柔軟性獲得大作戦その壱

股関節を柔らかくして股関節の可動域を拡げ、且つ、骨盤をいつでもきちんと立てられるようにすることを目標に、コナミ草津のトレーナの布川先生のプライベートコンディショニングを受けています。
布川先生のコンディショニングは、やってもらってる施術の意味や期待効果、何故効くのかの理屈まで丁寧に理論的に教えてくれるので非常にわかりやすくて良いです。 まだ若い方ですが、こと筋肉に関しては信頼するに足る経験と知識をお持ちです。 滋賀県の草津でずっとくすぶっているような方ではないと思うので、草津にいるうちに沢山のことを教えて貰おうと思っています。 施術もそこらへんの整体よりもずっと気持ちよいし、よく脱力できます。
本日の成果は、股関節を弛める体操と骨盤を動かす体操を教えて頂いたこと。
(1)股関節を弛める体操
  ①骨盤と膝、足首が一直線になるようにして仰向けに寝る。
  ②片方の膝を立てて、もう片方はそのまま伸ばした状態。。
  ③伸ばした方の足首を内側に回す(力を入れないで)。
  ④そのまま膝を立てていき、反対側の膝の下ぐらいまできたら、一気に脱力して外側にバタン~という感じで倒す。
  ⑤倒した足を伸ばす。
  ⑥②へ
  
  これを何回か繰り返し、右と左を逆にしてもう一回り。
  
(2)骨盤を動かす体操
  ①仰向けに寝る。
  ②両膝を立てる。
  ③息を吐きながら、骨盤で床を強く押す。 これを繰り返す。
  
  ③は手を骨盤の下に入れて力のかかり具合を感じながらやるとコツがわかる。
  
毎日のメニューとしては、
 (1)ストレッチポールのベーシック7
 (2)股関節を弛める体操
 (3)骨盤を動かす体操
 
これをきちんとやることが目標達成の早道! 私のような50過ぎの硬い身体でも必ず柔らかくなります! と言ってくれたので頑張ってやろうという気力が湧いてきました。 
相変わらず単純やな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする