これからのミュージシャンの生業について

レコード会社やマスメディアの凋落がいろいろな面で明らかになってきていますが、これからのミュージシャンがどのように生計を立てていくかについて図にまとめました。
既に こんな感じで活動されているミュージシャンも出てきています。 今後5年間で このような形が主流になっていくのではないかと思っています。
何故「第4世代ミュージシャン」なのかは別途記事を立てて解説いたします。
↓クリックしたら拡大されます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. PianoStyle Blog より:
    第4世代ミュージシャンの生業について
    第4世代ミュージシャンの生業について
    パトロンと音楽家(ミュージシャン)との関係からの考察。
    昔から、音楽家はパトロンに養われてきました。 
    現代の音楽の基本構造である平均律をバッハがとりまとめた18世紀以降、パトロンとミュージシャンとの関係は大きく?..