超初心者JazzPiano

今JazzPianoを習っています。
そこで使っているテキストは超初心者向けのテキストです。 音符の並びで言えば赤いバイエルクラスで、本当に音の数が少ない。右手も左手も単音か多くて二つの音符を同時に押さえるのみ。 なにしろ超簡単。でも先生曰く、「超簡単でも、Jazz理論を知り尽くした人が書いた譜面なのでまったくムダが無い素晴らしい楽譜」 なんだそうです。
ところが、超簡単なはずの楽譜を見て実際に弾くと幼稚園児が弾いているような感じで、「曲になっていない」んです。で、先生が弾くとちゃんとしたJazzの曲になる。 
要はリズムなんですが、今の先生に習い始めてからずっと「曲になっていない」弾き方でしか弾けなかった。
音数が少ないので自分の中にきちんとしたリズムのノリが無いと棒のような抑揚の無い曲になったり、どこかギクシャクと落ち着かない曲になってしまいます。 それに、右手全音符と左手二分音符x2のフレーズなんて待ちきれませんわ。 
本当に長い間、誤魔化して弾いてきたのですが、
最近、ようやく身体が反応しはじめて、自分でも「おっこれってJazzやん!」みたいな感じで弾けるようになったんです。
そして、
今日、Stella by Starlight を楽譜通りに弾いて、先生から「やっと弾けるようになりましたね(にこっ)」と言われました。
長かったわぁ。。。。
きっちりとビートを刻むドラムをバックに、細かくて速いフレーズを弾いていれば、なんとなく誤魔化して巧く弾けているような気がしますが、実際はグタグタなんですよね。まぁわかる人にはわかる。 今まで散々誤魔化してきたということ。
もうひとつはVocal。
これも訳もわからずに歌っていましたが、これも最終的にはリズムなんですが、歌の場合、言葉をメロディに合わせてつないでいって、そこにリズム・ノリを入れて、呼吸をそれに合わせていく。結構ややこしい作業です。 これも、いくら口で言われても、先生のお手本を聴いても、見ても、さっぱりわからなかったのが、今日は、歌っていて、先生の言っていることが身体で理解できました。 これは嬉しかった。でもまだ声をコントロール出来ていないので理解したことをうまく表現できていません。 
ピアノも歌も、多分、リズム・ノリのポイントがようやく身体で理解できたことで前に進んだんじゃないかと思います。
自分ひとりだけでノリを出せるようになったんかな?
やっと音楽プレーヤとしての出発点に立てたような気がします。
しかし、なんで急に目覚めたように感覚が理解できるようになったんだろう?
考えられることは、
・腰痛がほぼ完治
・レッスンを続けていたこと
・ベースギターをやり始めたこと
きっといろんな要素が絡まっているのだと思います。
本当にこれが出発点だと思います。
この感覚を忘れないように練習練習!!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする