郵政民営化

小泉氏が進めた「改革」の化けの皮がはがれてきた。
——以下天木 直人のblogより転載

今朝早朝に流されたTBS系時事放談は野中広務と鳩山邦夫がゲストだった。その中で両者は驚くべき率直さで次の三点を国民の前で明言した。
  1.小泉発言は「かんぽの宿」疑惑の追及が自分に向かってくる事を恐れた目くらまし発言だ。
  2.「かんぽの宿」疑惑を追及している内に、小泉・竹中構造改革は米国金融資本に日本を売り渡した事がわかった。
  3.日本のメディアは小泉・竹中売国奴構造改革に加担し、疑惑を必死に隠そうとしている。政局報道に矮小化しようとしている。
  この三点セットこそ、これまで様々な人々がネット上で指摘してきたことだ。素人が何を言っても国民はそれを信じない。しかし裏を知り尽くした元自民党政治家と、現職の政権政党閣僚の口から  このいかさまが発せられ、全国の国民に流されたのだ。
   この番組はユーチューブで繰り返し、繰り返し流され、何も気づかない多くの国民が知るようになればいい。
   国民の覚醒によって、日本は崩壊のがけっぷちから、まだ救われる可能性が残っている。

——– 以上 転載おわり
 小泉改革期待していたのになぁ。。。いろんな情報ほ総合すると天木さんが言っていることが正しいような気がします。 まぁ私に見る目が無いっていうことです。 凡人はこうして騙されて少しずつ賢くなっていくのだろうけど。。。
 この郵政民営化のまやかしについてマスコミはダンマリだったのですが ようやく出てきましたね。
こちらもご参考まで(株式日記 新聞の社説がいかにデタラメで無責任であるのかが分かった「かんぽの宿」騒動に対する迷走報道)
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする