ギョウザ(Coopが販売)で食中毒・重体!

中国産冷凍ギョウザ(Coopが販売)で食中毒・重体!
ついに恐れていたことがおきてしまいましたね。。。。

以下 産経新聞記事より引用
????
千葉県市川市で22日夜、中国産の冷凍ギョーザを食べた一家5人が、下痢や嘔吐(おうと)の食中毒症状を訴えて入院していたことが30日、分かった。5人とも現在、入院中で、うち5歳の女児が一時重体となったという。千葉県警はギョーザの具のニラから、有機リン酸系の農薬成分「メタミドホス」を検出。製造過程で薬物が混入したとみて業務上過失傷害などの疑いで捜査を開始、流通・販売ルートなどを調べている。
 同県警捜査一課は30日の記者会見で、殺人未遂事件として捜査するとも述べた。ほかにも千葉県内と兵庫県内で、同じ冷凍餃子を購入し、食中毒症状をで病院で手当てを受けたケースが2件あり、各警察当局で捜査している。
 調べでは、市川市の一家5人は今月22日午後8時ごろ、自宅で夕食として中国産の冷凍ギョーザ餃子を食べたところ、下痢や吐き気などをもよおし、病院に収容された。その後、県警で一家が食べた餃子を鑑定したところ、有機リン系薬物「メタミドホス」が検出された。
 農水省によると、メタミドホスは海外では農薬として使われているが、日本国内では農薬として登録されていない。
 千葉県警によると、餃子はCO・OP冷凍食品「手作り餃子40個入り(560グラム)」(399円)で、原産国は中国。輸入業者は「ジェイティフーズ」(東京都品川区)。昨年10月20日に製造され、賞味期限は今年10月20日までだった。
 一方、厚生労働省は30日、中国産ギョーザを輸入販売していたジェイティフーズに対し、同一製品の販売中止と輸入自粛を要請することを決めた。
 厚労省によると、有機リン系薬物が検出された冷凍ギョーザは、中国・河北省の業者が製造。厚労省は在日中国大使館を通じて中国当局に通報した。
???? 引用終わり
元記事はこちら


まぁ 予想されていたことなのであまり驚きはしませんが、この事件で結構ヤバイのは、22日に起きていたことが30日になってようやく報道されたということです。 この間、販売したCOOPも輸入したJTフーズも記者会見すら行っていません。 他にも被害にあった人がいるような気がします。 すぐに発表して回収して被害を最小限にしようとすらしなかった(と思われる)JTフーズやCOOPという組織はどうなっているんでしょうかね。 COOPは「安全」という神話が昔からありますが、この事実をもってすると単なる神話であり実話ではなかったと判断するしかないですね。
いずれにせよ、消費者は自衛しないと。。。。。中国産はマジヤバイ。。。。
食中毒発生後の対応も含めて、賞味期限問題など吹き飛びような恐ろしい話です。
今回の事件、特に一週間以上問題を放置していたことをマスコミがどの程度深く突っ込みを入れるか興味津々です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする