ジム クロウチ 歌にたくして

ジム クロウチ 歌にたくして
Jim Croce 米国のフォークシンガー 1973に飛行機事故で若くして急逝
この曲を是非聴いて欲しい。

 中学生の頃、ラジカセにFMラジオから流れるこの曲を録音して何度も何度も聴いた私の原点のような曲(また原点かよ? 原点どんだけあるんよ?)
 美しい旋律。 素敵な歌詞。 やさしくて落ち着いた声。 マリオのような風貌。 途中からほんの少しだけ走り気味なところも好きだ。
 
 I’LL Have to Say I Love You In a Song.
 
 この曲が入った Time in a bottle というアルバムを発表した直後に飛行機事故に遭ってお亡くなりになりました。 「ボトルに時間を詰め込んで」ジムクロウチは逝ってしまいました。私はこの曲を聴くと14歳の頃にタイムワープ出来ます。
 このビデオクリップにジムクロウチの奥様とおぼしき人との幸せそうなツーショットが出てきます。 そして、この曲のクレジットにはSong by Jim and Ingrid Croce と出てきます。 
 
 彼女の悲しさを思って息が詰まりそうになりました。 彼女は今どうしているのかな?  彼女に会って、「遠い極東の島国に旦那さんの歌に涙した少年がいたんです」と話しをしたいなと思った夕食後のひととき。。。。。
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. dotchy より:

    >グレアムペンギン♂さん
     私もずっと忘れていたのですが記事を書いた日急に聴きたくなってyoutubeを十数回繰り返して聴いていました。 あの頃、ちょうどベトナム反戦運動絡みの音楽と合わせて自分の中では特別な時間だったように思います。