自然栽培について

 自然栽培。 ここ数年、ずっと気になっていて主にインターネットで情報を集めていたのですが、そろそろ実際に手をつけてみる時期にきたのかも知れないと思うようになってきました。 
 自然栽培というのは、無農薬無肥料栽培と言い換えることが出来ます。 無農薬無肥料とかいうと、「どんだけーーー」みたいな反応が返ってきてしまうのが普通ですが、その根底にある考え方に共感してしまうんです。 ここ数年、腰痛や身体の不調をどうやって治すかについて色々と試行錯誤して得られた「とりあえずの答え」である「自然治癒力」に近いものがあります。
 で、どんな考え方かというと、

・雑草や虫を敵としない
・化学肥料、農薬等人工的にものは使わない
・自然の姿ありのまま

ということかな。
 この考え方の根本にあるのは、「自然としてそこにあるもの」が一番バランスがとれていて不足や余分なものが何一つ無いということ。
 雑草には雑草の、虫には虫の役割があって「そこ」に存在するみたいな。。。
 なんか、書いていて「どこかの新興宗教orある種のプロ市民かな」とも思ったりもしますが、宗教ではなくあくまで現実的な考え方だと思っています。
 具体的には、無肥料というのがポイントです。 野菜作りというと太古の昔から人糞などの有機肥料を使って育ててましたから まさか肥料が「悪」だなんて思いもよらないわけです。 化学肥料がXだから ということで 有機肥料のみを使って栽培することを有機農業と言うそうですが、有機農業では化学肥料の場合でも大変な病害虫がさらに大発生してとても大変なんだそうです。
 自然栽培の考え方では、肥毒 といって、肥料は毒という位置づけで、肥料を施すと、そのときはよく育ちますが、野菜が余計なもの(窒素)を採りすぎてしまい、その毒を取り除くために虫が湧くという理屈のようです。 だから肥料を施さないと 虫が寄ってこなくなるので無農薬でも大丈夫ということ。
 それでは、肥料なしで本当にきちんと野菜が栽培できるのか? 
 この先は、インターネット上でこれでもかというくらい自然栽培のサイトがありますのでそれを参考にしてください。 本当はもっと論理的に説明したいのですが、まだ断片的・且つ「字だけの情報」しか持っていないので、これ以上の説明は本当に自然栽培を実践していらっしゃる方々のサイトや本を参考にした方が良いでしょう。
 
 
  無農薬無肥料 とか 自然栽培 で検索するとワンサカ出てきます。
 因みに ↓ ここらへんがわかりやすいかな。
 無肥料栽培
 自然のたまもの
 実生ガーデニング家庭菜園
 枯れる野菜と腐る野菜の見分け方
私は先週、リンゴの自然栽培に成功した木村秋則氏の「自然栽培ひとすじに」という本を読んでさらに自然栽培に対する確信みたいなものが得られました。(でも農薬とかの危険性をこれでもかと強調されている木村氏ご自身が愛煙家というのが笑えます。微笑ましいというか、こういう偉大な方はどこか抜けているという見本のような。。こういう方、基本的に好きです!)
今、「自然農・栽培の手引き」という所謂ハウツー本を読んでいます。 実際にやろうとすると大変そうだし、時間がかかりそうですが、結構面白そうです。 仮説を立てて実物を測定・検証して、その結果でまた別の仮説を立てて。。。 というサイクルがピタッとはまるのが知的好奇心をくすぐります。
家族からは 「また変なことを企てている」と警戒されていますが、さきほどのリンゴの木村氏の話が今度韓国でドラマ化されるという予告編を妻がTVで見て、偶然そのとき私が木村氏の本を読んでいて話が盛り上がったので、今回はスムーズにコトが運べるのではないかと期待しています。
さきほど、自然栽培農家の通信販売で 自然栽培野菜のお試しセットを注文しました。 送料込みで2000円でバカが5つぐらいつくほど高価ですが、一度どんなものか試してみたいですからね。 実際に腐らないのかも実験したいですし。
さて、実際に 自然栽培で野菜作りをはじめることができるのでしょうか???!!!????? 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする