OSとブラウザの勢力図

インターネットにおけるOSとブラウザの勢力図

私のサイトにはアクセス解析が出来るようしているのですが、ピアノスタイルのリニューアルに伴って、いろいろと分析してみました。 その中で興味をひいたのが、OSとブラウザです。 サイトにアクセスした方々が使っていらっしゃるOSとブラウザの統計なのですが。3ケ月前の一ヶ月間と直近の一ヶ月間を比較してみると。以下の表のようになります。

私が運営する二つのドメイン(こちょうのゆめ と Pianostyle )を対象にしています。ちなみに「こちょうのゆめ」は高校サッカーのサイトで、「PianoStyle」は音楽関係のサイトです。 

この表でわかること。
1. Firefoxの追い上げ、Windowsの低落傾向あるも、比率的にはまだまだ一人勝ち状態。
2. Google Chromeが元々低いシェアを更に落としている(最初だけであとはジリ貧?)
3. PianoStyle読者(音楽好き)はLinux比率とFirefox比率が高い(Ubuntuの影響か?)
4. Netscapeは壊滅状態

確かにfirefoxは軽くて使い易いですね。でもWindows7 64bit用のPlug-inがまだ揃っていないので自宅ではほとんど使っていません。
Google Chromeは何か良さげな感じがするものの、全てをGoogleに吸い取られてしまうのではないかという不安が付きまといます。 もうちろんその警戒感はWindowsに対してもあるんですけどね。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする