Cao Cafe

京都市中京区三条烏丸から西へ400mほど進んだ場所(三条通り沿い)にあるカフェ。場所を細かく言うと三条新町西入る です。

京都で場所を表現するのによく使うやり方で、東西の道と南北の道を並べてその交差点からどっちへ行くかという表現方法です。三条新町というのは、東西が三条通りで南北が新町通り、西入る(にしいる)とはその交差点を西にすすんだところという意味です。ややこしいのは、なんぼくと東西のどちらを先に言うのかが結構区々なことです。四条大宮は東西南北、烏丸御池は南北東西なんですよね~。ちなみに交差点を北に進むときは 上る(あがる) 南に進むときは(下がる)です。タクシーに乗った時も住所よりもこの表現の方が通りやすいですね。

もとに戻します。

入り口が和風の小さなお庭のようになっていて、外から大きなカウンターが見えてそこに楽しそうに座っている人たちが見えるのでなかなか入り難い、ちょっと敷居が高そうに見えますがお店の方も店内の雰囲気もそんなことはまったくなくとても良い感じのお店です。

奥にも席が。

地下鉄烏丸御池駅から徒歩5分。

土日はランチタイムあり、夜中(午前1時)まで開いている使いやすいお店。

ランチ ごはんプレート

コーヒーがとても美味しかったので好印象。ランチもこの周辺ではリーズナブルな値段で素材にこだわった(と思われる)まずまずの料理が頂けます。

焼き菓子150円も美味しい!

夜に二次会以降でBarとして使うのもお勧め、というか夜はそんな方々が多いです。

逆に、嬉しいのは、深夜にノンアルコールで軽食を食べたい時にパスタやピザ、オムライスなどが昼夜均一料金で頼めることです。 23時を過ぎると牛丼屋ぐらいしか開いてませんものね。 スタジオで夜遅くまで練習した後にふらりと寄ってアイスコーヒーだけで一息できるようなお店です。

これは深夜に頂いたオムライス、デミグラスソースが旨い!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする