朝の散歩と「気」の充足

朝の散歩
プールで泳ぎ始める前は 運動不足解消のため毎朝散歩をしていた時期がありましたが、プールで泳ぐようになってからは陸上Walkingからすっかり遠ざかっていました。 水泳は結構激しいスポーツですので、運動量だけを考えると水泳だけでも良さそうな気がしていたんです。
でも、最近思うようになってきたんです。
「気」の補充という意味で、朝に自然のある場所で歩くというのは結構重要なことではないのか? と。
毎日、コンクリートに囲まれたプールの塩素一杯の水の中で運動をしていても とりあえず 身体が動いて筋肉はついてきます。 だけど、「元気」が出るような気がしません。 丈夫にはなるけど元気は出ない みたいな。。
最近、そんなことを思っていたら、あるお医者さんが気功について書いたものをインターネットで見つけました。
漢方医というコラムです。 気功について実践も含めてかなり研究されていて非常におもしろい読み物です。 この先生は、神戸で漢方医療専門の病院を開業されていて、病院のWebsite もあります。 このWebsite内に たくさんの興味深い読み物がありますので 皆さんもご一読されてはいかがでしょう。
さて、そのコラムに 神社仏閣は「気」が地面から湧き出る場所に建っていることが多いのでそういうところに行けば良い と書いてありました。 これにはピーーンときましたね。 そういう「気」が今足りないような気がしていたんです。
というわけで、家の近くの氏神様にウォーキングがてらに毎朝足を運んでお参りしようかなと思って、昨日行ってみました。
氏神さまのところには年に一度正月にお参りに行くぐらいで、お参りも結構ずさんなやり方でやっていました。
今回は、まず鳥居のところで一礼、本堂の前で一礼、そして2礼2拝1礼をきちんと守ってお参りして、帰るときはまた鳥居で一礼。 これをすると 何故か清々とした気持ちになりますね。
それで、しばらく境内にとどまって「気」を感じることが出来るか確かめてみましたが、正直よくわかりませんでした。 まぁ気分は悪くないし このまま続けてみようと思います。 あと、境内には何本か巨木がそびえたっていて、その木にしばらくじっと手を当ててみました。 なんとなく元気が出たような気がしました。まぁなんとなくなんですけどね。
氏神様だけではなくて、旧草津川の舗装されていない遊歩道を歩くのも良いかも知れません。
で、今日は行っていません。 雨が降っていたし。。軟弱。。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. グレアムペンギン♂ より:

    気の流れ・・・ある人は日本を龍の姿に例え 極東の大地
    東の青龍だと言いますね。そっちの方面はうといですが
    興味は深々です?♪
    話は変わりますが 今日辻井伸行氏のCDを購入しました
    彼の感性が出てるというか みずみずしさに溢れたオリジナル曲が
    とってもいぃですよ?♪
    予定変更は軟弱じゃないのでは?賢い選択と言い直すべきでは?^^