カテゴリー: d.自分のこと

種芋の植え付け

今日は じゃがいもの植え付けを行いました。
びわこ基地 Farm Station / じゃがいもの植え付け

Twitter初心者がTwitterを語る

Twitterをとりあえず使ってみました。
私のTwitterアカウントのutlは、http://twitter.com/dotchys です。 URLをブラウザで読むと私のつぶやきを読みことが出来ますのでお暇な方は読んでやってくださいませ。また、twitterをやっていらしっしゃる方はfollowして頂けたら嬉しいです。 英語以外の読めない外国語でのfollow以外は全てのfollowに対してリフォローいたします。
さて、本題ですが、
twitterを開始して3週間経過しました。

80ツイート
現在Follow 290
Follower 250  です。

感想

 ポジティプシンキング教団 Twitter支部
 の様相。
 
 何故あれほどまでにポジティブなコメント(ツイート)が多いのでしょうか。
 ひねくれ者の私は、人生たまにはネガらないと面白くないのに と思ってしまいます。 
 
 「あまりポジティブに物事を主張する人は信用できない」という私の人生訓にひっかかるツイートもいくつかお見受けします。 人生にしても、社会にしても、陰陽(ネガポジ)表裏一体ですからね。 たまに、現実社会ではよくある「ネガリ気味の普通のつぶやき」を読むとホッとしたりします。
 
 もちろん普通の感覚のツイートの方が多いのでtwitter全体という意味ではないのですが、目立ちますからね。
 
 それ以外では、使い方次第では、「拡散ツール」「情報収集ツール」としては潜在能力が高いと思いました。
 
 まずは「拡散ツール」ですが、みなさん、こんな風に使っていらっしゃいます。

 blogを更新 → 要約をリンク付きでツイート
 youtubeやmyspaceに作品を公開 → 要約をリンク付きでツイート
 
 もっと先を行く人は、
 
 生中継を準備 → リンク付きでツイート

 
 ツイートするとfollowerにはとりあえず一瞬だけでも伝わるので、blogでコメントリンクなんてしているよりよっぽど効果がありそう。
 
 ただし、今の私のfollower数250程度では全然効果はなくて、最低10,000以上は必要だろうなと感じます。
 
 10,000のfollowerがいれば、10人に一人がそのツイートを見たとして、1,000人が見る。 その千人のうち1%がリンクまで見てくれると10人が見てくれる。 そのまた、10%の人が 共感してくれるとすると1人の共感者をGET出来る ということです。 共感してくれる人が1%だとしても10回ツイートすれば1人の共感者をGet出来るのでやはり凄いことです。 もちろん、コンテンツの内容次第というのが一番大事なことではありますが。。。 
 
 follower数が1万を超えている人がたくさんいますが、たぶん同じような計算をしているのだろうなと思います。
 
 逆に、follower数が少ない状態では あまり「拡散ツール」としての効果は期待できません。
 
 現在、followerの数は勝手にどんどん増えていっています。 一日に20ぐらい増えていっています。 followされましたというメールがうるさいくらい到着します。基本的には 全てのfollowerに対してはfollowを返していますのでfollower数もfollow数も今後もどんどん伸びていくと思います。 多分一月当たり500?1,000の伸びとして、一年で一万を超えていくのでしょうか。 それとも、どこかでストップするのでしょうか。 興味深いところです。
 
 次に「情報収集ツール」としての使い方ですが、
 
 例えば、音楽やサッカーに関する プロフェショナルな方々や同じような趣味・嗜好・境遇の方々をfollowすることによって、新鮮な情報が自動的にタイムラインに表示されますのでとても重宝します。 それらの情報は、恐らく、知らなければ知らないで特に問題は無いようなことだとは思いますが、自分の興味のある分野での新しい情報やお役たち情報は、自分の背中を押してくれる効果があります。 これについては予想以上に効果を感じています。 いままででしたら VocalやJazz Pianoの練習もサボリ気味でしたが、twitterを始めてからは 何故かきちんと練習するようになりました!
 
 細かいところでは、Jリーグのツイートをfollowしているのですが、試合の途中経過や結果がすぐにわかるので大変重宝しています。 まぁ結果が一時間早くわかって何になるん? と言われれば答えに窮してしまうレベルなんですが、とにかく「早くわかる」というだけで 結構「心に余裕が出来る」というのがわかりました。
 
 twitterの感想として、「ポジティプシンキング教団 Twitter支部」 の様相 と書きましたが、twitterの存在自体が「positive思考」と抜群に相性が良いのかも知れません。 というか、ネガってしまっている人間にとっては、新しい情報がガンガン送られてくる環境というのは耐えられないと思うので必然的にtwitterを使いません。 よって、twitterを使っている人は ポジティブシンキングな人だけになってしまう ということなのかな。 
 
 そう考えると、「拡散ツール」としては、ポジティブな人への拡散は可能ですが、元々性格的にネガリがちな方やたまたまネガっている人には届かない可能性が高いということですね。 やはり万能ではないということなんでしょうか。 少なくとも、twitterがカバーしているのは限られた層であるということを認識して使っていかないといけませんね。 
 
 いろいろと書きましたが、twitterは「何か行動をおこしている人、おこそうとしている人」にとっては非常にプラスになるツールですね。 別の記事に書いている「第4世代ミュージシャンの生業」においても 徹底的に活用すべきツールだと感じています。 これからどんどん使い込んでいって、活用方法についてよく考えてみたいと思います。
 
 巷でtwitterの凄いところとしてよく例に挙げられる 「出張先の昼食に △○が食べたい とつぶやいたら 誰かがおいしい店を紹介してくれた」 みたいなことは、まだまだ私のツイッター歴では到達できない境地ですね。 これはまったく別の切り口なのかも知れません。 汎用的なツールなので活用の切り口は無限にあるとも言えますし、twitterの奥の深さを感じます。
 
 とりあえず、今回の記事は、「超初心者が感じたtwitter」 ということで、使い込んでいくうちに また違った感想になっていくはずです。 
 
 今現在でもタイムラインを眺めているだけで面白いので「2chを見る時間が激減したww」という事実はお伝えしないといけません。
 

ダメ男

ある調査によると、
※女性からみた男のダメ姿ランキング トップ10
1位・飲食店などで、店員に偉そうにする(態度がでかい)
2位・割り勘で10円台まできっちり請求してくる
3位・蛾やゴキブリが出現したときに大騒ぎする
4位・食後に爪楊枝で思いっきり歯の掃除をする
5位・オフィスの机の上がフィギュアだらけ
6位・下着代わりの柄モノTシャツが、ワイシャツの下から透けている
7位・車の駐車が下手
8位・職場ではスーツ姿が決まっているのに、私服がイマイチ
9位・電車の中で携帯ゲームに夢中になっている
10位・おしぼりで顔を拭く
えっと、太字は私ですwwww  2位のワリカンについても、常にではないですが、この場はワリカン と決めたら10円単位などと甘いことは言わず一円単位で計算します。
要するに、半分当てはまるw
かなりのダメ男であることが判明した。

あけましておめでとうございます

遅くなりましたが あけましておめでとうございます。 本年も PianoStyle をよろしくお願いいたします。
年末年始は野洲高校の全国高校サッカー選手権の応援で埼玉の実家に帰っていましたが、残念ながら野洲高校は1月2日に行われた2回戦で 茨城代表の鹿島学園に2:3で敗戦してしまいました。 うーーーん残念! 2008年のチームはかなり強かったんですが、時の運というのもありますし、鹿島学園は今のところベスト4に残っていますから もともとかなり力のあるチームだったみたいで、まぁ仕方がないです。 鹿島学園ガンバレ!!
それで、4日に帰ってきて5日から出勤ということで結構バタバタした年末年始でした。
今年最初の記事なので、今年の抱負などを書くのが普通なのでしょうけど、実は今年はいまいち頭が整理できていないんです。とりあえず健康第一で頑張っていきたいと思いますので この一年 楽しくお付き合いのほどよろしくお願いいたします♪

2008年終了

 あと3時間で2008年が終了します。
 このblog、そしてピアノのサイトをご覧いただきました皆様 本当にありがとうございました。 来年が皆様にとって素晴らしい一年になりますように!!!!

「雨の日と月曜日は」

以下の記事は2005年7月にUpしたものの再掲載です。
—————————————————————————–
「雨の日と月曜日は」
 最近、雨が降っていません(嘘です 降りまくりです)。 というか、「雨」を意識して生活していないのです。  雨を意識せず生活する.. 改めて考えると、つまらない生活ですね。
 小学生の頃、日曜日に雨が降って、ひとりで留守番しているとき、ザーッという遠くの雨音とポタポタ..トントン?という近くの雨音、そして時々聞こえる車が雨の中を通っていく音、何故か表を通る人の足音まで聞こえていたような...が織り成すシンフォニーを聞きながら、薄暗い部屋の中で、ボッーっとしていたことをよく思い出します。
 「今、降ってきて地上に届かんとしている雨粒はいったい何個あるのだろうか....」など、実際、目で見えているのに神様にしかわからない「設問」の存在を意識させてくれた「雨」。 
 シトシト降る雨はとてもやさしい。 メランコリーという言葉がぴったりとハマります。
 静かな部屋で、静かな環境の中で、小さな雨音のシャワーを存分に浴びること。 これは、今の生活環境では実現困難なことになってしまいました。 どこにいってもザワザワとした雰囲気。。。 自分の部屋ではインターネットや音楽で気もソゾロ。。。 それとも、これは自分だけで、他の人には聞こえていているのだろうか、私だけ聞こえないのかな? ただ単に、年齢的な問題で、私の息子たちには、ちゃんと聞こえているのだろうか? 
 雨音がちゃんと聞こえる自分を取り戻さないとマズイかなと思いつつも日常に流されていく軟弱な人間がここにいます。 雨音が聴きたいなんて言うと、今の世の中、「雨音聞いてナンボになるんじゃぃ!ボケ!」と一喝されてしまいそうですが、でも もう一度静かぁ?な場所で、心静かに雨音を聞きたいなぁ。。 と思ってやまない今日この頃です。

昔のミッキーマウスに思ふ

大津パルコで、昔(戦前?昭和30年頃まで)のおもちゃの展示会みたいなイベントをやっていたので 覗いてきました。

  昔のミッキー君の人形が展示されていました。 なかなかリアル=ねずみそのもの な顔つきですね。

  私は、40代ですが、昭和30年代(小学校入学まで)というのは、このミッキー君のような香りがしていたような気がします。

  手作りで「個」を大切にしていた時代。 最新の電車だって最高時速60Km/hで走っていた時代。

  近所を走っていた 西武新宿線なんかは、各駅停車なんて時速40キロしか出ていませんでしたよ。

  この辺りの時代が、全てにおいて、人間の個体能力の限界だったのかなと思います。 

でも なんだかんだ言って この時代に そっくりそのまま戻りたいとは思いませんよ。

  悪いところは すっかり忘れているものです。 良いことしか憶えていないにきまっています。

  120km/hで爆走するJR西日本の新快速に こぇぇぇぇ と冷や汗流しながらのって、身勝手で軽薄なマスコミのことはなるべく考えないようにして(腹が立って健康に悪いし)、新幹線に、「東海地震が来たらおしまいだなぁ」 と思いながら乗ってしまいます。

  そんな心配ごとばかりの現代ですが、今の時代の方が 昔にくらべて 格段にモラルの良い世の中だと思います。
 
  昔の方が、人間が出来ていたなどというのは 老人の戯言であって大嘘です。
  昔は、

   権力者は 今の時代より格段に しかも 理不尽に一般大衆に君臨していた。賄賂や抜け道は当たり前の社会だった。
   
   子供の いじめは 今よりも もっと陰湿でした。
   貧富の差が烈しく、最貧民の人たちは 虫けら同然でした。
   重い病気は治らないものでした。 
   昭和20年代までは 人身売買すら行われていたという。。。
   とにかく 今よりもずっと 理不尽 な世の中でした。
  
  ただ、時間の流れは とても気持ちよかったに違いない。。。。 夢があったしね。

  昭和38年頃、当時宮崎の田舎で幼稚園児だった私。 毎日毎日虫取りで走り回っていました。

  夕方になると、豆腐屋さんが自転車で回ってきて、ピープ? という独特の笛というかラッパを吹いて近づいてきます。

  それを合図に一目散に 家に帰ると、白黒TVで、相撲中継をやっていて、千秋楽の拍子木のカーーンカンという音と、行事のうなり声が聞こえていた。 それが毎日毎日繰り返されて 一年が過ぎていく。 そんな感じでした。 
 
  僕らは これからどうしていけばいいのか 技術革新は元に戻せないけれど、時間の概念は少し後戻りしてもいいんじゃないかと思う。 ただ、そのためには、経済的にかなりのダメージを負うことを求められます。

 JRの事故も最新ATSを装備したらそれでOK、JR西日本が改心したらそれでOK、日勤教育をやめたらそれでOK(これはやり方の問題であって、これをやめてしまったらもっとひどいことになります) という代物ではありません。 私は、時間の尺度を昔ののんびりした時代の頃に戻したいと切に願います。 ただ、これは所詮叶わぬ願いでしょう。 ならば、自分で危険予知をして自分でコントロールすることが必要になってきます。

 大変な時代になってきました。

年末がきました

 本日、会社は今年最後の出業日。 でも、一昔前みたいに、特別な日ではなくなりましたね。 皆ふつーに仕事をして普通に帰っていく。 少し違うのは、退社時の挨拶に「良いお年を?」が追加されるぐらいかな。
 
 そんな昼休みに、ぼっーと考え事をして、今年自分として何をやったんかいなぁ と考えています。 

  1月 バンドをやめた。  Jazz理論を習いに行きはじめた。  ジャムセッションを一回だけやった。

  2月 Next Musicに投稿開始  改名 どっちぃ→Mono_Rainへ

  3月 滋賀の地酒「琵琶の長寿」初体験。 以後お気に入り。 

  4月 なにもなかった

  5月 Websiteを infoseek blog(Movable Type) に変えた。 「言霊」がネットラジオに流れた。

  6月 Lamp立ち上げ but 結局年末迄何も出来ずに終わる

  7月 都雅都雅 にお付き合いでライブに出た

  8月 「言霊」がFlashのBGMに採用され、Flash文芸祭に出展された。

  9月 クルマを替えた BlogをXoopsに変えた 息子のピアノ発表会で息子とBluesの連弾を弾いた

 10月 有馬温泉に小旅行

 11月 久々の友人45歳!の結婚式

 12月 BlogをMovabletype3.12に変えた  初めて作詞をした。

 聴きに行ったライブ 6回

 なかなか思い出せません。。。。 

  あまり実り多い年ではなかったような気がしますが、なにか、来年に向けての準備は整えたのかなと思います。 来年はハッピーに飛躍できたらいいのになぁ。。。 来年は、また、周りの人も巻き込んで楽しいことを連発したいなと思います。