インターネット地図活用法

インターネットで地図が見れるようになってから何年経過したのかは知りませんが、最近の地図サイトの充実っぷりには目を見張るものがありますね。
私は用途によって、GoogleYahoo国土地理院 の3つを使い分けています。
Gooleが一歩リードしている機能は、
? 航空写真と地形のモードに瞬時に切り替えて見ることが出来る。
? 検索機能が秀逸。 例えば 「草津 パスタ」と入力すると 草津市周辺のイタリア料理店の場所と名前が地図上に表示される。
? 道案内が使いやすい。 特に多地点間のクルマでの移動の際のルート案内は素晴らしい。 どこで曲がるのかという情報もきちんと表示されているし、走行距離や推定所要時間まで表示してくれる。 まぁ簡易なカーナビです。
? ライブビューはやはり凄い発想だと思う。個人的には日本全国津々浦々までカバーして欲しい。 プライバシーの問題で削除されている場所もたくさんありますが、基本的に家の中が映っていない限りはセーフなんじゃないかな。。 いつになるかはわかりませんが最終的にはリアルタイム画像が見れるところまでいくのではないかと思っています(どうやるのかは??です。 電信柱全てにカメラを設置するとか。。どんな監視社会だよ と言われそうですね(^J^))。
yahooが一歩リードしている機能は、
最近のyahoo地図の進化は目覚しいものがありますね。
? 徒歩の為の道案内があること。 これは重宝します。 駅から目的地までの細かいルートがわかります(googleには無い機能) 直線距離ではなく徒歩何メートルなのか、どのくらい時間がかかるのかもきちんと表示してくれます。
国土地理院が一歩リードしている機能は、
基本的に1/25,000地図が日本全国すぐに見れること。国土地理院の地図というだけで何故か自分の中ではアドバンテージ有りです。
? 等高線が明確なこと。 ちゃんと海抜何mという表示があります。 別に海抜なんて知らなくても普通は困らないのですが、知らない土地の評価を行う時には結構重要だったりします。
また、国土地理院のマップは いかにも「地図?」 という感じが良いですね。 小学生の頃、ハイキングの前日に折り畳みの1/25,000地図を拡げてワクテカしていたのを憶えています。 なにか旅情をかきたてられる感じがしますよね。
そして国土地理院の極めつけは簡単地図作成サイトです。 国土地理院の1/25,000地図を使って自分のサイトに貼り付ける地図を作成できます。 なんせ著作権問題がクリアになっているので嬉しいですし、地図上に自由に「簡単に」書き込みが出来るというのがスゴイ!!! 地味なお役所でサイトも地味ですがヤルことはスゴイですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする