第4世代 ミュージシャンの生業 について

第4世代 ミュージシャンの生業 について

パトロンと音楽家(ミュージシャン)との関係からの考察。

昔から、音楽家はパトロンに養われてきました。
現代の音楽の基本構造である平均律をバッハがとりまとめた18世紀以降、パトロンとミュージシャンとの関係は大きく3段階に分かれて変化してきています。

そして、21世紀に入ってから、その構造が次の段階に移行しはじめ、2010年の現在、第4世代ミュージシャンの姿がはっきりと見えてきました。
まずは、世代毎のミュージシャンの生業についてみていきます。
パトロンと音楽家(ミュージシャン)との相関関係の構造だけに焦点を絞って見たとき、

18世紀から19世紀半ばまで(第1世代ミュージシャン)
・パトロンは宮廷や貴族であり極少数。
・パトロンは宮廷音楽隊や姉弟の音楽の先生として音楽家を抱え込んでいました。
いわば、パトロンと音楽家は個人的なつながりで、宮廷や貴族など特権階級だけが音楽を享受していたと言えます。
19世紀半ばから20世紀初頭まで (第2世代ミュージシャン)

・演奏会というイベントを通じて広い範囲から小額ずつお金を貰うシステムが完成しました。

・音楽学校が出現し、音楽家は教師となり、一般人も教育が受けられるようになりました。

この時代はパトロンの細分化が進みました。 それと同時に、音楽の世俗化が進み、パトロンが音楽家に直接与える影響は小さくなっていきました。
特権階級でなくても音楽が楽しめるというパラダイム転換が起きたのです。

20世紀 (第3世代ミュージシャン)

・演奏会という枠組みは不変でしたが、レコードという「録音媒体」による擬似的な音楽の楽しみ方が出現しました。トーマスエジソン様様です。 これによって、演奏会に行かずに音楽が楽しめる=貧乏人でも音楽が楽しめる

という2度目のパラダイム転換が起きました。聴衆(パトロン)は更に細分化され、音楽家からは誰がレコードを買ったのかなどはわかるはずもなく、以降、音楽家とパトロンとの関係は極限まで希薄化していきました。

ここで大きな役割を担ったのがレコード会社です。 つい数年前までは、音楽の録音には設備投資や技術者の確保に莫大な資金が必要でした。その結果、音楽家はレコード会社なしでは、レコードやCDを出すことが出来ませんでした。また、ラジオ、TVなどマスメディアを通じた広告宣伝活動による販売方式も定着し、ますますレコード会社の影響力が強くなりました。最終的なパトロン=お金を払う人 は一般大衆であることにかわりはありませんが、音楽家とパトロン(大衆)の間にレコード会社が入り込んで両者をコントロールするようになったのです。 このシステムが確立されて以降は真のパトロンであるリスナーとミュージシャンとの関係は抽象的なものとなってしまいました。

レコード、CD、ラジオ、TVなど、技術の進歩と共に高品質の音を最終リスナーに届けることで レコード会社はその存在意義を保ちつつその影響力を年と共に増大させていきました。 最初のうちは、レコード会社は音楽家と最終リスナーの架け橋にすぎませんでしたが、20世紀末には、レコード会社そのものが「音楽」を牛耳る存在となっていきました。

強引な広告戦略でブームを作り、レコード会社が音楽家をチョイスするようになり、選外となった音楽家はプロにはなれないという状況が当たり前の世の中になっていきました。 私は1959年生まれですが、つい最近までこの状態が本当に当たり前のことと思っていました。 まるで、太陽が東から昇ることと同じくらい普遍的なことと思っていたのです。

このように、20世紀後半は、音楽の主役は音楽家でも聴衆でもなくレコード会社(音楽事務所)でした。 レコード会社(音楽事務所)は実際の音楽とは関係のない第三者に過ぎませんが、その第三者が「力」を持ち音楽業界の主役となってしまいました。 レコード会社(音楽事務所)は営利企業であり、営利企業に主役の座を奪われた結果、「音楽家の魂のほとばしりをリスナーが享受する」という本来の音楽の目的が、「売れそうな音楽を生産して儲ける」という目的に変貌してしまったのだと思います。

また、同時期に、著作権に対する過大な主張が、音楽家と本来パトロンであるべき一般聴衆の関係を更に希薄化させていきました。 JASRACの強烈な著作権料の取立てにより、街角から音楽が消えていきました。 昭和の頃の歌番組で「歌は世につれ、世は歌につれ」という有名なキャッチフレーズがありましたが、音楽が街角から消えてしまった現代社会においては、歌は単なる個人の嗜好品でしかなくなり、地殻変動を伴うような大ヒットが出なくなりました。(著作権の問題はこの問題(音楽が売れない)の一部でしかありませんが この問題については別に書いていきたい)

その結果、20世紀末を頂点として、CDの売り上げは毎年2ケタずつ落ちていき、2009年度には枚数ベースで2007年度比で4割近くダウンしています。 CDに代わってダウンロード販売が伸びていますが、それを含めても金額ベースの市場規模は3割ダウンしています。

10年間余りで30%も市場規模が縮小し、その下落スピードは衰えるどころか更に増してきています。こんな業種は最早構造不況業種とみなされます。一見すると、人々は音楽を必要としなくなったと考えてもおかしくありません。

しかし、人々は本当に音楽を必要としなくなったのでしょうか。

昨年、加藤和彦氏が自殺し、遺書に「人々が音楽を必要としなくなった」と書いて物議を醸したのは記憶に新しい。 市場が縮小する=音楽の需要がない=人々が音楽を必要としない という方程式は一見合理的に見えます。  でもこれは絶対におかしいと直感的に感じます。 人間の本質そのものは何も変わっていないからです。

本来、音楽は、平均律が生まれる前から、民謡や子守唄などのカタチで人間と共にあったに違いありません。 歌い手とそれを聞く人、そして歌い手同士が息を合わせてメロディを奏で、その結果、人と人とがつながり、やすらぎや高揚感が生まれる。 そんな感じで人間は音楽と共に生きてきたんだと思います。 そして、時代と共に、音楽は洗練され、技術も高度化して、職業として音楽家というカテゴリーが出現し、より大きな感動を人々に与えるようになっていったのではないかと思います。

先にも述べたように、レコード会社・音楽事務所を核としてパトロンである一般聴衆とミュージシャンを結ぶ第3世代は完全に行き詰まっています。 それでは、今現在、音楽シーンは第4世代に移行しつつあるのでしょうか。 そして、どのようなパラダイム転換が起きているのでしょうか。

ここでは、あくまで ミュージシャンとパトロンの関係という切り口での考察ですので、その点について、過去の経緯をおさらいしておきましょう。

世代      パトロン       パトロンとミュジシャンとの関係  ミュージシャンの資金源
第1世代   宮廷・貴族  少数     緊密   1:1        直接雇用
第2世代   お金持ちの大衆       やや希薄 1:多        演奏会、家庭教師、学校の先生
第3世代   一般大衆          希薄   1:∞        音楽媒体、その他メディア露出、演奏会

これでわかるように、時代と共に ミュージシャンとパトロンとの関係は希薄化が進み 今や ミュージシャンはリスナーにとって雲の上の存在か或いはあまり音楽に興味の無い人にとっては霧のような存在でしかありません。 誰もミュージシャンの実像を知りませんし、知りたいという欲求すら無くなってきているのではないでしょうか。

では、第4世代では、これがどのように変わるのでしょうか。 それは、パトロンとミュージシャンの関係が「1:∞」のまま「緊密化」することだと思います。

世代      パトロン     パトロンとミュジシャンとの関係  ミュージシャンの資金源
第1世代   宮廷・貴族  少数    緊密   1:1       直接雇用
第2世代   お金持ちの大衆      やや希薄 1:多       演奏会、家庭教師、学校の先生
第3世代   一般大衆         希薄   1:∞       音楽媒体、その他メディア露出、演奏会
第4世代   一般大衆         緊密   1:∞       演奏会、リスナーとのコミュニケーション、音楽媒体

「緊密化」と「1:∞」は 一見相反する事象に見えます。 確かに今までのやり方では これを両立するのは困難なことは目に見えています。 ただ、第3世代の音楽シーンが、リスナーとミュージシャンの関係が極限まで希薄化し、リスナーの魂の鼓動に応えられない音楽ばかりとなってしまって衰退途中であることと、本来、人間は音楽を必要としていることから考えると、リスナーとミュージシャンの関係が緊密化していく動きが出てくるのは当然のことだと言えるでしょう。 実際に、ライブを中心に地道な活動を続けて一定のリスナーを獲得しているミュージシャンも多いと聞きます。 ただ、ライブを中心だけでは、リスナーの数を増やすのは大変なことであり、とても1:∞とはならないでしょう。

それでは、どうやって 「緊密化と1:∞ を両立させる」のか?  その解決ツールはズバリ「インターネット」です。 なぁーーんだと思われる方も多いと思いますが、従来からのインターネットの使い方である「作品の公開」やblog等での「情報発信」ではなく、よりインタラクティブ(Interactive=双方向)な活動のツールとしてインターネットを活用することにより、「緊密化」と「1:∞」が両立できるのではないかと考えています。 その方法論については後述しますが、この環境が実現するとミュージシャンの活動形態が根本から変わってくると思います。  何が変わるのかというと、音楽活動に レコード会社や大手音楽事務所が不必要になるのということが一番大きい変化だと思います。

言い換えれば、第4世代ミュージシャンとは、

インターネットを媒体として広範囲なリスナーと緊密な関係を構築するミュージシャン ということになります。

そして、世代交替に伴う地殻変動とは、レコード会社・大手音楽事務所の消滅(或いは役割の大幅な縮小)。

さて、第4世代ミュージシャンの活動は どうなっていくのでしょうか。 現時点で考えられる関係図を以下に示します。

基本は ライブ活動 と ポータルの運営 の2軸で活動していくことになりますが、問題はポータルの運営です。

ポータルと言っても、今までのポータルサイトとは違って、リスナーに対する側面とミュ-ジシャンの活動そのものをサポートする側面を併せ持つものです。

ポータルサイトのミュージシャン活動サポート機能としては、お金の計算や決済、種々スケジューリング、著作権やダウンロードを含む楽曲の管理、イベントの管理、などそのミュージシャンに係ル全ての事象を一元管理できるものが望ましい。 わかりやすく表現すると、ミュージシャンに関する色々な仕事をこのソフトが全てやってあげますよ! というもの。 要は音楽事務所の仕事を一手に引き受けるソフトウェアということになります。ミュージシャンは音楽に専念して、その奥様とか恋人とかがマネージャさんとしてポータルの運営にあたるというのが私のイメージです。
それらが、ポータルサイトの裏側だとすると表面は、ミュージシャンとリスナーを緊密に結びつけるツールでなくてはなりません。 この点については、アイデアがまだぼんやりとしていますが、キーワードは「緊密な関係」だと考えています。

例えば、ネットでライブをするのもustream等の媒体が出てきましたが、きちんとした映像と音を提供すると同時にネットの向こう側のリスナーとアーチストが擬似的に同じ場所にいて直接コミュニケーションがとれるようなそういうシステムがあれば、ネット越しでも緊密なライブが出来るのではないかなと。。。 そういう仕掛けもコミで、ポータルを作れないかなという思いがあります。

次回以降は、ミュージシャンとリスナーが緊密な関係を維持するための方法論について書いていきたいと思います。
2010/10/27 次回以降がいまだに書けてませんが。。。。
ついうっかり感想文さんとカリントボンボンさんDr.keiの研究室2?Contemplation of the BLUE-さんにトラックバックさせていただいています。

[2018/1/7追記]

2010年にこの記事を書いてから7年半経過しましたが、結局自分では何も作り出せず世の中の趨勢を傍観し続けています。 方向性は正しかったようで、One Ok Rockのようなネットを最大限駆使して出てきた大スターも生まれ、音楽配信のサービスも先駆者のustreamが駆逐されるほどの盛り上がりを見せています。ただ、ミュージシャンと聴衆の関係はやはり「希薄」なままですね。現在の動画配信サービスは双方向コミュニケーションの機能も備えていますがまだまだ何かが足りないようです。また、大手音楽事務所もやはり健在でOne OK Rockのライブとポータルの管理はミューズが行なっています。 規模が大きくなればなるほど広報や現場マネージメントが複雑化するので当然といえば当然ですが、この分野でAIなどの技術を投入した画期的包括サービスが10年後には開始されているのではないでしょうか。

[2018/1/7追記終わり]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする