カテゴリー: 4.旅行系

塩作りSTEP1 海水ゲット編

塩作りSTEP1 海水ゲット編

そもそも海水で塩を作ろうなどと考えたのは、我が自然農法の師(本とblogを読んだだけですが)である野人さん「ムー塩」を知ったからでした。

海水から作った塩の良さはリンク先から色々と読んで頂くとして、私は滋賀県の内陸部というか琵琶湖の湖岸に住んでいるので海は遠くてなかなか海水を汲みにいけませんでした。

そして、ようやくこの冬休み、鳥羽に行くことになって、そのついでに海水を採取してきたのです。

-------------

ホテルにチェックイン後、部屋に案内してくれた仲居さんにどこか近くに海水を汲めるようなところがないか聞いてみました。 

 仲居さん:「今は冬だし今日は波も高いから危ないですよ」
      「海水を汲んで何をするんですか」
 私   :「塩を作るんです」
 仲居さん:「えーー塩?。。。やめた方が。。。海水からの塩なら 二見塩というのが売ってますよ」
 私   :「いやいや自分で作りたいんですよ、だから教えてください」
 仲居さん:(変わった人なのね。。)「そうなんですか、桟橋とかは危険ですので浜に行ったほうがよろしいですね、少し遠いですが二見海岸まで行かれては?」
 
ということで二見海岸へ行くことにしました。

-------------
クルマをとばして、ガラガラの二見海岸駐車場に着くと、海岸ではサーファーが数人高い波でサーフィンをしていました。

風がきつくてかなり寒いです。 一緒についたきた家族は心配そうです。

海の浅瀬に階段状のようなものが突き出ているところを見つけたので、そこで海水を汲むことにしました。

18Lのポリ容器と500mlのペットボトルを持ってイザ出陣!

このとき、この時の為に持ってきたレインコートのことはすっかり忘れて普段着のまま突撃する私。

ポリ容器を横にして波が来て海に戻っていくところで海水をポリ容器に流し込む作戦です。深さが足りないと汲み難いので作業しながら少しずつ海側に寄っていきました。

そのとき、大きな波が来ました!? 一緒に作業を覗きこんでいた次男は直前に階段の上にジャンプして避難。私は海水汲み取り作業に没頭していたので波の来襲に気付かず、モロに波をかぶるハメにorz

右半身がびしょ濡れですが、それでもメゲずに作業を継続、なんとか16Lぐらいの海水を採取できました。

堤防?上で記念撮影。 とったどーー! あまりに寒かったので身体が歪んでます(~_~;)

ジーンズ、靴、靴下、ハーフコートがびしょ濡れとなりましたが、結構澄んだきれいな海水をゲット出来ました。

なんやかんやで面白かったです!

かくして家族を巻き込んで大騒動のすえ16.5Lの海水をゲットしました。

鳥羽パールロードの美味しい食堂

鳥羽パールロードの美味しい食堂

鳥羽に泊まりに行った時、昼食をどこで食べるかが結構悩みどころですが、今回、とても美味しいお店を見つけたので次回以降はずっとここで食べることになりそうです。

そのお店は、太平洋食堂! 凄い名前! 場所はパールロードの鳥羽寄りのロードサイドです。 道の駅鳥羽海鮮市場黒潮を少し西に行ったところにあります。 対面には、おしゃれなライダーズカフェがあります。

実は、最初は、ネット検索ですぐにヒットした「道の駅鳥羽海鮮市場黒潮」で海鮮丼を食べようという話になってそこに向かったのですが、生憎、駐車場が一杯で入場待ちのクルマがパールロードに列を作って大渋滞をひき起こしていましたので仕方なくそこを通り過ぎてこの店を発見したというわけです。

やっぱり皆さんネットで検索して行くから混んでいるのでしょうか。

太平洋食堂さんは、漁師と海女の店と書いてあるだけあって、とても新鮮な食材で大変おいしく海鮮丼(1500円)をいただきました。 牡蠣のシーズンだったので焼き牡蠣(5ケ750円)も注文したのですが、これがまた絶品でした。他のお客さんはほとんどが生牡蠣を注文していましたが、旅行の最初の日だったのでここでアタってしまったら嫌だなぁと思って焼き牡蠣にしたのですが生もとてもおいしそうでしたね。

大阪キタ・福島 南イタリア料理 パポッキオ

大阪福島 ザシンフォニーホールのすぐ裏手にある南イタリア料理店 papocchi。 巨大な石窯でピザを焼くのがイタリア人! ピザは今まで食べたピザの中でNo.1でした。シンフォニーホールに行くときはここでランチを食べてから音楽を聴くと幸せになれますよ♪

ピザを頼むときに、トッピングによって 素→D.O.C→D.O.C.G という具合にランクが上がっていきます。 意味不明だったのですが、DOCGを頼んでみました。 めちゃくちゃおいしかったです。 半端なく美味しい! と言える数少ないお店のひとつだと思います。

エンジン警告ランプ

[覚書]
久々にクルマのこと。
愛車は既に8年目に突入。 走行距離は67,500km。
3回目の車検を8月に受けたばかりです。
9月4日にエンジン警告ランプが点灯。
9月10日になっても消えないのでKenzCarに出向いてみてもらいました。
今回はマップセンサー異常とのこと。 とりあえず、リセットしてもらって様子を見ることになりました。

安全運転励行

今日、車:車の接触事故を目撃しました。
遠目ですがドライブレコーダに映ってました。
急いでいても無理をしてはいけないということですね。 気をつけないと!
ドライプレコーダは一年間ほったらかしで、本当に録画出来ているのか不安だったのですが、ちゃんととれていることが確認できました。
毎日炎天下の野外駐車場に放置しているので、車内は80℃以上になると思うのですが、それでもきちんと正常に動いているというのはスゴイことですね。 ドライブレコーダ本体は安心mini という商品ですが、SDカードの耐久性もスゴイと思います。

街走り と 第二京阪

年度末、年度首。 やはりこの2週間はあっという間に過ぎてしまいました。 みなさんお久しぶりです!
やっとスタートしたジョギングも完全にSunday Runner化しています。 まぁ日曜日に毎週走っているだけでもヨシと考えるのが良いかも。
 でも、昨日、初めて平日の夜に走りました。 19:30に帰宅して、すぐに着替えて、マンションの廊下でストレッチをしたあと夜の町へGo! あらかじめ考えていたコース(1.9km)をゆっくりと走りました。 歩道のない道ばかりなのでたまにクルマが来ると少しコワイですが、季節はずれの寒さの中結構気持ちよく走ることが出来たのは収穫です。 
 今までは、河川敷みたいなところを走っていたのですが、夜間は暗くて危ないので、夜間の街走りが出来ることが確認できてよかったです。 自然の中を走るのも良いですが、街(と言ってもただの住宅街ですが)の中を走るのも趣があって気持ち良かったです。
 
 この二週間、ジョギングと仕事だけで終わっていたわけではなくて、先週の日曜日11日には、大阪の堺市に昨年新しく完成した 堺ナショナルトレーニングセンターというサッカー専用の施設に行ってきました。 日本代表がキャンプを張る場所だけあってなかなか立派な施設です。 そこで高校世代のサッカーを観戦したのですが、試合の感想はまぁ置いておいて、今日の話題は、堺に行くまでの高速道路の話です。 そうです、最近完全開通した第二京阪を使って行ったら、滋賀県の草津市から堺の現地まで なんと一時間ジャストで着いてしまったのです。 第二京阪のシュートカットの威力は凄いですね。 大阪のミナミまで50分もかからないのですから。 日曜日ということで道が空いていたというのもありますが、大阪南部がこれほど近いとは思いませんでした。 
 
 

クルマの基本機能とフェイルセイフ

クルマの基本機能とフェイルセイフ
昨日の記事の続きです。 「時代についていけない爺が何かほざいている」という感じで読んでいただければ。。。。
何もかも電子化されていく現代のクルマですが、フェイルセーフの観点からヤバイのではないかと思っています。
クルマの基本機能を、
? エンジンを動かす&止める
? ブレーキをかける
? ハンドルを操作する
の3点として考えます。 
?のエンジンを動かす&止める については、エンジン始動キーとアクセルという機能部品が関係します。
?のブレーキについては、ブレーキという機能部品が関係します。
? ハンドルを操作することについては、ハンドル(操舵装置)という機能部品が関係します。
これらの基本機能のフェイルセーフの考え方は、「最悪の場合はクルマがコントロール可能な状態で停止する」ことを目的として考えるべきと思います。 故障を少なくする努力も必要ですが、故障してしまった時に「最悪の事態」には絶対にならない仕組みを考えてそれを装備することがフェイルセーフです。
さて、最近のクルマの設計についてはその点から考えて不安を覚えずにはいられません。
まず
? エンジンの始動・停止 については、最悪の事態とは「エンジンが停止することではなく、エンジンが止まらないこと」です。 米国のレクサスの事故は正に最悪のことが起きた事故でした。 従来の設計ならば、キーを停止位置に回せば物理的にエンジン稼動に必要な何か(恐らく電気?)の供給がストップしてエンジンは停止します。 「まわす」という物理的な動きによって物理的に遮断されるわけで、原始的な方法ですが、一番確実な方法でしょう。
 それに対して、レクサスのエンジン始動・停止は ボタン を押すだけです。 要は電子的なスイッチでしかありません。 電子回路がなんらかの原因で異常になればもう止めようがないということになります。 米国での事故は、電子回路の異常ではなかったとのことですが、通常の状態でも、強制停止を行うには ボタンを数秒間長押しする仕様だったらしく、アクセルが戻らなくなってパニックになった運転手が、たとえそのことを知っていたとしても、冷静にそのような行動をとることは困難でしょう。 
 この 始動ボタン の問題は、設計そのものの問題よりも更に深い問題があります。 それは、レクサスに乗ったことがない人は その仕様(長押しするとエンジンが止まる)を知らないということです。 クルマというのは昔から 基本仕様は全て共通で、誰が乗っても最低限、「動かして止る」ことができるように設計されてきました。 ですから、アクセルは必ず一番右側でその隣にブレーキがあるというのは全世界共通です。 そういう基本的なところは共通プロトコルとして全世界のドライバーが共有していたからこそ、初めて乗るクルマでもきちんと運転できたのです。 ウインカーの位置やライト点灯の位置は夫々違いますが、それらは「動かして止る」という基本機能ではないので各社区々に設計しているのでしょう。
 
 しかし、最近では、「動かして止る」という基本機能の分野で、その共通プロトコルから逸脱するクルマが出てきました。 「キーを回すとエンジンが始動・停止する」というプロトコルから逸脱し、ボタンに変えてしまいました。 メーカから見ると、エンジンの始動ぐらいはウインカーとたいして変わらないので変えてしまってもOKだろうと思ったのかも知れません。 ただ、共通プロトコルが頭に染み付いてる「普通の人」がアクセルが戻らなくなった非常事態に遭遇して、頭に染み付いた「キーを回せばエンジンは停止する」という行為が出来ないというのはヤバくないですか? 100歩譲って、将来ボタンが主流になったとして、非常時の止め方のルール(何秒長押しする等)がきちんと標準化されるのでしょうか? 更に、たとえボタンが世界共通プロトコルになったとしても最初に言及した、フェイルセーフという観点ではどうなのかなと思います。 飛行機などは電子機器の塊ですが、飛行機は壊さないための整備をこれでもかというくらい実施していますし、電子回路も2重3重の冗長化が行われ、更には電子回路が壊れた場合は物理的に最悪の事態は免れるような工夫が施されているとのことです。 クルマにはそこまでのコストがかけられませんので、なお更、「物理的フェイルセーフ」が重要なのではないでしょうか。
 ?のブレーキについては、現在のクルマではABSや油圧でのサポートがついていますが、基本は足で踏んだ力がブレーキロッド?を伝わってブレーキをかけるという構造だと思います(最後は油圧装置なのかな)。 だから、たとえ油圧が効かなくなったとしても 思いっきり踏めば止められるはずです。 ABSは、誤動作してそれが原因で突如ブレーキがかかったりして事故になるケースがあると聞いています。 ABSはコンピュータで勝手にブレーキをかけたり離したりする装置なので、これが壊れると、理論的にはブレーキがかからなくなる可能性もありますが、恐らく、足で踏む動作によって「物理的に」ABSのモードが切れる仕組みになっているのではないでしょうか。
 ブレーキについても、エンジンのボタンと同様に、単なるスイッチにしてしまうことも可能です。 もしかしたら、既にそうなっているクルマもあるかも知れません。 前日の記事のプリウスなどは、ブレーキの物理的な動きとは関係なく コンピュータ制御の別の力が優先的に働く仕組みになっているような感じですが、スイッチにしてしまうと 壊れた時や 「もともと制御ロジックにミスがあった」場合は、最悪ブレーキがかからない状態に陥る危険性があります。 
  
 ?のハンドル操作についても同様で、ハンドルと操舵装置が物理的につながっておらず、TVゲームのコントローラのような位置づけになっていたとしたら、制御装置が壊れたら制御不能ですね。。。。
 
 
 全てを電子制御にすると、人間が人間の力で物理的にクルマを操作することが出来なくなります。 もちろん、電子制御化により、いろいろな恩恵があり、普段はその恩恵を受けているのですが、クルマの基本部分については、人間が物理的にコントロールできる部分を少しだけでも残しておくべきで、その方法や仕組みは、共通プロトコルとして世界共通であるべきですね。 そうでないならば、飛行機のようにコストをかけてでも完璧(に近い)な仕組みとすべきと思いますが、どうでしょうか。。。。 
ps
トヨタのfail safeについてこの記事も参考になります。
 

トヨタの技術的難題

時事通信より抜粋

—– 2010.2.3付記事引用開始
トヨタ自動車のハイブリッド車、新型「プリウス」のブレーキに関し、米国内でユーザーの苦情が98件に上っていることが3日、米運輸省の道路交通安全局(NHTSA)の資料で明らかになった。一方、国土交通省によると、日本国内でも昨年12月以降、計14件の同様の苦情が寄せられ、両国で人身事故の報告もあった。国交省はトヨタに調査を指示。アクセルペダルをめぐる大規模リコール(回収・無償修理)に続き、トヨタの新たな品質問題に発展する恐れが出てきた。
 プリウスは日本で生産され、新型は昨年5月に日米両国で発売。旧型を含む昨年の販売台数は、日本で約20万台、米国で約14万台。トヨタは80以上の国や地域で順次発売していく予定だ。
 NHTSAの資料によると、でこぼこ道を走行した際や、道路の隆起、くぼみ部分を通過した際、瞬間的にブレーキが利かなくなるという苦情が多い。これまで、この問題で追突などの事故が4件発生、2人が負傷。うち1件では、前方の車に衝突して運転者が首を負傷したという。
 国交省によると、国内での苦情は「滑りやすい路面などで低速時にブレーキが瞬間的に利かなくなる」という内容だという。昨年7月には、千葉県松戸市の国道で4台が絡む玉突き事故を起こしたプリウスの運転者が「ブレーキが利かなかった」と説明。この事故では追突された車の2人が軽傷を負った。 

———–引用終わり
この問題は以前から「ブレーキ抜け」と言ってプリウスオーナの間では有名な話らしいです。ブレーキ抜け対策運転技術などというスレッドなんていうのもあったりします。
参考→ プリウスマラニアの掲示板
この掲示板のみなさんの話を読むと、米国で問題にならなかったらほったらかしだったのかも。。。。
 私は、昨年有名になった米国での事故、レクサスのアクセルが戻らなくて激突して亡くなった事故は、エンジンキーをボタンに変えてしまったからだと思っています。 物理的にキーを回してエンジンをとめることが出来たとしたら助かっていたはず。 ボタンだと電気的な回路によるもので所謂スイッチに過ぎないので、電気回路自体がおかしくなっていたとしたらエンジンをとめる術はなくなってしまう。
 機械は壊れるもの、ましてや電気回路やコンピュータは絶対にこわれます。そしてソフトウェアには必ずBUGがあります。 更に、厳密に言えばBUGではありませんが(仕様です!www)、想定外の事態になると仕様に書かれていないことはコンピュータは対応してくれません。
 また、ネット上で言われていることの一つに、トヨタのドライブバイワイヤのクルマは、アクセルとブレーキが両方押されたらブレーキの方を自動的に緩めるというロジックになっていると。。。。。マジですか????(要確認です)
 壊れても、想定外のことが起きても、最悪は「とまる」という最後のFAIL SAFEすら今のトヨタ車には無いのでしょうか。
 

クルマ整備 覚え 排気警告表示

クルマ整備覚え
2010/1/30 排気警告ランプ点灯
2010/2/1 排気警告ランプ消灯
昨年一度点灯したことがありその時は行きつけの整備店に行ってみてもらった。 その時点では異常は見られず、「酸素濃度センサー」が異常な数値を感知したのだろう」ということだった。 一度感知すると元に戻らないとのことだった。
今回も、そうではないかと思っていたら、翌々日になっていつの間にか消えていた。 なんだったんだろう?

エンジン警告ランプ

 昨日の記事で、私の愛車は故障が少ない良い子です! というように書いたのですが、今朝、通勤途中で「エンジン警告ランプ」が点灯してしまいました! 細い抜け道で大渋滞中だったので「ここでエンコしたら大迷惑!」と焦りまくりでしたが、エンジンは止まることなく会社に到着。 昨日の今日なので、なんてお茶目な愛車君なんでしょうか!と 笑っちゃいますが、昨日の記事は、あの有名な「フラグ」というものなんでしょうかorz  実は昨日 あの記事を書いているときに チラッとこういうオチになるのではと思ってしまったのは内緒のはずが、愛車君にはお見通しだったようで。。
 
 エンジンそのものには異常がないような感じですが、日曜日に行ったリコール対策工事が原因かもしれないので、今日は定時で仕事を切り上げていつもの自動車屋さんに持っていきます。
追記/クルマ屋さんで見てもらいました。 警告ランプをリセットしたら大丈夫でした。

リコール

リコール
 H16年から乗っているクルマがリコール対象になったという葉書がディラーから来ました。 初リコールです! 燃料ポンプというヤバイ部品だったので仕方なくリコールしたのでしょう。 早速、行きつけの自動車屋(ディーラーではありません)さんにお願いして日曜日(13日)に対策工事をしてもらいました。
 6年目で52,600km。 つい最近、パワステオイル漏れを修理したばかりですが、逆にこれぐらいしか大きな問題はありませんでした。まぁまぁ良い個体に巡り会えたのだと思っています。 これからいろんな箇所の問題が発生していくと思いますが、問題は早め早めに対処して一年でも長く乗りたいと思っています。 あまりEcoなクルマではないのですが、以前にも書きましたが、ハイブリッドに買い換えるよりもこのまま乗り続けた方が地球的にはエコだと思っていますしね。 なによりも大好きな個体ですからもぅクルマをやめるまで連れ添うつもりです。
 

お勧め 放浪日記

イマイくんの野宿放浪日記
日本一周自転車の旅日記なんですが、これほどまでに気負いが無く淡々と書いてある日記も珍しいです。 淡々と書いてあるので余計に面白さが際立っています。
みなさんも是非読んでみてくださいね。 物凄い量ですけど。。。
私の日記なんぞ、気負いが90%で中身がないというのがほとんどなので 反省することしきりです。
まずは中身ですよね?

少し遅れた紅葉狩り

今日、石山寺へ紅葉を見に行ってきました。
色が落ちて黄色くなってしまった木や既に落ち葉となって丸裸の木もたくさんあり、少しタイミングが遅かったようです。
 ただ、赤い絨毯となった小道もまた風情があって良いものです。 もちろん、まだ赤々とした紅葉を見せている木もいくつかありましたし、秋を堪能してきました。
 石山寺は 気の出るパワースポットとしても有名で、一時間程境内にいたのですが、良い気をたくさんもらってような気がします(まさに気か。。。)
 更に、今日は本堂にて 本尊如意輪観世音菩薩(秘仏)のみてら 内陣特別拝観 というのをやっていて、300円払うと 如意輪観世音菩薩(本尊ですが、秘仏として一般公開は33年毎になっている)の胎内にあったという4つの小さな仏像を拝観できるという。 早速300円を払って、普段は入れない本堂の中ヘ入り拝観してきました。4体ともに30cm程度の小さなものでしたが、表情などとても柔らかでとても良い感じでした。 
 帰りに、匂い袋を買ってクルマの中に置いておきました。 しばらくのあいだ、石山寺本堂の香りと共に運転します♪ 

タグ :

湊川神社

5月10日(土) 神戸の漢方医に行ったついでに 神戸駅前にある 湊川神社にいってまいりました。
雨が降っていたにもかかわらず とても良さそうな霊気に満ち溢れていてたくさん元気を頂いた気がします。
Websiteを見ると結構お金に敏感な神社みたいな印象ですが、境内はとても気持ちよかったです。

厚木で宿泊したビジネスホテル アーベントホテル

2007年12月30日に厚木で一泊してきました。
アーベントホテル厚木です。
あーべんと って r-bend っていう綴りなんですね?
 15時頃栗東ICから名神に乗って翌日千葉県の市原でサッカー観戦するという日程だったので、どこか途中で宿泊する計画にして、なんとなく厚木ぐらいがいいんじゃないかということでネットで調べて見つけました。
 このホテルの売りは、websiteによると。
?安全
  関東大震災クラスでも安心。建築基準の倍(100カイン)の衝撃を受け流す大型免震装置。
  フロントは24時間体制。お部屋はオートロック。お客様の就寝中の安全をお守りします。
?清潔
  全室バス・トイレ付。トイレにはシャワートイレ(ウォシュレット)を完備。
  禁煙フロアを4フロア44ルームご用意。(要予約)
?快適
  世界的一流メーカー、シモンズ製ダブルベッドをシングル全客室に完備。
  全客室、個別冷暖房。
だそうで、特に免震構造というのが気に入って決めました。 それと、ウォシュレットは私の場合必須なのでその部分でも合格です。 
 宿泊料金も安くて、シングル一泊6,800円でした。
 実際に宿泊した感想は、
 ・清潔感はあった。
 ・全体的に狭いが仕方ないかな というレベルで私は気にならなかった。
 ・ベッドの堅さはこのクラスではかんり良いレベル。腰痛持ちには嬉しい。
 総合的にはまぁまぁ良かったと思います。
 東京方面に行く途中に宿泊するときには今後も候補に入れておこう。
 東名厚木ICから車で10分。 電車では本厚木えきから徒歩数分のようです。
 
 ただ、場所はわかりにくい。。。。私は周辺をグルグル車で回ってやっとみつけました。 周辺は繁華街なのでそこをノロノロと通るのはちょっといやな感じだった。。。
 あと駐車場は有料で一晩1000円(要予約)だった。 駐車場というのはホテルの玄関前のスペースで、5台分ぐらいしかなかった。 繁華街なのですぐ近くに100円Pがたくさんあったのでまぁそれでも良いかも。