タグ: スイカ

自然農法のスイカうまいぞ

2015/8/23

 

生まれて初めて自分で育てたスイカを食べた日。

DSC01165
感想は、
「普通に美味いスイカやな」
です。
無農薬・無肥料で育てたので、もっと、
「どひゃーーーうめ〜〜」
 ぐらいかと期待していた割に、冷静にコメントできてしまうぐらいのインパクト。
 ただ、無肥料で育てたウリ科の植物は生臭さが無いのでなんか美味しいんだよね〜
 野菜を育てるのに農薬なんて必要ないんですよ。ただ、大量にラクチンに作ろうとすると農薬と肥料のセットが必要となる。そして、トレードオフとして、生臭い味と微量の農薬や肥料に含まれる添加物の体内蓄積を甘受しているということ。
 だから、他の人に無農薬・無肥料じゃなきゃ駄目ですよとは言わないし、スーパーで売ってる野菜を拒絶もしませんが、自分の味の好みとしては、もぅ断然自然農法野菜しかないのです。
 食べたいから作る。まぁ単純な話です。 今は、自分と家族の分を作っているわけですが、実はもっと沢山作りたいと思っている。
 スイカも4kgを一つだけは寂しい気がする。30坪ぐらいは欲しいね(現在は9坪)
 DSC01163
タグ :

一日中農作業

今日は一日中農作業です。11:00-18:00 7Hほど畝に張り付いていました。

先週、A畝の横に新たにもう一区画ゲットしました。 もともとB畝と呼んでいたA畝とは離れたところにある畝と場所を交換してもらったのです。

これで、二つの区画が隣同士となりとても作業がやりやすくなりました。

合計で30平米です。一カ所に集まるとやはり大きいなぁと感じます。

そして、これを機に、畝の呼び方を統一することにしました。

これまでは、区画単位にA畝,B畝と呼んでいましたが、一つの区画には畝が二つあり、合計4つの畝を運用していることになります。

そこで、西から順番に、A畝、B畝、C畝、D畝 と呼ぶことにしました。

A,Bがもともとからある畝で、C,Dが先週から新たに加わった畝ということになります。

先週は、C畝の畝立てを行って、本日はD畝の畝立てとC,D畝への苗の植え付けを一気に行いました。

D畝の畝立ては、溝堀りとスコップによる耕しです。 C,D畝はもともと自然農法の畝で雑草によって育てられてきた畝です。 団榴化が結構進んでいてA,B畝よりも良い土かも知れません。などと考えながら、スコップと鍬で2Hかかって仕上げました。

 その後、苗をアヤハディオに買いに行って植え付けです。

D畝には、当初の予定通りサツマイモの茎を13本植え付けました。サツマイモを育てるのは初めてです。植え付けも初めて。結構いい加減に植え付けていったので果たして根づいてくれるか、少し心配です。

サツマイモの茎は30cmぐらいで、お店では水の入った容器に入れられていたので葉っぱはしおれかかってはいますがまだまだ元気でした。一説によると、しおれていた方が早く根付くということですが、どちらが良いのかは謎です。 植え付けた上から枯れ草マルチをバッサバッサとかけていきました。

C畝には、サツマイモの茎を3本と、真ん中にミニトマトを2本。

ついでに、A畝の北側1/4の土を耕すと共に溝を深く掘って低くなっていた畝を高くしました。 蔓延っていたセリ系の根っこはかなり駆除出来たと思います。 しかし畝の高さは本当に重要だなと最近特に思います。周囲より低くなっているところは多年草が蔓延っている度合いが強いように思います。 

そこに、ナスの苗を3本植えました。 A畝は4本のナスということになりました。

 本日の新たな植え付けはここまでです。
 
 B畝に先週植えた苗ですが、スイカに ウリハムシがたくさんついていてかなり葉っぱをやられていました。 とりあえず、ネギを近くに移植すると共に、野性化したミントの葉っぱをとってきて周りに撒きました。これでネギとミントの香りでバリアーが出来て寄り付かなくなるハズです。この近くのきゅうりの周りにも一本ずつ ネギ を移植して、同じくミントの葉っぱをちりばめました。 さて、どうなることでしょう。

 3週間前にB畝に種まきした結果ですが、スイカが5つほど芽を出しています。また、ナスらしき双葉もありました。 来週再確認します。

 それにしても、日中30℃にせまる暑さでかなりバテバテです。日にも焼けたようですが、昼飯も食べずに農作業した後、シャワーを浴びて飲むビールはやはり美味かった!!

写真はSony α7II + Contax Planar1.4/50 T* で撮影しました。
何枚か開放でとりましたが、開放時の線ボケが結構うるさいですね。F4ぐらいになると気持ちのよいボケになります。 バックが細かい場合は開放にしないほうが良いかも。

タグ :