じゃがいもの植え付け (失敗編)

2011.4.22追記
深植えしたジャガイモから本日ようやく発芽しました。 6ケ中1ケは3月13日に浅く植えなおして発芽済みで、残りの5ケ中3ケからの発芽が確認できました。

なんと発芽までに47日を要したことになります。 自分の位置さえわからない状態で希望を持って?上へ上へと辛抱強く芽を伸ばしてきたことに静かな感動すらおぼえます。

2011.5.6追記
結局深植えした分も含めて10ケ全てが発芽しました(^^♪ だから「失敗」ではなかったのかも。。。

————————————

2011.3.9追記

→ これからジャガイモの植え付けを行おうと思っている方々へ

ここに記載の方法(深さ30cmのところに植える)は水はけが良い場所でないと発芽しなかったり発芽しても病気になる確率が高い等あまり良い方法ではないようですorz

 今週末に一度掘り返して、15cmぐらいのところに植え替える予定です 

 リカバリー編(3月13日)はこちらです。

 ———以下 元記事

本日、Farm Staionで初めての植え付けを行いました!  バンザーイ!! そんな大げさな! と思われるかも知れませんが、一応、初回ということで私にとっては一大事。。。。。

ということで、

今日はじゃが芋の植え付けです。 2月5日に248円で買った 男爵 の種芋です。 10ケ入っていたのですが、芽が元気そうなものを6ケ チョイスしてFarmに持っていきました。 それが正しい選択だったかどうかの科学的根拠はまったくありませんが。。。

種芋は、買ってからは、ダンボール箱に新聞紙を敷いてお互いがぶつからないように配置して、その上から新聞紙をかぶせて、ダンボール箱はガムテープで軽くとめてベランダに日があたらないようにおいておきました。

選抜された6ケの種芋たちです。

11:30頃Farmに到着。

まだ肌寒く、恐らく朝の最低気温は2℃ぐらいで昼間は11℃ぐらい。 曇っています。
この一週間は雨(雪)模様の日が多くて土は表面も枯れ草を被せている部分は少し湿っていました。

同じ農園のほかの方々はまだ植え付けや種まきはされていない様子です。

天気予報では、今後一週間は最低気温が1℃と寒い日が続きますが、30センチ以上深く掘って植えるので大丈夫だろう。。。ということで本日決行です。

まず、どういう配置にするかですが、上の写真の左側の畝の奥半分に植えることにしました。

紫色がじゃがいもです。 オレンジはコンパニオプランツとしてマリーゴールドを後から苗を買ってきて植えるつもりです。

植え付けは①から順番に、スコップで穴を掘る→種芋を底に置く→土を被せる の繰り返しです。

たい肥などの肥料は一切加えません。 土の力で育てるのですが、まぁ小さくても、収穫ゼロでもしょうがないですね。 何故そうなったかを考えてその時は出直します。 まさに地力での勝負っーところですか。

穴の深さはメジャーで計って33cmにしました。 芋同士の距離は40cm離しました。 

土の状態は、団粒化がだいぶ進んでいるような気がしたのですが、実際はどうなんでしょうか。。でも、地下30cmぐらいまでで、そこから下はまだ固かったです。 

それから、気になることがひとつ。 ⑤の芋を植える場所に穴を掘っていたら、30cmぐらいの部分で下につながる地下通路を発見! 通路の直径は2cmぐらいですがちゃんとぽっかりと穴があいていました。 えぇぇぇぇ!とか思ってスコップで掘り返したら埋まってしまってそれ以上確認できませんでした。 モグラの穴だったら嫌だなぁ。。。

あと、作業中にでっかいミミズを一匹ぶった切ってしまいました。 ごめん。。 腐敗物を食べるミミズがいるということは、サラダ農法の方によれば、まだまだ土が出来ていない証拠らしいので、ミミズさんに早いとこ腐敗物を処理していただかなくてはならないのに貴重な個体を一匹なくしてしまいました。 合掌。

下の写真は①~⑥に植えたじゃがいも1号か6号までの勇姿ですw  他の人から見たらどれも同じ写真なんでしょうけど。。。 頑張って立派なお芋君を育てておくれ!

11:40から作業を開始して、12:25に植え付けが終わり、その後、芋を植えた畝の端の部分の土の補充作業を行って、全ての作業が完了したのが12:40でした。 下の写真は全ての作業が終わった後の畝の状態です。 右側の畝の手前半分に植えました。 手前の端の部分が黒くなっていますが、そこが土を補充したところです。

芋を切らずに植えたのですが、どうなんでしょうかね。 発芽まで1ケ月ぐらいかかるのでしょうか。

しかし、左隣の方の畝に青々と雑草が生えているのは羨ましい限り。 まぁ暖かくなれば、もうやめてくれと言うほどたくさん生えてきてくれるでしょうけど。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする