剪定(整枝)と茄子の初収穫

剪定(整枝)と茄子の初収穫

昨年までは、剪定もせずに完全放置・無施肥・無農薬・雑草は刈り取る の自然農法でしたが、今年からは、剪定OK、米ぬか少々OK,無農薬・雑草は一部根っこから除去 というかなり無農薬有機農法に近い半自然農法でやっていくことにしました。その理由は、やはり収穫量ですね、おいしい野菜を生でバリバリと食べたいということだけです。

それと、「不耕起」には継続してこだわっていきたいと思っています。

さて、剪定ですが、

本日、茄子とミニトマトとキュウリの剪定を行いました。 梅雨の最中での剪定は病気を誘発する恐れがあるためもっと早めにやっておくべきだったと反省。。。。それでも本日は快晴ということで決行です。

剪定前のきゅうり
きゅうり

剪定前のミニトマト

ミニトマト

剪定前

剪定前の茄子
茄子

茄子とミニトマトは、一番果のすぐ下のみ残して、その下全ての脇芽を切りました。

キュウリは、5節までの脇芽をすべて切りました。

剪定(整枝)をすることによって、下の方がスカスカになってこれから梅雨でジメジメしてくることを考えると風通しとかも良くなるので確かに野菜の育成にとっては良いことかもという気がしました。

そして、茄子の一番果ですが、

茄子の一番果は親指大ぐらいの大きさで収穫するらしい。

一つは、親指どころかかなり大きくなってしまいましたが、3つともに収穫!!!

ついでに、花を咲かせているパセリも下の方にはまだまだ葉っぱが茂っていたので、すこしつまんできました。 花が咲いたあとのパセリはどんな味がするのでしょうか、恐らくかなりエグイ味というのが想像できますが、、、、

[巨大化したパセリ]
パセリ

初収穫!!
DSC00574

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする