カテゴリー: 曲

楽曲の商用利用

久々に商用利用でオリジナルピアノ曲を使って頂くことになりました。
今般、ピアノ曲をDVDのBGMに使用したい旨のお申し出がありました。
映像製作会社の方からのご依頼です。
北海道の観光施設の案内ビデオ(施設の入り口等でずっと垂れ流しになっている類のもの)のBGMとして使って頂けるとのことです。 プロトタイプを見せて頂きましたが、いたって真面目な観光の紹介映像でした。
使って頂く曲は、
「The flower with no name」
「森の情景」
「Mind Source」
「ことだま」
「GreenTea」
です。 森の情景を選んで頂けて嬉しいです。
もちろん即OKの回答。もちろん無料(タダ)です。
クライアントさんも曲を気に入って頂いているようで大変有り難いお話であります。
北海道のどこかの観光施設で、私の曲がBGMで流されているというのはとても嬉しいことですね。 本当に小さな小さなことですけど。 私の作った音楽がどこかでお役に立っているという事実は私を幸せな気分にしてくれます。 こういうのが小さな幸せって奴なのかな。
WebsiteのBGMも最近ではめっきり流行らなくなって、楽曲を使いたいというお申し出は、だいたい、Flash等の作品のBGMが多いです。
楽曲をメインでご使用になられると、私の楽曲ではリズムの乱れやフレーズのガサツさなどがあり シンドイ面が多いですが、基本的に聞き流しする類の使い方であれば、なんとか収まってしまうのかも知れません。
こんな楽曲でもよろしければ、商用利用でもフリーでお使い頂けますので、これからもどんどんこういうオファーをお待ちしております。
懸案の、リズムとフレーズについてはただいま鋭意改善中ですので、来年あたりには、もう一段階ぐらいはマシになった楽曲をご提供できると思います。
リズムについては、Vocalのトレーニングをする中で、自分のリズム感の捉え方の間違いに気づきましたのでここ数ヶ月で物凄く改善されてきました。 まだ身体では理解していないので しつこくトレーニングを続ける必要がありますが、あともう少しといったところでしょうか。
フレーズについては、コードを分解してフレーズを作る手法(ごく基本的なことのようですが)を勉強中で、だいぶ理解が進みました。 今まで感性と手癖だけで弾いていたのですが、それを理論的な角度から少しずつ変えていってより良いフレーズが弾けるようになりたいと思っています。
51歳ですが、まだまだ成長途上です。 というか、音楽に関しては、20?40歳代の30年間よりも50歳代に入ってからの方が「実のある活動=成長する活動」 が出来ているような気がします。 やればやるぼと自分の出来なさ加減がわかってしまうって言うのもアレですが、ダメさ加減を知らずにいるより知って努力する方が良いに決まってますからね。
今回のDVDが現場で末永くご愛用頂けることをお祈り致します。

気になるコード進行とアポリネール

気になるコード進行とアポリネール

昨日は一日中雨がシトシト降っていました。

C-G-C7-F or C-G-Bb-F の繰り返し。トップノートを C-B-Bb-A のようにしてこのコードで弾くんです。 昨日から頭の中をぐるぐる回っています。
そして、

雨の多いこの季節になるとアポリネールの詩が頭に浮かんでは消える。

「思い出は狩の角笛、風と共に声は消えゆく」

この詩は、堀口大学が翻訳したアポリネール詩集に入っていたもので、唯一私が暗唱している詩です。 物覚えが悪い、特に歌詞はまったくといっていいほど憶えない私が、何故この詩だけ覚えているのが自分でもよくわからないのですが、この詩だけは何故か忘れませんね。。。多分脳みその特別な場所に格納されているのだと思います。

それで、この詩のフレーズと さきほどのコード進行、メロディが微妙にマッチするんですよね。。。

生暖かくて涼しくてしっとりとして落ち着いていて少し不安げな雰囲気というのでしょうか。

この 「生暖かくて涼しくてしっとりとして落ち着いていて少し不安げな雰囲気」というのが先ほどのコード進行と合っているのでしょうか。
C?G?Bb?F の進行を紐解いていくと、

最初のC?Gは、キーがGの時の ???

次に出てくるBb?Fは、キーがFの時の ???

ということで、???の進行をキーを2度落として奏でているのです。 そして、トップノートがCから半音ずつ下がっていく。

??? というのは、聖歌の最後であの「アーメン♪」を歌う時のコードです。 精神的に凄く座りの良い音感です。この「アーメン」がキーを2度ずらして連続で聞こえてくるわけです。アーメンの連続。 そして、半音ずつ下がっていくトップノートは、ある種の浮遊感みたいのものを醸し出しています。
こう考えると アポリネールの詩と合っているというのもなんとなく頷けますね。

因みに、このアーメン連続進行は いろんな名曲でたくさん使われています。 2回だけでなくて3回2度ずつ下がっていくとか4回続くとかいうのもありますね。 2度下がるのではなく4度上がるというパターンもあります。

美しいJAZZのコード進行 Waltz for debby

最近音楽はやっていないのか? と昔の音楽仲間から言われることがあります。

今年に入ってからはライブもやっていないしオリジナルのユニットも休止状態です。今は、身体をベストの状態に持っていくことを優先している状況です。今年の3月に そうしないと駄目だ。。みたいなことを思って、いろいろと対策をしてきましたが、結局、身体に悪さをしている根源的な部分は「腰まわりの柔軟性」にあるということがわかってきました(これは医者から言われたわけではなくて様々な対策を実行した結果自分の身体でわかってきたことです) その部分については、整骨の先生と相談しつつ試行錯誤中ですが、これまでやってきたいろいろな対策が効果を発揮してきて身体全体で考えると随分と健康的になってきたと思います。

まず、筋肉がついてきたこと。 水中歩行(週5回 1km/回)とストレッチが効いています。陸上歩行ではなかなか筋肉はつきませんが、水中歩行では見る間に筋肉がついていくのがわかります。 それだけ水中歩行って効果的なんだと実感しています。 それに伴って体脂肪率が下がりました。 3月頃は19?20% だったのが、現在では14?15%に落ちています。
血液検査の各項目も 全てド真ん中です。 胃腸の調子も以前に比べてだいぶマシになりました。

最後は、腰の調子ですが、以前に比べて簡単に痛くなることはなくなりましたが、まだまだ完治には程遠い状況です。 これは、腰周りの柔軟性を如何に回復するかにかかっているような気がしています。

あっ JAZZのコードの話でしたね♪

そういうわけで? 音楽活動は完全に休止中ですが、今考えると しばらく活動していなかったおかげで「憑き物」がとれたような気がします。 気負いがなくなったというか、良い意味で音楽に対して正直に接することが出来るようになりました。

正直に接すると、どうなったかというと、やっぱりJAZZを弾いています。
最近の、お気に入りは 「Waltz for Debby」 と 「Round midnight」の2曲です。 この2曲のコード進行の巧さは神がかったものを感じます。
Waltz for debbyのAメロの不思議なベースラインのクリシェも素敵ですが、Bメロのコード進行とメロディの組み合わせは天からの贈り物としか思えません。

Gm – C7 – Am7 – D7 – Gm – A7 -Dm – Cm – Bbmaj7 – A7 – Dm – G7 – Abmaj7 -Dbmaj7- Gm – C7

コード進行はこんな感じなんですが、

最初の Gm – C7 – Am7 – D7 の部分ですが、ここではメロディが DとCを交互に動かしているだけです。 Gm – C7 も Am7 -D7 も II-V進行で、それぞれKeyF と Key Gです。KeyFのときのDとCの音はラとソですね。 そしてKeyGのときのDとCの音はソとファです。でもこの4小節を通して聴くと ラとソが2回繰り返されるように聞こえます。 絵画で騙し絵というのがありますが、このコード進行とメロディの組み合わせは 騙しトーン という趣です。 (多分これを読んでいる方は まったく何を言ってるんだかわからないと思います。説明が学術的でなくてすみません)

それから、Gm-A7-Dm-Cm- のところのCmの部分も同じような効果がありますね。やっぱりメロの音は同じでコードを2度ずらしています。
なんとも言えない浮遊感というか琴線に触れるひっかかりがこうやって生まれてくるのでしょう。

JAZZの名曲は、みんなこういうコードとメロディの絶妙なカラミを持っています。

私がJAZZを好きなのはアドリブがあるとか自由だとか言う部分ではなくて、曲の美しさなんだなというのを最近実感しています。