Contingency Plan

投稿者: | 2010-11-12

どうも暴力極左集団に政権を与えてしまったばっかりに、国家存続に関する由々しき事態となっているような気がします。 最悪、森林がどうのこうのと言ってる間に終わってしまうリスクもまったく無いとは言えなくなってきた。
旧同盟系の労組はこの期に及んでまだ民主党を支持するのかな。 かなり馬鹿ですね。 自分達の言っていることと正反対に進んでいるのに。もともと身近な問題の処理が生業の労組にそんなこと考える力は無いのでしょうけど。
世界ではよく起きているけど戦後の日本では考えられなかったことがこれから頻繁に起きるかもしれない。
そうなった時に極力冷静でいられるように心の準備をしておこう。
あとは緊急事態発生時のマニュアルですね。Private Contingency Plan。
もちろん発動して欲しくないですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA