ライブの準備 と 本当にやりたいことへの探求


  一年以上ライブをしていなかったのですが、昨年からやりはじめたバンドのライブが近づいてきました。昨年の11月以降何も活動していなかったのですが、昨日久々に集まって練習してきました。 約3ケ月ぶりでしたが、この休養期間はプラスに働いたようで、結構中身のある練習になりました。 ライブ直前にもぅ一回練習して本番突入です。
  Juno Stageでの初ライブということで音的にライブハウスでどんな感じで響いてくれるのか楽しみな部分があります。
  バンドはバンドでとても楽しいのですが、やはり 何かが違う という気持ちがついてまわります。 この原因は、自分の曲を提供出来ていない(今回のセットリストでは2曲のみ しかも曲だけ)というのが一番大きなことだと思いますが、「やりたい音楽はなんぞや?」、この永遠のテーマの解を見つけるべく、最近、生ピアノを弾きながら自由に歌うという時間を作っています。 自由に歌う というのは 曲も歌詞もその場で湧き出たものを音(歌)にするというもので、いかに「やりたいように」できるかがポイントです。 歌詞も少しずつではありますが その場で出てくるようになりました。
  これを何度かやってみて、なんとなく自分がやりたい世界というのが見えてきたような気がします。まぁはっきり言ってしまうと かなりひねくれていますね、、、、とてもよそ様にお聞かせできる内容ではありません。 でも、それが一番やりたいのならばやってみたら??  という気持ちになってきています。 どうやら 今までは、「こうあるべき=こうしたらたくさんの人に聞いてもらえる」という先入観が強すぎて 自分が本能的にやりたいことを押しつぶしていたのかも知れません。 売れなくたって、気に入られなくたって 自己満足だからって ぜんぜんへーきだよ やりたいことをやるよ というところでしょうか。 まぁやりたいことが、かっこの良いRockとか渋いBluesとか大人のJazzとかだったら良かったんですが、あまりかっこのよいもんじゃなかったっていうのが残念といえば残念。
 
  でも、これで性根を入れて音楽が出来る。 ちょっと嬉しい。 そう思ったらバンドの方も 何か力が抜けてイイ感じになってきました。
  で、、なにをやるんじゃ?!? という話ですが、まぁ言葉では言い表せないっすね。自分が聴衆だったら 何度も聴きたくないかも知れないという そういう音楽です。 昔から やりたいこと についてはいろいろと考えてそれなりに結論を出してきていましたが、いままでの結論は やりたい ということが邪心のレベルだったのかなと。。。 エエカッコシィの領域を飛び越えて心の奥底から、DNAが欲する音を出せるのか というとなかなか難しいのですが、それにチャレンジしていくのです。 聴衆が満足するかなどという視点は皆無です。 そういう意味では今までのバンドやオリジナルに対する考え方が180度変わってしまったのかも知れません。 
来月50歳になります。 半世紀生きてようやく自分自身について少しだけわかったというところです。 老人になるといろいろわかってくる と仰った大先輩がいらっしゃいましたが そのことが少しだけ理解できたような気がします。
 当面、いやもしかしたらずっと、ピンでいきます(カテビは続けますよん)。 Juno StageにMIC INがあるので Juno Stageだけをお伴にライブに出る日はいつになるのでしょうか!!!????  曲にテーマなんかありません、コンセプトもありません、私は私が出したい音を出し、聴いてくれる人は 「私を聴く」 そういうのが理想ですが、そこまで本当に到達できるんでしょうか!?
  しかし、この話は何年も引っ張っている割にまったくアウトプットかがありませんね。。。。。 こんなところでgdgd文章を書いているようではまだまだ先は長いのか。。。。
 
   

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. makoto より:

    本当にやりたいこと。
    dotchyさんのグログ、今日はじめて見させてもらって(こちょうのゆめは常連です)
    自分にも問いかけてみたくなりました。
    わたしは、音楽はどちらかというと苦手なのですが、dotchyさんの気持ちは、すこしは、わかるような気がします。 
    ブログを読ませてもらってて思い出したことがあります。
    あるテレビ番組で小坂忠さんが話しておられたのですが、今までは、売れる曲を作ろうとして、
    もがいていたそうですが、
    ある時、オリンピックの女子マラソンで脱水症状になりながらゴールした選手の姿を見て、
    考えが一変し、自分が感じたものを表現しよう、歌にしようと決めたそうです。
    なんだか、dotchyさんの思いと共通しているものがあり、思い出しました。
    dotchyさんの『心の奥底からDNAが欲する音』出せたらサイコーですね。
    オンガク。感性のままに! でいきましょう。  勝手なスローガンですみません。