ピアノの師匠

私の師匠。藤井一成先生。

姿勢、関節の使い方、弾き方、リズム、構成、和声、スケール、アドリブ、発声法、譜面の書き方、曲の解釈の仕方、英語の発音、呼吸。。。 音楽に関すること全てに亘って、何も出来ていないくせに練習をさぼり一向に身につかない私を見捨てずに教えて頂いています。 最近、バンド活動から一時身を引いて、時間と心の余裕が出てきてからはコンスタントに練習が出来るようになり、自分でもイイ感じで上達しているのがわかって楽しさ倍増!

音楽の本質をわかっていらっしゃる(と私は思っている)ので毎回レッスンで目から鱗の体験をしています。 多分こんな先生日本には他を探してもいないと思います。

この写真は、レッスン終了後に無理をお願いして撮影させて頂きました。 急に「blogに載せたいので写真とらせてください!」とお願いしたら少しとまどいながらも素敵なJazzフレーズを弾き始めてくれました。

撮影会?終了後、「こんなことがあるから服はいつもちゃんとしたのを着ていないといけないなぁ」とおっしゃっておりました。

Photo:PENTAX K-5 18-135 WR ISO6400

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする