カテゴリー: 店

Bistro Chez Momo ランチ

京都のランチ第二弾。 ビストロ シェモモ

お店の紹介文より、

「中京区の三条商店街からちょっとはずれた場所にある家庭的なフレンチのお店。自家製にこだわった食材を使用し、お箸でも食べられる気取らない空間の隠れ家的ビストロです。」

今回は、ランチを食べてきました。

秋の土曜日の12時過ぎ、三条商店街の人気店は長蛇の列でしたが、ちょっと外れたところにあるここは、行列なく、待ち時間なしで入れました。テーブル席が6つとカウンターの小さなお店ですので、それでもほとんどの席が埋まっていましたけどね。 予約を入れておいた方が安心ですね。

お客様も若い女性お一人様や、小さな女の子を連れた若い夫婦、中年より少し若い感じの男女4名と多彩?な感じ。

カウンターの中では中堅って感じのシェフが一人でテキパキト対応されています。店内の音楽は控えめに鳴っていて私がいた時はCrusadersがかかっていました。

ランチは、1,000円と1,500円と2,400円のセットがあって、1,000円と2,400円のものを注文しました。

絶対に1,000円セットが超お得です。スープ、パスタ、パン、デザート、コーヒーですから。1,500円のセットにはそれプラス一品が付きますのでこれもお得です。

2,400円のセットは、1,300〜1,500円ぐらいの単品を二つ(毎日選べるものが変わるようです)とパン、デザート、コーヒーです。

お味は、なかなかの美味でありました。量は少なめです。小さな子供連れのご夫婦は1,000円ランチとあと2品を追加注文されていました。このやり方は賢いと思います。 パンはあまり特徴がなく、バターやオリーブオイルは無しでしたのでここは減点ポイントです。 頼めば出してくれたかもしれません。 バイトの若い男の子の接客が「わかっていなくて」残念でしたが、まぁ若いし許したる!

2,400円コースで選んだのは、子羊のラーメン!!!! フレンチでラーメンですよ!!!!

出てきたのはこちら。

パスタ風ラーメン、ラーメン風パスタ?? 味は東南アジア系で、担々麺に似た感じでしたが、スープがとても美味しくて舐めるように完食してしまいました。

1000セットのパスタはこちら、

パーティや飲み放題のメニューもあって、大勢で会食するのに良いお店かもしれません。

タグ :

Cao Cafe

京都市中京区三条烏丸から西へ400mほど進んだ場所(三条通り沿い)にあるカフェ。場所を細かく言うと三条新町西入る です。

京都で場所を表現するのによく使うやり方で、東西の道と南北の道を並べてその交差点からどっちへ行くかという表現方法です。三条新町というのは、東西が三条通りで南北が新町通り、西入る(にしいる)とはその交差点を西にすすんだところという意味です。ややこしいのは、なんぼくと東西のどちらを先に言うのかが結構区々なことです。四条大宮は東西南北、烏丸御池は南北東西なんですよね~。ちなみに交差点を北に進むときは 上る(あがる) 南に進むときは(下がる)です。タクシーに乗った時も住所よりもこの表現の方が通りやすいですね。

もとに戻します。

入り口が和風の小さなお庭のようになっていて、外から大きなカウンターが見えてそこに楽しそうに座っている人たちが見えるのでなかなか入り難い、ちょっと敷居が高そうに見えますがお店の方も店内の雰囲気もそんなことはまったくなくとても良い感じのお店です。

奥にも席が。

地下鉄烏丸御池駅から徒歩5分。

土日はランチタイムあり、夜中(午前1時)まで開いている使いやすいお店。

ランチ ごはんプレート

コーヒーがとても美味しかったので好印象。ランチもこの周辺ではリーズナブルな値段で素材にこだわった(と思われる)まずまずの料理が頂けます。

焼き菓子150円も美味しい!

夜に二次会以降でBarとして使うのもお勧め、というか夜はそんな方々が多いです。

逆に、嬉しいのは、深夜にノンアルコールで軽食を食べたい時にパスタやピザ、オムライスなどが昼夜均一料金で頼めることです。 23時を過ぎると牛丼屋ぐらいしか開いてませんものね。 スタジオで夜遅くまで練習した後にふらりと寄ってアイスコーヒーだけで一息できるようなお店です。

これは深夜に頂いたオムライス、デミグラスソースが旨い!

塔の下〜清水寺近くの落ち着くカフェ

清水寺に続く小径沿いにある「落ち着くカフェ」その名も「塔の下」。京都の清水寺のすぐ近くに北欧風の素敵なカフェというのが絶妙なバランス感ですね。

このカフェのは特徴は、オイルと砂糖を使わないパンケーキやノンシュガーノンオイルランチなどマクロビではないけれどなんとなくナチュラルなメニューです。

DSC01758

DSC01759

下の写真は、ノンシュガーノンオイルパンケーキです。 砂糖中毒の方にはシンドイかもしれませんが、ちゃんと甘みもあってトロトロで美味しいパンケーキでした。コーヒーもまた美味しくて清水寺の問うので真下というシチュエーションで頂くととても贅沢な時間が味わえます。

DSC01760

店内は、北欧家具と北欧茶器などでシンプルでしかも落ち着いた雰囲気です。

DSC01756

カウンターも白木の一枚板の広々としたスペース。 これは落ち着きます。 ボンヤリと行き交う観光客を眺めるのも良いものですね。

DSC01755

朝は9時からopenとのこと。次は朝に是非行きたいと思います。

店主の方は、とても気さくで優しさに溢れた方でした。

DSC01763

清水寺を訪れた方はもちろんのこと京都地元の方も是非立ち寄ってみてください。

タグ :

イタリア発オンラインショップのYooxで買い物

イタリア発オンラインショップのYoox

Yooxってご存知ですか?

Yooxのサイトにはこういう記述があります。

 「yoox.com(ユークス・ドットコム)は、2000年に創立した、ファッションとデザインを扱い世界をリードするライフスタイルのオンラインストアです。世界中のデザイナー、メーカー、公式販売店との確固とした直接取引関係を保持することにより、yoox.comは、以下のような、他では見つけることが難しいアイテムの尽きることのないセレクションをお届けしています」

 イタリア発の世界規模のファッションオンラインショップなんです。 もちろん、日本語サイトもありますが、出荷は海外からも(日本にあるデポみたいなところからの発送もある)行っていて注文から早くて一週間、遅いときは3週間ぐらいかかって到着します。

 もの凄い数のブランドを取り扱っています。私のお気に入りのDesigualも取り扱っていますが、さすがに品揃えは本家Desigualのオンラインショップよりかなり劣ります。

 ただ、とにかく大量に品物があって、なおかつ、何故か70%引きとか破格の値段のものも混ざっているのでよくよく調べて買えば安く良いものが手に入るかもしれません。 まぁ賭けですけどね。 その賭けをついやってしまう理由がyooxにはあります。

 Yooxの凄いところは、簡単に返品可能なこと。まぁ、返品してもお金は返ってこないのですが、その分の金額をyoox.comで使えるMonyooxというポイントがつくのです。まぁ実質返金か。。。返品のやり方は、配達されてきた現品には「返品用の伝票」が入っていて、送られてきた箱に入れてそのまま宅配便で送り返せばOK。返品とても簡単でしょ。 海外メーカのものは大きさの基準が日本と違うのでサイズ間違いが頻繁にあるのを見越したシステムで、この仕組みがあるので安心して注文できます。それと、いとも簡単に返品できるので、送られてきた商品はもしかしたら何人もの人が返品したものかも知れないということは頭に入れておいた方が良いです)

  とにかく、結構高価なブランドのものがかなーーり安く買えるのでとてもおすすめですが、商品自体は、数年前のモデルだったりするのでそのあたりを気にする方は避けた方が無難です。

 今回は、ステージ用のジャケットを買いました。襟のところに変な柄のフリフリがついているJustCavalliの変なジャケットです。yooxがバーゲン中で結構安く買えたのはラッキーでした。 ちゃんとmade in Italyだったのでなんとなく良かった。 Catarelliのパンツはmade in Tunisiaだったから、、、別にどこで作ってようがあまり意味はないのですが。とりあえず、サイズ違いでの返品は今のところありません。

   私の買い方ですが、価格を3万円以下とかに絞って検索すると、70%offとかの掘り出し物がたくさん出てきますのでそこから選択するというかなりセコイ感じで使ってます♬

 国によってサイズの記述が違うのですが、一応、日本のLMSに対応した読み替え表もサイト内にあって便利です。

 ちなみに、イタリアの46が日本のS、48がM、50がLらしいです。

カーテンのところにかけてあるのが今回Yooxで購入したジャケット。部屋はつい最近模様替えしました。 日野まきさんの絵を近くにもってきていつも眺めています。

DSC01727

タグ :

明石散策

明石駅前は、現在再開発の工事中ですが、明石市民会館までの道のりには昭和な香りのする場所がたくさんありました。

 

UONOTANAという商店街は魚屋さんオンパレード状態。 専用Websiteも持っていて、観光客相手が主体かなと思っていましたが、地元の友人曰く「地元民も利用する」とのことでした。

玉子焼きで有名でいつも長蛇の列になっている「本家きむらや」の通り沿いには、昭和の香りのするお店が並ぶ一角があります。 それにしても、本家きむらやに並んでいる人たちの なんとも幸せそうな風情が素晴らしいです。 明石の玉子焼きを食べると幸せになるのか、幸せな人が食べたくなるのか、、、たぶん後者だろうと思います。 絶望のどん底の人が食べても何も変わらないと思われ。いや、もしかしたら、幸せな人たちに囲まれて気分的に楽になれるかもしれません。。。。

そして、きむらやの看板には「味の王将」という文字が。。。 餃子の王将、大阪王将、そして、味の王将ときましたか、△◎の王将 というキャッチコピーは日本全国いったいどれくらいあるのだろうか。。。。 JPOPのバンド名とかにも使えそうです。 サビの王将、オブリ王将、、、、

あ、そうだ、昭和の香りのする一角、本当に昔懐かしい佇まいです。こういう小さな屋台の親分みたいなお店が妙に郷愁を誘います。

 

京都のくつろげるお店 Cafe Jinta @三条烏丸

京都のくつろげるお店 Cafe Jinta @三条烏丸

 

京都に行った時に立ち寄る「くつろげる店」をご紹介していきます。
もちろん、主観が入っていますので「びわこ基地管理人が薦めるお店」ということでよろしくお願いいたします・

 

さて、最初のお店は、三条烏丸東入るにある Cafe Jintaです。

 

音楽好きのマスターがここに店を構えて5年?、夜は時々アコースティックライブもしていて、BGMは耳にやさしいBluesやSoulが控えめな音量でかかっています。

 

三条烏丸の交差点を三条通り沿いに50mほど東に入ったところにあるビルの2Fにあります。

 

この階段を上っていく。
DSC00950

 

この店で嬉しいのは、ランチの時間が11:30-17:00までととても長いことです。というか、ランチの概念が無いといった方が良いかもしれません。
(変わるかも知れないので事前にお店にお問い合わせしてくださいね)

 

ランチは日替わりプレートランチで、バリエーションがいくつかありますが、どれもとても素材を生かした味付けでとても美味しく頂けます。

 

DSC00949

 

DSC00947

 

プレートごはんの一つ、チキンカレー。 ごはんは玄米がかなり入っていてとてもカレーに合っています。

 

