一応スタジオ完成

Pocket

以前の記事 でほぼ完成に近い状態のものをご紹介していますが、10月に入って少しだけ設備を増強(とはいっても倉庫に放り込んでいた機材を引っ張り出してきただけですが)して、一応スタジオが完成しました。

今回増強したのは、8ChアナログミキサーとアナログエフェクターとWebカメラです。

ミキサーとEffectorは上の写真に写っています。

手前のマイクとシンセは一旦ミキサーに入って、エフェクターをかけながら、オーディエオインターフェイスに入っていくという流れです。

ミキサーは、BEHRINGERのMX802A。

アナログエフェクターはALESISのQUADRAVERB+という往年の名機です。

Effectorはミキサー内でインサートしています。

ちなみにオーディオインターフェイスは TASCAM US-144MkIIです。

マイクはAUDIXのOM3。

PCにCubase5が入っているのに何故ワザワザアナログウフェクターがあるかというと、Cubase5を使わないで練習する時にリヴァーブが欲しいからという単純な理由です。

QUADRAVERB+は20年前の機材ですがいてもいい味を出すリバーブだと思います。

Webカメラに音声はこのシステムを使って録画すると、びっくりするくらいきれいな音で演奏が録画できます。

 

“一応スタジオ完成” への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA