カテゴリー: 滋賀県

滋賀県の良いところ

琵琶湖湖岸緑地

琵琶湖湖岸緑地

琵琶湖の湖岸というと近江舞子などの湖西の方が有名ですが、東側もお手軽に琵琶湖湖岸をマッタリと楽しめる場所があります。(クルマは必須です)

 

湖西は、道が実質一本(国道161号線)しかなく、鉄道もJR湖西線の一本だけで、夏場など観光シーズンの渋滞はかなり酷いもので、京都東インターの降り口から延々と渋滞するというのが毎年の風物詩となっています。

 

今回紹介する東側の「湖岸緑地」は(東とは言っても琵琶湖全体で見ると南端と言っても良いかもしれません)、湖岸道路へのアクセス経路が無数にあり(これは言い過ぎか、、、)、渋滞してもそれほど酷くはなりません。滋賀県の穴場とも言えるのではないでしょうか。

 

湖岸緑地の位置。

琵琶湖岸緑地マップ

 

子供が小さい頃は毎週のように遊びに行っていました。 朝8時に家を出て8:15には到着していて、ほとんど人の無い湖岸の広場でのんびりと過ごすというのが定番でした。

 

この湖岸緑地の良いところは、

・駐車場・トイレが整備されていること。

・湖岸道路沿いに何カ所か点在していて飽きない。(写真はマップに表示の場所)

・湖岸道路は違法駐車がまず無理な構造で且つほとんど脇道もなく、湖岸緑地に入るには併設している駐車場にとめるしかないのですが、その駐車場のキャパ以上に人が入ってこない。 要するに、ハイシーズン中でも朝早く来て駐車場に入れてしまえば、広場自体はそんなに混まない=ゆっくりできる。

・遊具や自動販売機が無く、ただただ湖岸でのんびりするだけ というシンプルさ。

・バーベキューは昔は禁止でしたが、最近では禁止の看板をみかけません(要確認です) 禁止の時もみなさんやってましたけど、、、

・駐車料金も入場料金もゼロです。

・湖岸道路自体が景色が良くドライブするだけでも楽しいです。

春とか秋に来ると本当に気持ちが良い場所です。

 

逆に注意点は、

・湖岸緑地では泳げません。(砂浜ではない)

東側で泳ぎたかったら、琵琶湖大橋の先まで行く必要があります。地図上の湖岸緑地からは湖岸道路で渋滞なしで30分ほど。

・お店も自動販売機もありません。 お弁当を持っていきましょう。

・広場自体はそんなに広くはありません。ただ、湖が眼前に広がっているので開放感はあります。

・日陰になるところがほとんど無いため暑さ対策は万全に。パラソルとかを持ち込む人もたくさんいます。

私はモスのドライブスルーでハンバーガーを買って湖岸で朝食というのをよくやっていました。

 

<アクセス>

他府県から行く場合は、大津、瀬田東・瀬田西のICが近そうですが、恐らく降りてからが結構混雑するので、草津田上で降りていくのが良いのではないかと思います(実際の交通状況を確認してくださいね) どちらにせよ、遅くとも朝9:30に駐車場に入らないと駐車場難民となって湖岸道路を彷徨うハメになります。出来れば9時前には到着しておきたいところです。←ココ重要です。

 

こちらは、湖岸道路のyoutube動画の記事 です。

 

タグ :

台風対策

2015/7/12(日)  今日は珍しく日曜日出勤だったのですが、なんとか14:30に終了させて、帰り道、畑に直行。

収穫もせず、草むしりもせず、なにをやったかと言うと、

「台風対策」です。

台風11号がどうやら今週末には日本列島へ。

Typ 0

国際気象海洋㈱より

その前には9号も日本海を通過するので風は強くなるのかも。

 

ということで、風対策として、

ミニトマト、トウモロコシ(生き延びている方)、茄子について棒を追加して補強しました。

写真はありませんが、これで倒れたら仕方無し。

水をあおりながら汗だくで40分間。

ミニトマトの周囲は棒だらけですw

あと心配なのは葉っぱが巨大化している里芋ですが、里芋は回復力が半端ないので倒れても大丈夫らしいです。

本日は、40分で畑仕事はおしまい!

 

 

 

 

 

タグ :

叶匠壽庵 寿長生の郷

都忘れ

滋賀県の和菓子屋さんの 叶匠壽庵 (かのうしょうじゅあん)の寿長生の郷(すないのさと)で牡丹が満開と聞いて行ってきました。

寿長生の郷というのは、ホームページから抜粋すると、

—→ 引用開始

滋賀県大津市大石龍門。
琵琶湖から唯一流れ出る瀬田川のほとり、六万三千坪の丘陵地に寿長生の郷があります。

私たちはここに梅や柚子などを植え、農工一体の菓子づくりを目指す理想を求めています。
郷では自然の谷川を利用し、山林の部分はそのままに散歩道をめぐらせ、数百種類の野の花が咲く姿は訪れる人々を楽しませてくれます。

←— 引用終わり

お菓子に使う梅やユズを自分で育ててそれを素材として使うという経営方針のもとで作られた場所です。

里山をベースに作られた自然豊な場所で、とても落ち着いた雰囲気のある穴場です。

牡丹園は全体的にはしょぼかったですが、自然の林の中の新緑は、それはそれは素晴らしいものでした。 最初の写真は、都忘れという可憐な花の群生です。林の中の影の多い場所に育つ花ということで都忘れという名前がついたのでしょうか。

もちろん、牡丹も一つ一つはとても奇麗に咲いていました。牡丹の専門家が見たらきっと凄いんだろうねと相方と話していました。

牡丹寿長生の郷の牡丹2015

牡丹寿長生の郷の牡丹2015

寿長生の郷 お迎え処
寿長生の郷 お迎え処の室内

滋賀県はこういう「内野安打」みたいな場所が街のすぐ近くにあるので魅力的なところだと思います。

ロクハ公園で桜狩り

紅葉は 紅葉狩り
桜は  花見

雨が続く毎日ですが、昨日の午前中は束の間の晴れ間。

近くのロクハ公園という公共の公園で桜狩り。

DSC00032

子供が小さい頃は、朝にサッカーをしてその後朝マックとか、毎週のように来ていた公園。

夏にはプールもあって、芝生で家族で弁当を拡げるという、とりあえず小さな子供と一緒に遊びにいける便利な場所。

桜の名所はどこも人が溢れていますが、ここは広い敷地内には数えるほどしか人がいない、まさにガラガラ。

雨上がりの澄んだ空気と、春の花の香りと、水の恵みで生き生きとした植物の姿に囲まれていい気分です。

今年の花見はこれにて完。