マスコミの実態

朝日コムより引用

テレビ界、下請けいじめ是正へ 番組買いたたき禁止など
テレビ業界が、番組作りを発注する制作会社への「下請けいじめ」をなくそうと、総務省と自主ルールをまとめた。契約書もかわさずに発注し、金額を一方的に下げることが珍しくない現状を改める狙いだ。制作会社の著作権も尊重する。NHKと地上波テレビ放送を手がける120社余りの全民放を対象に、3月中に実施する。
???
 関係者によると、昨年の調査では全放送局の約6割が、少なくとも一部の書面を交付していなかった。総務省の調査では、制作会社が「書面を渡されても金額の記載がない」「金額は口頭で告げられるだけ」などと回答。今後は、下請け業者保護について定めた下請法に沿った発注書・契約書のひな型を用意し、書面を交付するよう求める。契約金の早期支払いも促す。
 番組「買いたたき」は、テレビCM収入が落ち込み始めた一昨年後半から目立つという。総務省の調査では「一方的に単価引き下げを通告された」「値下げ圧力が強く、赤字で受注した」などの訴えが制作会社から寄せられた。「安い単価に変える時は番組内容やキャストも見直す」「番組種類ごとの単価表を放送局と制作会社が話し合って決める」ことを推奨する。
 制作会社が番組内容を放送局に提案し、制作に責任を持つ場合は、制作会社に著作権があると判断される。ただ、この場合も放送局が著作権を握る例が少なくない。放送局が著作権譲渡を迫ることを「不当な経済上の利益の提供要請」として禁止する。
 違反行為があると公正取引委員会が放送局に是正を勧告し、局名を公表する。総務省も、放送局に対して契約に関する調査を行う方針だ。(橋田正城)
?? 引用終わり

下請けイジメではなくて、なにか法律に触れるのではないのかなぁ。 下請法というのがあるけど業態が対象ではないのかな。。。 いずれにしても ひどい話です。
このニュースに関して2chにこんな投稿が。

学歴社会を批判して、自社は大卒のみ採用。
格差社会を批判して、自社は下請けからピンはね。
派遣労働を批判して、派遣を使い捨てる。
隠蔽体質を批判して、自社の不祥事はもみ消す。
談合社会を批判して、記者クラブで馴れ合う。
普通の人間なら、こんな奴を誰が信用するかよ。

まさに その通り。 信用できません。
しかし、この記事の引用元もマスコミだし、この現状(信用できないものを引用するしかないという)をどうにかしたいですね。 世の中の全ての企業、公的機関が記者クラブではなくてインターネットに情報を流して、それをRSSで受け取れるようにしたら一番有り難いのだが。。。。 そして、ニュースは、一日何十万件とあるRSSの中で読まれている順番にインデックスする仕組みを作れば それはそのままニュースになる。 しかも、検索機能を使って逆にいろいろと調べることも出来るし、ホリエモンだったらやってくれていただろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする