カテゴリー: g. ネット

Au + iphone4S から MVNO( IIJmio ) + Zenfone2 laser に変えた話

2016/6/19 投稿
Au + iphone4S から MVNO  + Zenfone2 laser に変えた話

 

4年間Au + iphone4S という組み合わせでスマホを使ってきました。

iphone4Sは3G回線しか掴めないので通信速度は遅いですが、SNSとメール、メッセンジャとあとは、たまに検索、たまにホテル予約、新幹線予約、shopping etc そのくらいしか使っていないので3Gでも特に大きな問題は感じていませんでした。ただ、毎月の支払いが「無駄だな」と。。。。

この4年間で、息子が独立して学割が使えなくなったり、インターネット同時契約の割引が少なくなったりで、月額料金が結構な額に上がっていました。LTEではない分若干は安いのですが毎月6千円ほど支払っていました。

MVNOについて調べてみると、音声付きで月額2千円以下!!! というのがわかり、いろいろと検討した結果、5月に更新時期を迎えたタイミングでナンバーポータビリティを使ってMVNOへ切り替えを行いました。

 

結果をまず書くと、

 

BIC Sim エントリープラン(3G)+音声 で 月額1,600円 となり、Auに比べて約1/4になりました。

 

BIC SImは、IIJmioがベースで、Wi2というWifiがタダでついてくるというものです。

 

何故、IIJmioにしたかというと、

 

・バースト転送機能がある
・高速と低速を瞬時に自由に切り替えが出来る
・ドコモ系であること

 

この3点が決め手となりました。

 

もともと、データ通信の大きなゲームはまったくやらず、動画鑑賞も外ではほとんどせず、ふだん使いは、普通のWebサイト閲覧とSNSぐらいというのが現状のスマホの使い方です。

 

1のバースト転送(低速通信でも初回読み込みのみ高速となる機能)があれば、普段の使い方であれば高速通信でなくても通信スピードは気にならないということが一番大きかったと思います。 もちろん、高速に使いたい時もあるので、瞬時に切り替えが出来る「みおぽん」という専用ソフトがあるのは非常に便利です。これは、IIJ系のMVNOしか提供していないサービスのようです(よく調べていないのですが)

 

3つ目のドコモ系という意味は、LTE回線が使えない場所では3G回線に自動でつないでくれるということ。Au系のMVNOは3Gが使用できないのです。 まだまだ田舎にいくとLTEがつながらない場所もあるのでAuはこの時点で候補から外れました。

 

なぜ、Auが3Gをつながないのかについては、こちらをご覧ください。

 

という考察を経て、Wifiスポットがタダで手に入るというIIJmio系のBIC SIMに決定いたしました。

 

IIJmioで本当に良かったと思います。 低速でもあまりストレスを感じないですし、高速使用時にはサクサクと動いてくれます。しかも、低速と高速の切り替えが瞬時に出来るので、普段は低速にしておいて、高速に切り替えたい時だけサっと高速に切り替えるというのが私の使い方のデフォになっています。
ただ誤算だったのは、WifiスポットのWi2がイマイチなこと。 これは、タダでつなぎに行ける場所が少なく、便利な場所ほど、オプションで追加料金が発生するのです。 追加料金を払わないとwifiにはつながるけど、インターネットとして利用できないので、いちいちwifiをそのたびにOffにする必要があるということで、これまであまり利用する機会がありません。 これなら最初からお金を払ってきちんとした公衆wifiを使った方がマシかなぁと。 何百円というコストなのでサクット支払ってしまえば良いのですが、なにか騙された感じがして悔しいので使っていません!!

 

スマホは、ASUSのZenfone2 Laserです。 サクサク動きます。 使い始めて6週間が経過していますが、特に問題は発生していません。

 

 キャリアのメッセンジャが使えなくなったので、Lineをかわりにやり始めたのですが、Lineって年齢確認が必要で、その年齢確認にキャリアのWebサイトの機能を使っているのでキャリアとの契約を解除後の私は年齢確認が出来ず、Lineの一部の機能が使えなくなってしまいました。 いまどき、lineのIDを持ってない人はほとんどいないと思うのですが、私みたいにMVNO後にLINEを使おうと考えている方は、キャリアとの契約を解除する前にLineのIDを作成して年齢確認をすませておくと良いです。

 

 あとひとつ、問題があって、IIJmioには「みおふぉんダイヤル」という安く通話できるサービスがあります。 みおふぉんダイヤルを使わないと、30秒20円ですが、みおふぉんダイヤル使うとその半額になります。 仕組みは、0037-691を相手先電話番号のアタマにつけてダイヤルすると みおふぉんダイヤルとして通話が出来るというものです。

 

 当然、このサービスに申し込みましたが、「あなたの電話番号はみおふぉんダイヤルと競合する他のサービスと契約されているので使えません」という連絡が入りました。 要するに、0037をアタマにつけるサービスに既に加入済ですよ とのこと。 そういえば、かなり以前に、0037をつけて発信すると会社に請求が行くというサービスを試験的にやったことがあったなぁと。。。。。なんとなく記憶に残っているような残っていないような。。。 でも、今はその会社は退社しているし、念のため以前いた会社に聞いても「そんなサービスには入っていません」との回答。 IIJに問い合わせするも、IIJとしてその契約を切る立場でもなく如何ともしがたいとのこと、そりゃそうだろう。 で、疑われているサービスの運営会社に聞いても、その番号では登録はありませんと。。。。 困った。。。。というところでまだ みおふぉんダイヤルは使えていません。 電話はほとんどかけないので今のところ問題はないのですが。。。。

 

 解決方法としては、バッティングしている「他のサービス」とやらが何なのかを突き止めるて解除するのが正しい道なんでしょうけど、今までのIIJやフュチャーフォンとのやりとりから考えると「詰んでいる」ような気がしています。どちらも契約主体ではないので勝手に契約を取り消すことが出来ない。 また、契約主体となってしまっている自分は身に覚えが無いという状況ですので、これを解除しようと思ったら、「契約行為の上をいく何か」に頼るしかないということになります。 例えば、訴訟をおこすとかになりますが、そこまでやるもようなことでは無いですしね。
 残るは、今の番号を捨てて、新しい番号を取り直すという方法があります。 新規手数料の二千円はかかるものの、そうすればこの問題は解決ということになりますが、電話番号の変更は大変ですしね。
 当分のあいだこのままいこうかと思っていますが、こんな中途半端な状態を続けるのは良くないので最終的には番号を変えることになると思います。

 

あっ、初期設定とか、最初にいろいろとヤルこと、やるべきことは結構あって、iphoneだと何もしなくても良いのですが、そこがandroidの辛いところかなとおもいます。まぁ、最初だけが少し大変ということで。 この点については、ネットに大量に情報が出回っていますのでそちらをご覧ください。というか、今回のお話もネットでは似たような記事があふれかえっていますけどね。

ちなみに、iphone5Sとかをお持ちのDocomoユーザの方は、iphoneはそのままで、IIJmioにすぐに切り替え可能です。

[注意]
ここに記載の情報は2016年6月時点のものです。かならず事前に業者にお問い合わせくださいね。

イタリア発オンラインショップのYooxで買い物

イタリア発オンラインショップのYoox

Yooxってご存知ですか?

Yooxのサイトにはこういう記述があります。

 「yoox.com(ユークス・ドットコム)は、2000年に創立した、ファッションとデザインを扱い世界をリードするライフスタイルのオンラインストアです。世界中のデザイナー、メーカー、公式販売店との確固とした直接取引関係を保持することにより、yoox.comは、以下のような、他では見つけることが難しいアイテムの尽きることのないセレクションをお届けしています」

 イタリア発の世界規模のファッションオンラインショップなんです。 もちろん、日本語サイトもありますが、出荷は海外からも(日本にあるデポみたいなところからの発送もある)行っていて注文から早くて一週間、遅いときは3週間ぐらいかかって到着します。

 もの凄い数のブランドを取り扱っています。私のお気に入りのDesigualも取り扱っていますが、さすがに品揃えは本家Desigualのオンラインショップよりかなり劣ります。

 ただ、とにかく大量に品物があって、なおかつ、何故か70%引きとか破格の値段のものも混ざっているのでよくよく調べて買えば安く良いものが手に入るかもしれません。 まぁ賭けですけどね。 その賭けをついやってしまう理由がyooxにはあります。

 Yooxの凄いところは、簡単に返品可能なこと。まぁ、返品してもお金は返ってこないのですが、その分の金額をyoox.comで使えるMonyooxというポイントがつくのです。まぁ実質返金か。。。返品のやり方は、配達されてきた現品には「返品用の伝票」が入っていて、送られてきた箱に入れてそのまま宅配便で送り返せばOK。返品とても簡単でしょ。 海外メーカのものは大きさの基準が日本と違うのでサイズ間違いが頻繁にあるのを見越したシステムで、この仕組みがあるので安心して注文できます。それと、いとも簡単に返品できるので、送られてきた商品はもしかしたら何人もの人が返品したものかも知れないということは頭に入れておいた方が良いです)

  とにかく、結構高価なブランドのものがかなーーり安く買えるのでとてもおすすめですが、商品自体は、数年前のモデルだったりするのでそのあたりを気にする方は避けた方が無難です。

 今回は、ステージ用のジャケットを買いました。襟のところに変な柄のフリフリがついているJustCavalliの変なジャケットです。yooxがバーゲン中で結構安く買えたのはラッキーでした。 ちゃんとmade in Italyだったのでなんとなく良かった。 Catarelliのパンツはmade in Tunisiaだったから、、、別にどこで作ってようがあまり意味はないのですが。とりあえず、サイズ違いでの返品は今のところありません。

   私の買い方ですが、価格を3万円以下とかに絞って検索すると、70%offとかの掘り出し物がたくさん出てきますのでそこから選択するというかなりセコイ感じで使ってます♬

 国によってサイズの記述が違うのですが、一応、日本のLMSに対応した読み替え表もサイト内にあって便利です。

 ちなみに、イタリアの46が日本のS、48がM、50がLらしいです。

カーテンのところにかけてあるのが今回Yooxで購入したジャケット。部屋はつい最近模様替えしました。 日野まきさんの絵を近くにもってきていつも眺めています。

DSC01727

タグ :

Infoseekメール騒動

8月1日金曜日の夜、相方がPCの前でパニクっていました。

 相方は昔からinfoseekのメールを使っていたのですが、この7/31をもって運営も含めて全てをOutlookに移管したとのことです。 事前のメール周知では、「いままで通りinfoseekのアドレスも使える」の記載があったので、そのままにしていたら、8月1日になったらinfoseekのメアドでのサインインが出来なくなったとのこと。

 早速、インストラクションを確認。

  (1) Outlookのアカウントを作成し、infoseekメアドと同じパスワードを設定する。

  (2) Outlookのサインインをinfoseekのメアドで行う。

 こうすることによって、iんfoseekのメアドがそのまま使える。

 ということだったので、その通り行ってみた。

 すると、パスワードが違うと怒られてしまいます。

 ネットで検索しても同じトラブルの解決方法を質問しているものばかりで解決策が出てきません。

 困ったときの2ch頼み。

 ということで、2chのinfoseekスレッドを覗いてみると、

 (1)に記述しているinfoseekメアドのパスワードは、以前、infoseekをhotmailと統合した時点のパスワードを設定しないとダメと書いてありました。 要は、hotmailに統合した時のパスワードが保管されていて、それとチェックしているようなのです。相方は、それ以降に何度かパスワードを変更していたので パスワードが違う と怒られたということになります。

 幸い、移行時点のパスワードのメモが残っていたので、

 (1) Outlookのパスワードを当時のinfoseekパスワードに変更する。

 (2) Outlookのサインインをinfoseekのメアドで行う。

これで、晴れてinfoseekの受信箱が復活しました。

 超不親切なインストラクションのおかげできっと沢山の人が突然使えなくなってパニクっているのが想像できます。 しかも、移行当時のパスワードを覚えていない人はアウトです。。

 さらに、このまま使い続けるのはヨシとして、outlookのパスワードは変更出来ないってことになりますね。 

 まぁ、早いとこ、infoseekメアドを利用するのをやめてください ってことですね。

 ということなので、早くやめるように相方に言っておきました。

 あと、2chはやはり最後の砦ですね。

インターネット うつろい

 Websiteをやり始めて早や12年。 その間、インターネットの世界は様変わりしましたが、ここ2?3年が一番変化があったのではないかと思っています。 変化の要因として一番大きいのはblogの定着化とmixiのようなSNSの一般化、そしてyoutubeをはじめとする動画公開ツール?の一般化ではないかと思います。
 それで、何がどう変化したのかということについては、
 Websiteのコンテンツ面に限定して言うと、
 (1) BBS が廃れた
   一昔前は、必ず各websiteに存在していた掲示板。。。 今では閑古鳥が鳴いていて、書き込みがあったとしても、SPAM系のものばかりという有様です。

 (2) Flashや動画、音楽のダウンロードページが少なくなった
   あったとしてもほとんどアクセスがなくなりました。
  この2点はまさにmixi、youtube, myspaceなどの商業サービスが世の中を席捲した結果です。
  私はどうしてもこれらのサービスが好きになれなくていまだに古臭いwebsiteでの公開を続けています。 何故好きじゃないかということについてはまた別途ということで、

 基本的には、コンテンツに魅力があれば、古臭いwebsiteでの公開でもきちんと世の中に行き渡るという確信のようなものがあります。 逆に、youtubeやmyspaceに載せたところでコンテンツの出来がイマイチであれば誰も見向きもしないということです。 

 現に、野洲高校のサッカー動画は、世の中の一部のサッカーファンにとっては大変貴重な映像であると認識して頂いていて自分のサイト内での公開であってもたくさんの方に見て頂いています(一部youtubeにもuploadしていますが)

 逆に、音楽の方は 最近ほとんどアクセスがなくなりました。 まぁそんなレベルだと言うことだと認識しています。 無理やりyoutubeに持っていっても恥ずかしいだけということですね。

 音楽の方のコンテンツは、中身をもっとしっかりと作ることが大事だということが最近ようやくわかってきて(遅いけど。。。)、地味に努力し始めました(遅いけど。。。) 中身を良いものにして、コツコツと自分のサイトで公開していきます。
 サッカーの方は、今までに蓄積してきた350以上の動画の社会的重要性を更に増すために、様々なIndexをつけて検索できるようなシステムを作ることを計画しています。これは完全に自分で開発することになるので決行時間がかかりそうですが、世界にひとつしかないシステムですのできっと日本のサッカーの発展にほんの少しは貢献できるのではないかと思っています。 このシステムの詳細は基本設計が出来上がった時点でまた書きますね。 
 

OSとブラウザの勢力図

インターネットにおけるOSとブラウザの勢力図

私のサイトにはアクセス解析が出来るようしているのですが、ピアノスタイルのリニューアルに伴って、いろいろと分析してみました。 その中で興味をひいたのが、OSとブラウザです。 サイトにアクセスした方々が使っていらっしゃるOSとブラウザの統計なのですが。3ケ月前の一ヶ月間と直近の一ヶ月間を比較してみると。以下の表のようになります。

私が運営する二つのドメイン(こちょうのゆめ と Pianostyle )を対象にしています。ちなみに「こちょうのゆめ」は高校サッカーのサイトで、「PianoStyle」は音楽関係のサイトです。 

この表でわかること。
1. Firefoxの追い上げ、Windowsの低落傾向あるも、比率的にはまだまだ一人勝ち状態。
2. Google Chromeが元々低いシェアを更に落としている(最初だけであとはジリ貧?)
3. PianoStyle読者(音楽好き)はLinux比率とFirefox比率が高い(Ubuntuの影響か?)
4. Netscapeは壊滅状態

確かにfirefoxは軽くて使い易いですね。でもWindows7 64bit用のPlug-inがまだ揃っていないので自宅ではほとんど使っていません。
Google Chromeは何か良さげな感じがするものの、全てをGoogleに吸い取られてしまうのではないかという不安が付きまといます。 もうちろんその警戒感はWindowsに対してもあるんですけどね。。。

サイトリニューアル!

新年に入ってから、約2週間かけて 本サイト=ピアノスタイルのリニューアル作業を行い、この週末にようやく移転がほぼ完了し、公開に踏み切ることができました。

今回のリニューアルは、2年前に機能別にドメインをバラバラにしたものをもう一度統合するというものです。

この2年間は、

?blogは「ピアノスタイル」と「JunoStage」と「夕暮れ時の道草」の3つ。?曲のダウンロードは Original Music。?コード表は両方にバラバラに存在。。。

そして まとめサイトのDotchy.jp を置いていました。

それぞれにリンクを張って関連付けてはいましたが、2年経過した段階で、散漫」なイメージがどうしても拭えないという判断に至りました。 原因はいろいろとあるのですが、一番大きな要因は、コンテンツがあまり分厚くないのにドメインを分散しすぎた ということだと思っています。 それぞれのコンテンツの更新が滞りがちなので存在意義自体が希薄になってしまったのです。 やはり現在の生活スタイルに合った運用を考えないといけませんね。

ということで、もう一度、全ての(野洲高校サッカー関係を除いて)コンテンツをピアノスタイルに戻して統合することにしました。

単純に統合するだけでは面白くないので、以前から思っていた改善ポイントを今回は少し取り入れてみました。

今回行った改善は、?サイトのデザインをもう少しなんとかしたい。Xoops色があまりにも強い。。。

 あまり変わっていないかも知れませんが、細かい部分でcssやテンプレートをかなり弄りました。 今までよりもだいぶ印象は違うのではないかなぁと自分では思っているのですが。。。

?コード表と鍵盤図について、サイトの「おまけ」的な位置づけからメインテーマの一つに持ち上げる。 トップページにランキングと新着を載せました。 また、取り扱いし易く見た目もわかりやすいモジュールへ乗せ変えました。 登録もしやすくなったのでこれから積極的に拡張していこうと思います。?曲のダウンロードをしやすい環境にする。 今までは、ユーザ登録をしないとダウンロードできなかったのですが、誰でもダウンロード出来る様にしました。 また、操作方法を各曲のコメント欄に表示したりしてユーザフレンドリな内容になるようにしました。  曲も、古いものから新しいものまでをどーーんと載せています。

?サイトを訪れた方とコミュニケーションがとれるようにする。 BBSを新設しました。 また、連絡がすぐとれるようにContactフォームを新設しました。 あとは、今までの排他的な雰囲気をコンテンツの部分で如何に和らげるかですね。 私は、特にコミュニケーションを嫌っているわけではないので、重点的にこの点について頑張ってみようと思います。  blogのコメントはSpam対策で 承認後に公開 という設定になっていましたが、これについては、別の対策を講じるまではしばらくこのままにしておきます。 すぐに反映されないのはとてもイヤな感じですが、これからもたくさんコメントをお待ちしております。

 リンクも充実化を図りますが、リンクの見直し作業がまだ終わっておりませんのでリンクのみコンテンツから外されています。 リンク自体がなくなった訳ではありません、今月中に強化されたリンクを公開いたしますのでもうしばらく待ってくださいね。

?URLを短くした

 これは積年の課題だったのですが、Pianostyleの旧URLは http://pianosytle.net/xps/html/ という長いものでした。 これは、初めてXoopsを使ってサイト構築したのですが、/xps/html/というのはデフォルトで設定されるもので、URLの設定方法がよくわからないまま本番スタートしてしまい、そのうち検索エンジンもこのURLで登録されていき、変更する機会のないままズルズルときてしまいました。  別にこのままでも良いのですが、Xoopsのデフォルト設定のまま というのも恥ずかしいですし、それに、せっかく自前のドメインを持っているのですから、メインページは そのドメイントップであるべきですよね。  今回は、ようやく トップページを http://pianostyle.net にすることが出来ました。  Mysqlのデータの中身を一部変更したり、旧サイトからの自動移動のため.htaccess を設定したり、、と結構大変でしたが、なんとかかんとか移転できたようです。    今回のリニューアルは、見た目はそんなに変わりませんが、中身は大幅に変更となっています。 自分としては、「結構うまくいった」と思っています。 何かサイト全体がどっしりと腰が据わったような気がしていますが、みなさんはどう思われたでしょうか?? 不具合点や何かお気づきのことがありましたらBBSやコメント、コンタクトフォームなどにてご連絡頂けたら大変有り難いです。 2010年という新しい10年がスタートし、それに合わせて新しいピアノスタイルもスタートしました。

50才代の10年間をこのページと共に過ごしたいと願っています。

これからもピアノスタイルをよろしくお願いいたします!!!

PSこのピアノスタイルという名前でBlogをやり始めたのは2004年からでした。当時はinfoseekのblogで公開していましたが、その後2005/3/2 にこのドメインを取得して、以来、ずっとこの名前で運営しています。

もうお気づきの方もいらっしゃると思いますが、このPianosTyleという名前は、リットーミュージック社の雑誌「PIANO STYLE」とほぼ同じです。 雑誌の方は商標登録も済ませていて、2006/2/3に登録されています。

まぁ、微妙なタイミングですが、一応私の方が商標登録より先に運用していたということになります。三菱財閥と三菱鉛筆みたいな関係になるのでしょうか。。。ただ、例えば裁判沙汰になった場合は、私の方が確実に負けることになると思います。 なんてったって正規登録が強いです。先に運用していましたなんてヘのツッパリにもなりませんww 検索サイトでもPianoSyleと検索するとリットーミュージック関係に混ざって私のサイトが結構上位に表示されます。 そんなこんなで、私のサイトをリットーミュージックの雑誌のサイトと勘違いする方が増えてきたようなので、トップページで朱記コメントを表示しました。 

先日、リットーミュージック社から「ドメインを変更するか、本家サイトと混同されないような対策を講じて欲しい」との依頼があり、この表示と相成った訳です。 

<a href=”http://rm.weblogs.jp/ps/”>リットーミュージック本家のピアノスタイルBlog</a>というのもありますのでみなさんも是非読んでくださいね。 それから、雑誌の方もよろしくお願いいたします。

 

最悪な広告

このネット広告は酷い! ヒドスギ!
infoseekのトップページを乗っ取るAu広告。
メニューを隠してしまうので使えない。 closeというボタンがあるのでそれを押すと確かにcloseするが、そのままイニシャルロードに戻って また同じように表示される。 closeボタンを押せばそのまま消えてくれたらギリギリセーフだったのに、またロードしやがるので怒り100倍! 20秒ぐらい経過すると自動的に小さくなるんだが、20秒も待てるかっ!
トップページはタダだからinfoseekがどんな広告を載せようが勝手ですが、auはこんな酷い広告を載せたら逆効果になるとは思わないのでしょうか。。。。。酷い会社だ!

怪しいトラックバック

最近怪しいトラックバックがたくさんきていました。
内容はほぼ記事と合致したものなのですが、そこに行ってみるとキーワードだけのそこの浅いサイトだったり、情報商材そのもののサイトだったり、そしてほとんどのサイトが自分のところではトラックバックを受け付けていませんでした。自分はトラックバックしておいて他人にはさせないというのは完全なルール違反です。
今夜、そういう怪しいトラックバックを消しまくりました。 あぁスッキリした!!

お勧め 放浪日記

イマイくんの野宿放浪日記
日本一周自転車の旅日記なんですが、これほどまでに気負いが無く淡々と書いてある日記も珍しいです。 淡々と書いてあるので余計に面白さが際立っています。
みなさんも是非読んでみてくださいね。 物凄い量ですけど。。。
私の日記なんぞ、気負いが90%で中身がないというのがほとんどなので 反省することしきりです。
まずは中身ですよね?

Google Adsense 携帯バージョン

Google Adsense携帯バージョンの導入
こちょうのゆめの携帯BBSにGoogle Adsenseを導入しました。
PC用と同様にGoogle Adsの画面で設定したソースを貼るだけなんですが、少しだけトラブルで躓いてしまいました。
躓き? :PCで確認できない
ソースをコピペしてサイトにuploadしてからPCで確認したところ、広告が表示されていません。 Google Adsの説明画面では 「48時間以内に広告が表示されます」とあったので待ちました48H。 それでも表示されず。。。。 さすがにこれはおかしいだろ ということで、、、、
ネットで色々調べると、どうやらPCで見る場合は携帯画面シミュレータというソフトでサイトを確認しないと広告が出ないらしいことがわかりました。
早速ダウンロードして確認したところ きちんと広告が表示されました!!!
「48Hたたないと表示されない」という文言がgoogleのサイトにあるので丸々2日間ムダにしてしまったわけです。 このパターンで悩んでいる人って多いんじゃないかな。
躓き? :文字化け
やっと広告が出現するようになったものの、見事に文字化けしていました。
文字コードの設定というのがあるのですが、設定画面で 文字コードの選択肢がありデフォルトは「自動選択」です。 当然自動でうまいことしてくれると思ってデフォルトのままコピペしましたが結果は文字化けでした。 ソースを貼り付けるhtmlやphpと同じ文字コードを指定すると当たり前ですが文字化けはなくなりました。 こんなことなら最初から「自動選択」なんていう選択肢は入れないで欲しいなぁ。。。
一応、出来た携帯サイトは こちらです。

7年前のGoogleサーチ再現!

これはびっくり! というサイトがあることを知りました。
その名は「Google2001web」
ちゃんとしたGoogle社の検索サイトですが、違うのは、2001年当時の検索インデックスを使っているということ。もちろん、今はリンクが切れてまったものの方が多いと思いますが、そういうサイトには ちゃんとキャッシュのリンクが貼ってあります。 キャッシュには画像データも一応入ってはいるのですが とにかく「遅い!」、でも文章は読めるので 今は亡き当時のサイトを再現できてしまうところがスゴイです!
私のbiwanet時代のサイトもちゃんと出てきました。
当時からWebを作っていた方にとっては 懐かしい自分のサイトが確認できるというのが嬉しいですね。
ほんの少しの間しか公開しないようなのでお早めに!

サーバ引越し物語

サーバー引越し物語
野洲高校サッカー応援サイトの「こちょうのゆめ」のレスポンスが最近非常に遅くなってきていてサーバの移転を一ヶ月ほど前から検討していたのですが、昨日、ついに引越しすることが出来ました。
引越しする前よりレンタル料が7倍!になってしまうのですが、これから本格的なサッカーの季節に入るのでますますアクセスが増えるのは必至です。 まぁアクセスが増えるのは良いことなので致し方なしかな。。。。
Xoopsで作ったサイトの引越しは初めてだったので少し不安だったのですが、Xoopsはさすがによく考えられたCMS(Contents Management System)です。 Databaseの引越し+データをディレクトリ毎コピー+mainfile.php のパラメータ変更+ドメイン設定の変更 だけで比較的単純な作業だけで引越しすることが出来ました。
自分の憶えとして、簡単に手順を書いておこうと思います。 この方法は自分で適当に考えてやったことなので、もしかしたらもっと簡単で良い方法があるのかも知れません。
1.新しいサーバを申し込み使える状態にする。
2.新サーバ上でXoopsをインストールする親ディレクトリを決めてディレクトリを作成する。
ルート上にそのままXoopsを入れても良いのですが、今回は複数のXoopsサイトを同一サーバに引越しする予定なので、それぞれにディレクトリを作りました。
たとえば、
/home/www/xxxxx/
がサーバに割り当てられた自分の素のアドレスだとすると、
こちょうのゆめ
/home/www/xxxxx/kocho/
Pianostyle
/home/www/xxxxx/pianostyle/
みたいな感じです。
3.元サーバのDBをエクスポート
Xoopsは MySQL というDBを使うので、DBを移行する必要があります。
3.1 元サーバの管理画面から PHPMyAdmin を使ってDBをローカルに一旦落とす。
とりあえず、構造から中身まで全てを コピーする設定です。
コピーする形態は、SQL とします。 CSVとかにするとあとでややこしいんじゃないかな。
今回は圧縮はしませんでした。
4.新サーバにDBを作成
4.1 新サーバの管理画面にてDBを作成します。一応バージョンを確認しましたが、旧サーバが4.0.23 新サーバが 4.0.27 だったので多分大丈夫だろうと思って そのまま作成しました(結果OKでした)
新サーバと旧サーバのDBの名前は違っても問題ありません(あとでmainfile.phpを書き換えるから)
5.新サーバにデータをインポート
5.1 3.1でエクスポートしたデータを新サーバにインポートします。
新サーバの管理画面(PHPMyAdmin)でインポート処理を行います。
使うデータは、3.1 でエクスポートしたデータです。
ここで、そのデータを若干修正します。
3.1でエクスポートしたデータは SQL文がデータとともに組み込まれているのですが、最初にCREATE文でDBを作成する記述になっています、しかも旧サーバ上での名前でです。 4.1でDBは既に作成してあるので、その部分を一行 コメントアウトします。
保存したら、そのデータを使ってインポートを実行します。
そしたらエラー発生! PHPMyAdminの画面にエラーメッセージが表示されました。
データの半ばほどで、文字化けが発生していて その影響でデータがINSERTできなかった模様。
仕方がないので、その文字化けしたINSERT文だけ削除。 そして、エラー発生よりも前のデータも削除して保存の上、インポートを再実行。
待つこと1分ぐらいで 約2MB(案外少ないんだな)のデータのインポートが終了しました。
一応、旧サーバと新サーバのDBをPHPMyAdminで見比べてみましたが、テーブルの数が新サーバの方がほんの少しだけ多い!? しかし、足りない訳ではなさそうだし、悩んでてもしょうがないので、このまま先に進むことにしました。
6.旧サーバのデータをディレクトリ毎ローカルにダウンロード
Xoopsが入っているディレクトリと画像などその他のデータが入っているディレクトリをまとめてダウンロード。 ディレクトリ構造は崩さずに というのがポイントです。 その際、Xoopsのcacheディレクトリにキャッシュデータが沢山入っていたので 前もってftpを使って削除しておきました。 今回はキャッシュだけで3,500もファイルがあったので残しておいたらダウンロード時間が倍かかっていたと思います。 移行対象のファイルは5000弱でした。 動画のデータは別の倉庫サーバに置いてあるので今回は移行対象外です。動画も移行となると全部で2.5GBですからかなり時間がかかったと思います。
7.新サーバへデータをアップロード
6でダウンロードしたデータを今度は新サーバへアップロード。
8.mainfile.phpを編集
赤字の部分を新DBに合わせて書き換えます。
(以下はあくまで例です)

// XOOPS Physical Path
// Physical path to your main XOOPS directory WITHOUT trailing slash
// Example: define(‘XOOPS_ROOT_PATH’, ‘/var/www/html/xps/html’);
define(‘XOOPS_ROOT_PATH’, ‘/home/www/xxxx/zzz’);
// XOOPS Virtual Path (URL)
// Virtual path to your main XOOPS directory WITHOUT trailing slash
// Example: define(‘XOOPS_URL’, ‘http://xxxx’);
define(‘XOOPS_URL’, ‘http://www.kocho-yume.com’);
// Database Username
// Your database user account on the host
define(‘XOOPS_DB_USER’, ‘xxxxx’);
// Database Password
// Password for your database user account
define(‘XOOPS_DB_PASS’, ‘xxxxx’);
// Database Name
// The name of database on the host. The installer will attempt to create the database if not exist
define(‘XOOPS_DB_NAME’, ‘xxxxx’);

編集したmainfile.phpをftpでアップロード。
9.パーミッションの変更
新サーバのディレクトリ及びファイルのパーミッションを変更します。
これはxoopsインストール時と同じです。
10.ドメインの移行処理
今回は、ドメインの移管は行わずDNS設定のみを変更して対応しました。
10.1 ドメイン所管元のDNS設定変更
ドメイン所管元の管理画面で、DNSを新サーバ指定のものに変更する。
10.2 新サーバ側のドメイン設定
新サーバの管理画面でドメインを追加する。
エイリアス先のディレクトリ設定を間違わないように!(今回間違えてしまいました)
(2)が終わってから1?2H待ちます。
11.移行完了をチェック
対象URLで新サーバにDNSが移っているか確認する。 移っていなくても旧サーバで動いた画面が出てくるのでわかり難いです。 そこで、DBをエクスポートした後に、旧サーバのデータを少しだけ変更しておきます。例えばトップ画面のWelcom Messageを変えておくとか。。 変更前の画面が出れば移行が完了したということになります。
あとは、ひととおりの機能が行えるかをチェックします。
今回は、慣れていなかったこともあって丸々1日かかってしまいました。
レンタル料金を奮発しただけあって 画面の反応がキビキビしていて気持ちが良いです。
これで 2万View/日 にも対応可能になったかな。。。
大幅に増えたレンタル料をどう賄うのかについては 今後アフィリエイトの効果的運用でなんとかしたいと思っています。
あっ、ピアノスタイルは当分このままです。

タグ :

Mixiの横暴/規約改定

Mixiをやっておられる皆さんは3月3日に規約改定のお知らせがあったと思いますが、その規約改定の中身がとんでもなくとても看過できない内容でした。
改定箇所はたくさんあるのですが、一番の問題は、追加された第18条です。

第18条 日記等の情報の使用許諾等
1本サービスを利用してユーザーが日記等の情報を投稿する場合には、ユーザーは弊社に対して、当該日記等の情報を日本の国内外において無償かつ非独占的に使用する権利(複製、上映、公衆送信、展示、頒布、翻訳、改変等を行うこと)を許諾するものとします。
2ユーザーは、弊社に対して著作者人格権を行使しないものとします。

素直にとらえると、「Mixiで書いた日記は、mixiという会社にいいように使われても文句言いません」という内容です。
2項で言及している著作者人格権というのは、いろいろ小難しい定義があるそうですが、要は、著作物に対する、

? 公表権
? 氏名表示権
? 同一性保持権

ということらしいです。 この権利を「行使しない」ということは、
? 公表権 : mixiで書いた日記は著作者が勝手に別のメディアには公表しないこと。
? 氏名表示権 : mixiが勝手に別のメディアに公表した自分の日記に作者名は入れなくても良いということ。
? 同一性保持権 : 日記を勝手に改変して公表されても文句を言いませんということ。
まぁ なんてひどい規約改定でしょう。 しかも、「規約を改定します」とだけ連絡してきて、内容はリンクをたどっていかないと確認できません。 mixiみたいなヤクザなSNSを使っている時点で、日記の中身など何されているかわからないぐらいの覚悟が必要だとは思うのですが、おおっぴらに規約まで改定してきてこられたら ちょっとひいてしまいますね。
私は、mixiの野洲高校のコミュニティなどに出入りするためだけにidを持っていますが、ここまでくると退会せざるをえないかなぁ。。。。
と 思っていたら、
本日、mixiから 追加のお知らせが来ました。 なにやら言い訳がたくさん書いてありました。
さすがに、みんな「エェェェェェェ?」って感じで抗議が殺到したのではないでしょうか。
とりあえず全文をコピペ。

mixi運営事務局です。
昨日お知らせいたしました 利用規約の改定 につきまして、『mixi』のサービス内にユーザーのみなさまが書き込まれる情報に関する取り扱いに関して多数のお問い合わせを頂戴いたしました。この場を借りてお詫び申し上げます。
特にお問い合わせの多い【第18条 日記等の情報の使用許諾等】に関しまして、誤解を避けるため、当社が想定している具体的な使用について補足説明をさせていただきます。
上記の条項につきましては、ユーザーのみなさまが『mixi』のサービス内で作成した日記、著作物等の情報について、従来どおりユーザー自身が権利を有することに変わりはありません。
また、ユーザーのみなさまが投稿した日記等の情報(公開している自主作成の映像やイラスト、テキスト等)の使用に関しては、当社の以下対応について同意いただくもので、当社が無断で使用することではありません。
投稿された日記等の情報が、当社のサーバーに格納する際、データ形式や容量が改変されること。
アクセス数が多い日記等の情報については、データを複製して複数のサーバーに格納すること。
日記等の情報が他のユーザーによって閲覧される場合、当社のサーバーから国内外に存在するmixiユーザー(閲覧者)に向けて送信されること。
なお、ユーザーのみなさまの日記等の情報を書籍化することに関するお問い合わせもございますが、こちらの点につきましても、従来どおり、ユーザーのみなさまの事前の了承なく進めることはございません。
なお、利用規約につきましては、今後もご利用いただくお客様にご理解いただきやすい内容になるよう引き続き検討してまいります。
以上、何とぞよろしくお願い申し上げます。

パッと見て、なるほど と思える文章ですが、よく読むとヤバイことにはかわりありません。
まず、

>従来どおりユーザー自身が権利を有することに変わりはありません。

これは、第18条がユーザ自身の権利剥奪を言っているものではないので 何の意味もないでしょう。 ユーザは権利を持っているけど、今後はmixiにも権利を与えますよということですから。 それに、権利っていったいなんの権利でしょうか。 著作者人格権を行使しない ということは、著作権はユーザにあるけど 勝手に使われても文句いいません ということですから、なんの慰めにもなっていませんね。
さらに、

>また、ユーザーのみなさまが投稿した日記等の情報(公開している自主作成の映像やイラスト、テキスト等)の使用に関しては、当社の以下対応について同意いただくもので、当社が無断で使用することではありません。

この文章のあとにぐだぐたと沢山書いてありますが、この文章の表現は結構曖昧で、屁理屈を並べたら、なんとでも解釈できるような気がします。

もしmixiが本気で使用条件を限定しているならば、その旨をきちんと規定条文に明記すべきであり、なんの効力もない「お知らせ」で言い訳して終わりというのは 他の意図があるということを自ら暴露しているに等しいのではないでしょうか。


たぶん、mixiは 膨大な量の「日記」を市場調査かなにかの題材として企業に売りたいんじゃないかなぁ。 一日何人が日記を書いているのか知りませんが、仮に50万人とした場合、半年で9000万の日記が書かれることになり、しかもmixiの日記はSNSという性格上結構本音が書かれているので コンシューマ企業などは喉から手がでるほど欲しい情報だと思います。 結構高く売れそう。 で、売ろうとして(というかもう既に売っていると思う)、顧客から「ちゃんと規約に明記しておけ!」とでも言われたのでしょうかね。。。。

また、

>特にお問い合わせの多い【第18条 日記等の情報の使用許諾等】に関しまして、誤解を避けるため、当社が想定している具体的な使用について補足説明をさせていただきます。

これは、あくまで、現時点で「想定」しているものであって 明日には変わっているかも知れないということです。 この「お知らせ」の内容を全て 規約にきちんと載せると「想定」どおりに運用しなくてはなりませんが、 今回の「お知らせは」単なる3月4日時点の「お知らせ」であって、あまり効力があるように思えません。 裁判沙汰になったときは 証拠として使えるとは思いますが。。。。。
どこかの詐欺集団がよく使う手口のようなそんな印象を受けますが、規約をきちんと変えたらすっきりしますけどね。
——————————————————————————–
mixiの日記は この条文で中身もろともmixiのものになってしまいますが、私のように外部blogをリンクさせている場合はどうなんでしょうね。。。
とりあえず、私は 閲覧用の IDをすっぴんにしてしまおうと思います。 みなさんはどうされますか?
まぁ 実害は出てないし、私の日記はそんなにたいした内容でもないし、現実的に考えるとそう大騒ぎするほどのこともないという気もしますが、運営方針として なにか釈然としないものがありますね? どうしようかなぁ?
因みに、一般のblogサービス(livedoorとか。。。)にも似たような規約があると思うので それでもヨシとするのが精神衛生上良いのかも知れませんが、私はあまりいい気分ではないなぁ。。。。。。

[3月6日追記]
昨日、mixiから脱会しました。 まぁ特になくても問題ないのでダラダラと使い続けるより、こういう機会に整理が出来て良かったと思っています。

リンクとりあえず復活しました♪

 ハッキングされてから1ケ月、壊れたDBのかけらからリンク集の残骸がようやく見つかりました。 
 リンク切れのチェックも兼ねて一つ一つお邪魔をしました。 ほとんどのみなさんが、マメに更新されていました。5年以上も前からずっと続いてるサイトさまもいらっしゃいます。どのサイトさまも、不思議な縁があってリンクさせていただいております。 バタバタと登録作業をいたしましたのでリンク紹介文に言葉足らずのところがありますが、中身はどれも素晴らしいものばかりですので是非とも一度ご覧いただければと思っております。