マスターはコーヒーにもかなりこだわりを持っていて、アイスもホットもコクのある珈琲が楽しめます。
そして、
このお店で特筆すべきは、居心地の良さ。

 

DSC00945

 

DSC00946

 

DSC00948
これは個人の好みの問題ですが、こういう空間でおいしいコーヒーを飲みながら気に入った小説を読んだり、少しレンジの長いこれからの計画をぼっーと考えたりするのが良いですね。

 

ドリンクメニューも豊富で、ビールやワインもあります。 またスイーツも種類がたくさんあります(スイーツ自体が苦手なのでノーコメントですが、同行者は一様に おいしーーーい!と嬌声を上げています)

 

お客さんは2人連れが多い感じですが一人でも全然違和感はありません。

 

窓に向いたカウンター席に一人で座って三条通りを行き交う人々を見下ろしながらコーヒーを飲むのもいい感じです。

 

websiteはこちら
Facebook Pageもあります。

 

小田原の美味しい蕎麦屋 橋本

小田原在住の親戚に教えてもらって、橋本という蕎麦屋で昼食を食べてきました。

店の作りはいかにも老舗という風情がでていてとても良い感じです。 なんと創業160年なんだそうです。

メニューは手打ち蕎麦に、海鮮のトッピングという組み合わせがたくさんあり、久々に選択に迷いました。

写真は、三種のつゆで頂く蕎麦と塩天丼のセットです。

まぁまぁ、いや、とても美味しかったです。

つれは、桜海老の天ぷら中心のメニューでしたがこの桜海老も絶品でした。

生しらすのメニューも食べたかった。

駅から徒歩10分かからずに行けます、小田原城との中間点ぐらいに位置しているので観光がてらの昼食にうってつけかなと。

 

 

Facebook page はこちらから。

ぐるなびはこちらから。

 

via PressSync

美味しいアメリカン珈琲

らんぷ
らんぷ

私が住んでいる滋賀県は、複数のチェーン店の喫茶店が店を出していて、クルマで10分以内のところには、

コメダ珈琲
らんぷ
星乃珈琲

があります。

コメダと「らんぷ」は名古屋資本ですね。

それぞれ個性的で良いところがあるのですが、私的には、コーヒーが一番美味しいのが 珈琲屋らんぷ でして。 その中でもアメリカン珈琲の美味さは特筆すべきものがあります。

メニューはシンプルで珈琲で勝負! ということなのでしょうか。

店内の落ち着きもこの3店では圧倒的に一番です。

朝7時開店なので土日にはモーニングを朝一番に頂いてから一日がスタートというのが最近のパターンになりつつあります。

残念ながら らんぷ はまだ京都には出店していないようです。

京都の散策時にこの珈琲を飲めたらな〜〜

ビックカメラ京都  JR京都駅西洞院出口

本日、カメラを買いに ビックカメラ京都  へ行ってきました。

ビックカメラ は京都駅に隣接する場所にあって直結するJRの改札口があるのですが、京都駅構内にはその出口に関する表示がまったくなくて、いつも、外側をぐるっとまわって行っていました。

本日、ビックカメラ の売り場の2Fに場違いな感じで改札口があるのを発見。

帰りは、そこから京都駅に入いりました。

その改札口は、 「西洞院出口」 という名前がついていました。

で、どこにつながっているかというと、 31番線 、 32番線のホーム の西の端に直結です。31,32番線は、山陰線(嵯峨野線)のホームと同じ階段です。

なるほど、これなら雨にも濡れずに最短距離で構内に入れますね。

これからは、ここを通って ビックカメラ に入ろう!!

JRのホームから見たところ(階段を上がっていくと改札です)

ホームの西のはずれにあるので駅の真ん中へんでウロウロ探しても多分わからないでしょう。

そういう時は駅員さんに一言聞くのが早いですね♩

ビックカメラに直結している改札口
ビックカメラに直結している改札口