明石散策

投稿者: | 2015-09-22
Pocket

明石駅前は、現在再開発の工事中ですが、明石市民会館までの道のりには昭和な香りのする場所がたくさんありました。

 

UONOTANAという商店街は魚屋さんオンパレード状態。 専用Websiteも持っていて、観光客相手が主体かなと思っていましたが、地元の友人曰く「地元民も利用する」とのことでした。

玉子焼きで有名でいつも長蛇の列になっている「本家きむらや」の通り沿いには、昭和の香りのするお店が並ぶ一角があります。 それにしても、本家きむらやに並んでいる人たちの なんとも幸せそうな風情が素晴らしいです。 明石の玉子焼きを食べると幸せになるのか、幸せな人が食べたくなるのか、、、たぶん後者だろうと思います。 絶望のどん底の人が食べても何も変わらないと思われ。いや、もしかしたら、幸せな人たちに囲まれて気分的に楽になれるかもしれません。。。。

そして、きむらやの看板には「味の王将」という文字が。。。 餃子の王将、大阪王将、そして、味の王将ときましたか、△◎の王将 というキャッチコピーは日本全国いったいどれくらいあるのだろうか。。。。 JPOPのバンド名とかにも使えそうです。 サビの王将、オブリ王将、、、、

あ、そうだ、昭和の香りのする一角、本当に昔懐かしい佇まいです。こういう小さな屋台の親分みたいなお店が妙に郷愁を誘います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA