カテゴリー: 9. 京都

願掛けについて

みなさん、初詣に行かれましたでしょうか。私は転居後の新しい氏神様にお参りしてきました。日頃の感謝の気持ちをお伝えして家内安全の願掛けをしてきました。 家内安全のほかにも商売繁昌、試験合格、良縁祈願、お金儲け等々いろいろな願掛けがあると思います。そしてそれぞれの願掛けに対応する神社に参拝しに行くのでしょう。 私個人的には、神社の神様には実際には願掛けを成就させる力は無いのだろうと思っていますが、それでも人々が参拝するのは、参拝することによって自分自身への再確認が出来るからだと思っています。 年明けに心新たに、今年はこうしよう、今年の目標は、、、と決めて、それを神様にご報告することによって、ちょっとやそっとでは諦めない気持ちが生まれ、その結果物事が良い方向に進んでいくのではないかと思います。また、感謝の気持ちを伝えることで、謙虚な気持ちになり周囲との関係も良くなる。全部自分自身の気持ちの問題ですが、神様に触媒のような役割をしてもらって、「自分の気持ち」と「目標」を化学反応させることによって物事を前に進めていくということかなと思います。 そういう意味では、単に「お金持ちになれますように」とか「世界が平和に、、」とかの願掛けは本当の意味での願掛けにすぎず、これは神様の力が試される部類のもので、これについては懐疑的です。 とにかく、自分の気持ちを神様に伝えて再確認して気持ちを強くするという効果はありますのでこれからもお参りは続けていきます。 写真は、京都の御金神社の初詣の列。

とおる蕎麦 なめらかな10割蕎麦

京都の二条東洞院にひっそりと営業している蕎麦屋があります。 とおる蕎麦 10割蕎麦中心のメニュー11時半から15時までしか営業していません。マスターに聞いてみると、朝3時から仕込みをしているので15時までが限界とのこと。 そんな職人気質のマスターが作る蕎麦は10割にもかかわらずとても滑らかな食感のとても香り高き蕎麦なのです。

 

私のお勧めは、このおろし蕎麦、おろしは「からくち」か普通のやつかを選べます。からくちがとても美味しかった。小が800円ですが、普通の蕎麦屋の普通盛りより少し多い感じ。大は本当に大で、若くない人は絶対に持て余します。

 

やまかけもとても美味しい!  自家製漬物は、浅漬けで素材の味が生かしてあってこれも好みでした。 10割蕎麦を出す蕎麦屋でありがちなのは量がとても少ないこと。ところがとおる蕎麦は、普通の蕎麦屋よりも多目の量で10割蕎麦がいただけます。また、値段もかなりお安く本当にこの値段で良いの?とおもうくらいのコストパフォーマンスです。

お店の雰囲気もとても素晴らしく幸せな気分で蕎麦を楽しめます。

カウンター席しかありませんが、一枚板のカウンターは広々としていて落ち着きます。 二人で行くのが一番この店に合っているような気がします。 もちろんお一人でも!!

客席から外を見るとこんな感じ。 席待ち用の椅子がいくつかあり、室内に長い砂利敷きの小道があります。 もっとたくさん席が作れるはずなのにカウンターだけという贅沢な造り。 おそらく、これ以上席を増やすとマスターの思う品質を作り込むことが出来ないからそうしているのだと思います。

京都にいらした時には是非ご賞味ください。 すぐ近くに有名な蕎麦屋 尾張屋さんがありますが、蕎麦だけならとおる蕎麦も負けてはいません。

タグ :

御金神社

京都に御金神社といういかにもお金儲けに御利益がありそうな神社があります。

金山彦神を祭る神社。

金山彦神は金属の技工を守護する神様とのことですが、今ではすっかり「お金儲け」の神様として有名になって、初詣の期間は言うに及ばず一年中参拝者が後をたちません。

初詣の長い行列

金色の鳥居

小さな神社なので初詣の時期には道に長い行列が出来ますが、今年は特に列が長かったという話も聞きます。 仮想通貨とか株とか、昨年からバブルっている世界がありますので、世の中全体がお金と一緒に踊り出しているのかもしれません。今年一杯くらいは踊り狂って来年は、、、、

どちらにせよ、この神社のオーナーの人間サマが一番のご利益を受けているのは間違いありません。

街の新陳代謝

京都三条室町交差点にあるビルはかなり古い建物でテナントは一つもはいっていない。三条通りは観光客も多く賑やかな通りだが、この建物の寂れ感がとても良い味を出している。

地方都市の廃墟商店街は全体が寂れていて、それはそれで別の意味で心を揺さぶられる何かがあるが、三条通りのこの建物は建物単独で独特の雰囲気を醸し出している。

このまま放置されることも無いだろうから(だって固定資産税がきっとスゴイ高額)

数年先にはきっとお洒落な建物が建設されてまたこの交差点の雰囲気も違ったものになることでしょう。

タグ :

イル ポッツォ 京都 烏丸のとても落ち着くイタリアン

京都中京区 三条西洞院下がる にあるとても落ち着くイタリアンレストラン Il Pozzio

地下鉄「烏丸御池駅」から徒歩7-8分の場所にあります。 地下鉄を降りて三条通りを西に歩いていくと右側に京都信用金庫があり、それを通り過ぎて一つ目の十字路(西洞院通)を南に向かって30mぐらいで到着です。

京都イルポッツォ

京町家をリフォームした雰囲気のあるお店です。 とても静かです。

窓側には、掘りごたつになっているテーブル席があって、この一角だけで15名ぐらいの会食ができそうです。

入り口から客席を望む

奥にはカウンターと二人席、4人席がいくつかあり、二階にもお席があるような。。そして、奥には中庭があってその前にトイレがあります。

もともととても良い感じの町家だったみたいで、そこにいるだけでとても落ち着きます。 おそらく客席のレイアウトがよく考えられているのだと思います。

客層も落ち着いた方が多いような気がします。

さて、本日はランチをいただきました。いつもの1,800円のコースを頂きます。

このメニューは、この辺りのお店の中でもコストパフォーマンスはかなり高めです。前菜がとても美味しいですね。パスタもGood!! デザートでも楽しませてくれます。

前菜です

前菜

パスタいろいろ

食後のコーヒーが「普通」なのだけが残念ですが、作り込むところはしっかりと作り込んで、そうでないところはうまく市販品を取り混ぜているという感じですが、市販品も良いものを使っていてとても好感が持てます。

相方とランチに行く時は、相方はこのお店をファーストセレクトしてきますね。

是非、一度ご賞味あれ!!!

タグ :

Bistro Chez Momo ランチ

京都のランチ第二弾。 ビストロ シェモモ

お店の紹介文より、

「中京区の三条商店街からちょっとはずれた場所にある家庭的なフレンチのお店。自家製にこだわった食材を使用し、お箸でも食べられる気取らない空間の隠れ家的ビストロです。」

今回は、ランチを食べてきました。

秋の土曜日の12時過ぎ、三条商店街の人気店は長蛇の列でしたが、ちょっと外れたところにあるここは、行列なく、待ち時間なしで入れました。テーブル席が6つとカウンターの小さなお店ですので、それでもほとんどの席が埋まっていましたけどね。 予約を入れておいた方が安心ですね。

お客様も若い女性お一人様や、小さな女の子を連れた若い夫婦、中年より少し若い感じの男女4名と多彩?な感じ。

カウンターの中では中堅って感じのシェフが一人でテキパキト対応されています。店内の音楽は控えめに鳴っていて私がいた時はCrusadersがかかっていました。

ランチは、1,000円と1,500円と2,400円のセットがあって、1,000円と2,400円のものを注文しました。

絶対に1,000円セットが超お得です。スープ、パスタ、パン、デザート、コーヒーですから。1,500円のセットにはそれプラス一品が付きますのでこれもお得です。

2,400円のセットは、1,300〜1,500円ぐらいの単品を二つ(毎日選べるものが変わるようです)とパン、デザート、コーヒーです。

お味は、なかなかの美味でありました。量は少なめです。小さな子供連れのご夫婦は1,000円ランチとあと2品を追加注文されていました。このやり方は賢いと思います。 パンはあまり特徴がなく、バターやオリーブオイルは無しでしたのでここは減点ポイントです。 頼めば出してくれたかもしれません。 バイトの若い男の子の接客が「わかっていなくて」残念でしたが、まぁ若いし許したる!

2,400円コースで選んだのは、子羊のラーメン!!!! フレンチでラーメンですよ!!!!

出てきたのはこちら。

パスタ風ラーメン、ラーメン風パスタ?? 味は東南アジア系で、担々麺に似た感じでしたが、スープがとても美味しくて舐めるように完食してしまいました。

1000セットのパスタはこちら、

パーティや飲み放題のメニューもあって、大勢で会食するのに良いお店かもしれません。

タグ :

Cao Cafe

京都市中京区三条烏丸から西へ400mほど進んだ場所(三条通り沿い)にあるカフェ。場所を細かく言うと三条新町西入る です。

京都で場所を表現するのによく使うやり方で、東西の道と南北の道を並べてその交差点からどっちへ行くかという表現方法です。三条新町というのは、東西が三条通りで南北が新町通り、西入る(にしいる)とはその交差点を西にすすんだところという意味です。ややこしいのは、なんぼくと東西のどちらを先に言うのかが結構区々なことです。四条大宮は東西南北、烏丸御池は南北東西なんですよね~。ちなみに交差点を北に進むときは 上る(あがる) 南に進むときは(下がる)です。タクシーに乗った時も住所よりもこの表現の方が通りやすいですね。

もとに戻します。

入り口が和風の小さなお庭のようになっていて、外から大きなカウンターが見えてそこに楽しそうに座っている人たちが見えるのでなかなか入り難い、ちょっと敷居が高そうに見えますがお店の方も店内の雰囲気もそんなことはまったくなくとても良い感じのお店です。

奥にも席が。

地下鉄烏丸御池駅から徒歩5分。

土日はランチタイムあり、夜中(午前1時)まで開いている使いやすいお店。

ランチ ごはんプレート

コーヒーがとても美味しかったので好印象。ランチもこの周辺ではリーズナブルな値段で素材にこだわった(と思われる)まずまずの料理が頂けます。

焼き菓子150円も美味しい!

夜に二次会以降でBarとして使うのもお勧め、というか夜はそんな方々が多いです。

逆に、嬉しいのは、深夜にノンアルコールで軽食を食べたい時にパスタやピザ、オムライスなどが昼夜均一料金で頼めることです。 23時を過ぎると牛丼屋ぐらいしか開いてませんものね。 スタジオで夜遅くまで練習した後にふらりと寄ってアイスコーヒーだけで一息できるようなお店です。

これは深夜に頂いたオムライス、デミグラスソースが旨い!