ハイチ大地震の被災者に千羽鶴を ミクシィで広がる支援の輪

産経ニュースより。

以下抜粋
 「家族を失った人たちに1人じゃないことを伝えたい」?。
 ハイチ大地震で被害を受けた人たちに、千羽鶴を贈って元気になってもらおうという動きが、インターネットの会員制コミュニケーションサイト「mixi」(ミクシィ)で広がっている。呼びかけ人の会員の元にはすでに全国から鶴が多数寄せられており、今後、NGOなどを通じて被災地に送られることが検討されている。
 清瀬市のアクセサリー作家、中村ゆりさん(34)は今月中旬、長男の風汰くん(4)と一緒に、ハイチの地震被害者たちに心を込めて千羽鶴を折った。羽の部分には、復興と回復への思いを込め、ローマ字で自分たちの名前を書いた。
 
 中略
 
 「食糧不足の中で、千羽鶴を集めても、しようがないとの批判もあった。でも被害者の中には、家族を失って悲しんでいる人が多くいる。そんな人たちに国は離れているけれど、鶴を贈ることで、1人じゃないよという気持ちを伝えたかった」と、みぃやさん。

→ こういう状態を お花畑 というのかな。 まぁ私はmixiという空間がイマイチ好きではないので過剰反応してしまうのかも知れませんが、全てのコミュニケーションの基本である「相手の立場にたって、相手の立場を想像して、物事を考え、行動する」という観点から考えると自己満足、自分勝手、お花畑 という言葉が頭に思い浮かびます。 ご本人の、相手の立場を想像した上での行動 というコメントがありますが、結局どう判断するかという部分で少なくとも私とは違う思考回路になっているのでしょう(どちらが正しいかということを議論しても平行線だと思いますが)
 「自分たちの名前を書く」というのも結構イタイです。折鶴を折っている「私」というのが強烈です。 そして、こういうことをイタイと感じる私も、実は そのような「思考」で普段行動したりしています。 だからこそイタイと感じるのでしょう。
 そしてこの記事の最大のポイントが これを記事(しかも美談風)にしてしまうマスコミの感覚ですね。別にこういうことを勝手にやる分には文句言う筋合いはありませんが、美談風な記事を読むとどうしても突っかかりたくなってしまいます。
今日はマイナスオーラの記事ですみません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする