サカ豚・焼き豚論争

Pocket

サッカーと野球
サッカーと野球の存在意義を巡って議論?しているサイトがいくつかあります。
実態はどちらかの側の視点から相手を罵倒するサイトなんですが、コメント欄にその記事に対するアンチの意見が投稿されていて、ちょっと下品なディベートの様相を呈していて面白いです。
サッカー視点(というか野球を貶す視点)に立ったサイトとしては、
日本の国民的スポーツは野球か?それともサッカーか?
プロ野球の視聴率を語るblog
野球視点(というかサッカーを貶す視点)のサイトはこちら。
税リーグニュース
それぞれの管理人さんは、夫々の立場で見事なまでに軸をぶらさずに色々な出来事を論評していきます(記事によっては、かなり無理のあるロジック展開だったりして、それはそれで笑えます)。 それに対する賛否利用論がコメントに殺到。。。という具合で、読んでいて面白いですね。 ただし、どちらかに肩入れしてしまうと、反対意見が限りなくウザく感じられて精神衛生上あまり良くありませんので、あくまで第三者的立場で読まれることをお勧めします。 多分、それぞれの言い分はある意味正しいのだと思いますが、お互いに軸が違う。 だから、延々と議論は続く。。。。 どちらかが滅亡しない限り。。。。
私は、野球は 10年ぐらい前までは結構好きで、野球ファン歴も長くて、1960年代の産経アトムズ(今のヤクルトスワローズの前身)が好きで、当時は ぶっちぎりのびりっけつで人気もなく、小学生の同級生は皆ジャイアンツの野球帽をかぶっていましたが、私だけアトムズのマークがついた帽子をかぶっていました。 まぁ幼少の頃から弱いものが好きだったわけです。 その後、30年間ヤクルトファンを続けて、90年代後半だったかな、阪神がめちゃ弱くて野村監督がヤクルトから阪神に移ったときに阪神ファンに乗り換えました。 そして阪神が優勝するまで阪神ファン。。。その後は、なぜかプロ野球全体に対して興味が薄れてしまって、ほとんどTVも生試合も観ないまま現在に至っています。 キャッチボールをするのは大好きだし、野球そのものは大好きなんですけどね?。。。そういえば、腰痛になってからキャッチボールもしていないなぁ。。。まぁお金に汚なそうなプロ野球と高校野球(今年の北大津の試合は除く)はたぶん今後も見ないと思います。
サッカーは、中学生の頃、ダイヤモンドサッカーという欧州リーグを配信する唯一の番組を深夜食い入るように見ていました。 天皇杯は毎年必ず見に行っていたし、高校サッカーも大阪開催時代からのファンです。 Jリーグもスタート時点から観続けて、浦和はご存知のようにgdgdだった初期の頃からのライトなファンです。
野球は、試合展開の遅さが糾弾されたりしていますが、球場でビールとカラ揚げを楽しみつつ のんびりと友人とくだらないことをしゃべりながら ダラダラと観戦するのも たまには良いものです。 普通、スポーツ観戦しながらバカ話できないですよ。 チェンジの時に 売店にいけば プレーを見逃すこともありませんしね。 近くに野球場があってナイターをやっていたら、どんな組み合わせの試合でも、たまに、アフター5に外野席の最上段でゆっくりとビールを飲みたいと思うだろうな。そして、多分、試合自体は1割ぐらいしか観ていないと思う。 サッカーの場合は 真剣に見ないといけないですから、おちおち試合中に席を立つことも、ダラダラと隣の人と馬鹿話をすることも出来ません。 まぁプレー自体を楽しむので それはそれで全然問題はないのですがね。
かように、まったく違う世界のスポーツなので比べること自体に無理があるのですが、そういうテーマでディベートすると まぁ面白いことになるんですね。
サカ豚と焼き豚、ディベートはこれからも続くでしょう。 でも10年後にはそんな議論もなくなっているのではないかなと思います。 それはどちらか一方の凋落を意味します。

“サカ豚・焼き豚論争” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA