タグ: 自然農法

自然じゃない自然農法について

ニンジン

家庭菜園の区画をお借りして「自然農法」で野菜を作り始めて今年で6年目。

もともと田んぼだった場所を家庭菜園として貸している場所だったので土は粘土質でしたが、最初の一回だけ耕してあとは不耕起を貫いています。

3年目ぐらいまでは、哀しくなるほど野菜は育たず、ダイコン、ニンジンは短く、きゅうりや茄子、トマトは大きくならず、キャベツは結球せず、大変高価な自家製野菜を食べさせて頂いていた訳ですが、ここ1,2年は、かなり収量もあがってきて、ニンジンやダイコンも形も色もきれいなものが収穫できるようになってきました。

ニンジン

基本的な考え方は、野菜にせよ雑草にせよ「根を残す」ことであり、野菜を収穫したあとは基本的に枯れるまでそのまま放置で、雑草も基本的には上だけ刈り込んで根っこは残すようにしてきました。 雑草は根っこから除去しないとまた芽が出てきて大変ですが、芽が出てきたら早いうちにまたカットしてしまえばそのうち根っこの方も枯れていきます。

こうして、少しずつ粘土質だった土も表面のほうから徐々に団榴構造の土に変化していきます。恐らく1〜2cm/年ぐらいのスピードで少しずつ土が出来てきているように思います。

[一年草が埋め尽くす畝の様子 2016/3/6]

おおいぬふぐり

もちろん無農薬で、虫がついても基本的にはそのままにしてあります。 ただ紋白蝶の青虫だけは大食いなのでたまに手でとっています。 ナメクジやコオロギも跋扈していて野菜にとっては厳しい環境かもしれませんが、そういう虫を捕食する虫もまたたくさん生息している訳で、大発生して困ったということはありませんでした。

さて、自然農法というと、あの川口大先生の「耕さず、肥料・農薬を用いずに草や虫達を敵とせず、生命に添い従い、応じ任せて、実りを手にする」ということに尽きる訳ですが、実際に私がしていることは、雑草も多年草はバッサバッサと刈り込んでいるし、野菜に覆い被さるような草は容赦なく切っています。

[草刈り後の畝]

草刈り後

 

今日(2016/3/6)も、今年最初の草刈Dayにして、芝系、ムギ系の多年草をとことん刈り込みました。刈られた草からすると一網打尽に殺戮されたという感じでしょうか。 やっていることは、多年草を敵としているということです。 更に、イチゴの葉っぱに覆い被さっていたホトケノザも刈り取っていきましたので、仲間として認識している草でも油断はできません。

要するに、やっていることは、「野菜をエコヒイキしつつ極力自然に近い状態で育てる」ということなのかも知れません。

[ホトケノザを刈り取った後のイチゴ→太陽がたくさんあたるようにしてある]

イチゴ

そう考えると、「自然農法」という言葉はちょっと誇大広告のような気がしてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

タグ :

里芋収穫

DSC01724

残っていた大きな方の里芋をようやく収穫しました。

虫に食べられているものもいくつかありましたが、とても美味しかったです。 里芋は、タネ芋の上に大きな親芋が出来て、その横から子芋が出来、さらに子芋の横から孫芋が出来ます。美味しい順番は、孫-子-親 で、孫芋は本当に食感も味も繊細でおいしいですね。 大きな親芋は、正月に食べるお雑煮に入れて長男に食べさせると「立派になる」という言い伝えがあるらしいのですが、そうやって親芋を食べて立派になったという人はあまり聞いたことがありません。というか、そんなこといちいち言わないのか。。。

里芋の他に、赤ダイコンを一本とネギ5本、万願寺とうがらしの最終分3つ、そして小さな茄子が二つ。

赤ダイコンは、9月に種を撒いて、7つ生育してそのうちの一つを収穫。

ネギは、今年は40本ぐらい植えたのでこれからは毎週収穫していきます。

茄子もこれが最後です。 まだ花も咲いていますがさすがにこれ以上は無理っぽい感じです。先週から実はほとんど大きくなっていませんでしたから。

万願寺とうがらしと茄子3本は、とりあえず収穫は終了ですが、あとは枯れるまで放置しておきます。茄子は恐らく年越しするのではないかと思っています。

タグ :

自然農法のサツマイモにツルボケは存在しない??

サツマイモの収穫完了

 

先週の6株に引き続き、本日は7株の収穫を行い、今シーズンのサツマイモは終了いたしました。

 

サツマイモは、肥料をやりすぎると茎と葉っぱがどんどん伸び放題となって実が全然大きくならないと言われていて、そういう状態のことを「ツルボケ」というらしいです。

 

私の畑のサツマイモは全部で13株で全て無農薬・無施肥なのですが、ツルが伸び放題で大変なことになっている(5mほどのツルが四方に伸び放題となっている)サツマイモが3株ほどありました。 言い伝え通りだとするとこの3本の収穫は期待できないな、、、と思っていたのですが、

 

本日、その3株を掘り返してみると、

 

どうしたことでしょう、巨大なサツマイモが鈴なりになっているではありませんか。

 

他の株に比べて明らかに大きさと数が違います。

 

手前が盛大にツルが伸びていた方。

 

DSC01368

 

素人の推察ですが、

 

・サツマイモは、根っこ蔓が大きくなって実になる。
・根っこを大きくするためには、根から吸い上げた肥料分ではなくて、葉っぱの光合成で生成した栄養素が重要(両方とも重要といったほうが良いかも)
・だから、葉っぱに勢いがあって且つたくさん葉っぱがある方が実はデカくなる。

 

なんとなく、理に適っているような気がしませんでしょうか。

 

では何故、肥料を与えすぎたツルボケでは実が大きくならないのでしょうか。

 

これも多分ですが、

 

植物が成長するために必要な栄養素は、よく言われる3大肥料成分の 窒素・リン酸・カリウム だけではなくて、17種類が必須元素と言われ、また、5種類の有用元素が別にありますが、それは人間が把握しているのがそれだけであって、恐らく、恐らくですよ、もっと沢山の種類の元素が植物の成長を助けているのだと思います。

 

そして、人間が使っている肥料は、そのうちのごく僅かな元素しか入っていないと思われ、そのような中途半端にバランスの悪い栄養素を大量に植物が吸い込んだとしたら、実が大きくならないことがあっても不思議ではないでしょう。

 

一方、自然農法の畝では、自然界の法則通りに土が作られ、恐らく、植物が必要な微量のミネラル等も自然界のライフサイクルの中で調達可能な状態だと思います。

 

そういう畝であれば、ツルが伸びたら、むしろ光合成による栄養素が増えて実が大きくなるということではないかと思います。

 

自然農法の畑であれぱ、ツルはどんどん伸ばすベシ!! というところでしょうか。

 

まぁ、初めてサツマイモを育てた人間がエラソーに断じるのはおかしいですがね。

 

先週収穫した、「あまりツルが伸びていなくて普通の大きさのサツマイモ」を本日、素揚げにしてビールのおつまみにしましたが、甘くてホクホクでとても美味しかったです。

 

タグ :

畝の排水調整工事

自然農園(家庭菜園)の排水調整工事

まぁ、工事と言ってもスコップで掘ったり、盛ったりするだけですけど。

今週火曜日の朝、大雨の後に畝の様子を見に行ったら、案の定、排水状態が悪かったので、本日、早速畝の溝の微調整をしてきました。

昨晩も10数ミリの雨がふったようですが、やはり、排水溝にきれいに流れてはいなくて、排水溝に直結している中心部の溝に水がかなりたまっていました。

この写真は、一番雨水がたまっている部分、奥の方が排水溝。
DSC00518

この写真は排水溝の方から撮っています。排水溝の方への流れが途中でストップしています。
DSC00519

私の畝では、排水溝に近いAとBの畝の周囲の溝からは水が完全にひいていましたが、CとDの畝の溝には若干の雨水が残っていました。
DSC00523

DSC00525

排水溝の出口部分が雑草や泥で塞がれた状態だったのでまずそこをスコップで取り除きました。
DSC00522

排水溝に近い溝を少しずつ削って、水を流していきます。

そんなこんなで、恐らく中央部の溝にたまっていた雨水は1/3ぐらいに減少しましたが、全て流しきるまでに至りませんでした。

[after 排水溝から]
DSC00562

[After C,D畝]
DSC00561

それをするためには、雨水がたまっている中央部の溝を高くすることが必要です。水が入っているところに土を入れてもグチャグチャになるだけなので水がひいたところで溝に土を盛っていきたいと思います。

結局、畝の水はけを良くするために、溝を掘って畝高にしたところで、溝が深くなるとすべての周囲の雨水がすべてそこに流れ込んでたまってしまうという当たり前のことに今更ながら気がついたという訳です。

ただ、だいぶ流れは良くなったと思うので、大雨がふってもたまる量はだいぶ減るのではないかと期待しています。

タグ :

久々の書き込み 雑草を根っこから除去しました

久々に記事にします。 もう一年以上音沙汰なしだったんですね〜
まったく書き込みしていなかったのですが、やめてしまったわけではありません。
ここ1年間は、やたらとバタバタとしていて、畝も放置に近い状況ではありましたけど、、、、、
今年はもう4年目となります。 土も相当出来上がってきたような気がしますし、丹念にみていこうと思っています。
相変わらず、自然農法ですが、今年は 野菜への「えこひいき」を少しだけ強くしてやってみます。
手始めに、春の種まきでは、草は表面を刈るだけというのが例年でしたが、今年は、面積の半分はきっちりと根っこも除去していきます。
3年目の畝では、昨年、人参が20株ほど花を咲かせてそのまま種もおちるがままにしていたのですが、なんと、今年の春、たくさんのにんじんが自然発芽していました。素晴らしい!!!!
写真は、本日、根っこまで除去した部分とイチゴの花。

タグ :

自然農法について

自然農法とは

 小さな貸し農園の一角で「自然農法」を実験していますが、自然農法といってもなんのことかよくわからない方も多いと思いますので、私がやろうとしている自然農法について少し長くなりますが書いてみようと思います。これらは、自然農法の書籍にもたくさん書いてありますし、私が新たに発見したものではありませんが、一年半、自然農法の真似事をやってきて、「多分正しいだろうな」となんとなく感じていることです。

 大地を耕して土が見えている状態でしばらく放っておくとどうなるでしょうか。

 まず草が生える(草はその土地に足りないものを供給する種類のものが自然と生えてきます)、微生物が棲みつく、花にいろいろな生き物がやってくる、草や微生物や極小の昆虫を捕食する生き物が集まって食物連鎖が起きる、草が枯れて微生物で分解されて土に戻る、生き物の糞や死骸が微生物や極小昆虫のエサになり、また、土に窒素系の栄養分を供給する。 土の中では、草が枯れて根も枯れてそのまま分解されて栄養分となり、根があったところが空気の通り道となり、土の中深くまで微生物が生きる環境が生まれ、土の中深くまで捕食サイクルの世界が出来上がり、土の表面だけでなく土の中深くまで肥沃になっていく。

こんなサイクルで植物と生き物が共存する土壌が出来ていくわけです。

 畑を耕してしまうとどうなるでしょうか? 耕すということは、土をひっくり返してごちゃごちゃにするということであり、土の中の「バランスのとれた社会」を完全に破壊してしまいます。生き物は死に絶え、微生物もいなくなり、自然の栄養素供給が途絶えてしまいます。 そうなると、人工的な肥料供給が必要になってしまいます。
 
 人工的な肥料供給では栄養素を必要以上に供給してしまったり、肥料そのものが微生物等の生きる環境を破壊してしまったりして、捕食サイクルの生成を阻害し、自然の栄養補給サイクルがまわっていきません。
 
 植物が「健康に生きていく」為には、よく言われている3大栄養素だけでは駄目で、ミネラル等の極少量の栄養分が必要とされています。耕してしまうと食物サイクルの中から供給されていた微量栄養素の補給がほとんどありません。その結果、野菜は人工的な肥料で大きく育つものの、所謂「不健康」な状態で育ってしまいます。

 植物は、土壌に過剰に存在するものを吸い上げて虫に食べさせて本当に土壌に必要なものに変えていく性質を持っています。 ここで、過剰に存在するものとは、肥料の成分そのものです。せっせと肥料の成分を吸い上げて、その結果葉っぱも実も大きくなりますが、それを虫たちが一所懸命食べてくれます。自然の摂理として、そうやって土壌の不要なものを処分しているわけです。だから、肥料を施せば施すほど虫が集まるというわけです。考えれば考えるほど自然は人知を超えた精緻なシステムなんだと実感します。
 
 そうやって育った不健康な野菜たちは、自らの生命と引き換えに土壌を改良しようとしてくれているのです。さらに、そういう不健康な野菜は不健康なDNAを残してはいけないので、虫が食べつくしてくれたり、ウィルスがついて枯らしてくれたりします。 病気になるのは、ウィルスが悪いのではなく、子孫を残すことが許されない不健康な野菜を自然の摂理で処分しているということなのです。 
 
 自然農法の野菜にも虫はつきますが、全てを食い荒らされたりはしません。 芋虫ももちろん畑にいますが、そのまま放置しています。それは彼らも食物連鎖の立派な構成員だからです。たとえば、ニンジンの葉っぱにはアゲハ蝶の幼虫がつきますが、彼らは彼らで蜂などの昆虫に食べられてしまって大きく成長することは希です。大きな幼虫がいたら、寧ろ、このままなんとか蝶になって欲しいと応援してしまいます。
 
 今年は、昨年に比べて虫が少ないのでとても心配していました。つい最近までは放射能のせいでは?とか思ったりもしていましたが、貸し農園をぼんやりと眺めていて虫が少ない原因がわかりました。
 
 昨年までは貸し農園の敷地の半分は草が茫々に生えた部分だったのですが、今年の冬にその部分を一度耕して畝にしていたのです。大部分の昆虫は、草そのものや土に卵を産みます。 耕すとそれらの卵は死んでしまいます。多分それが原因で虫が少なくなったのではないかと思っています。
 
 今年は私のやっている自然農法の区画が倍(とはいっても15㎡増)になったので、来年の虫の数は少しは増えるかもしれませんね。
 
 放っておいても自然の摂理で少しずつ土地は肥えていきます。 ただ、自然の流れはあまりに壮大でゆっくりです。 荒れた土地から豊かな森が形成されるのには500年以上かかるとも言われています。 そんなに待てないので、ある程度人が手助けをして、足りない部分を補ったりして擬似的な自然のサイクルを作るというのが自然農法なのではないでしょうか。ですから、畝をほったらかしにはできません。草も、選別をして刈り取ったりする必要がありますし、野菜に太陽光線が当たるように周囲の草を短く刈ってしまったりして野菜に対してはエコヒイキをしてあげないといけません。
 
 こんな感じで自然農法の真似事をしています。 本当は、食物連鎖を擬似的にでも完成させるには、敷地内に池か小川等の「水」があり、実のなる広葉樹があり、狸等の動物が加われるぐらいの敷地の広さがほしいところです。
 
 獣もその中に入れるべきなのですが、熊さんや、鹿さん、いのししさん、お猿さんなど獣が畑を荒らしまわるというのが最近の大きな問題です。 これは、もう一方の自然=山の自然が破壊されて破綻してしまっていることから起きている問題です。 ここでは詳しくは書きませんが、戦後の植林政策で植林しまくった杉、檜などの針葉樹林を放置した結果、山の植物連鎖のクサリがどこかで切れて、僅かに残った広葉樹が生きていけなくなって山から植物の食べ物がなくなった結果だと思います。 獣の畑あらしに対しては、短期的には、柵で囲う等で防御しなくてはなりません。荒らされるから殺すという負のサイクルは辛いものがあります。ですから、山の再生をしないと駄目で、今、その方面ではいろいろな団体が山の再生に向けて活動されていますのでご興味があればGoogleさんに尋ねて日本の山の現状を是非知っていただければと思います。
 
 擬似自然農法で育つ野菜は、100%ではないにせよ、自然の食物連鎖の一員として生き生きと生命を全うしつつある野菜です。 彼らには生命力があります。 もともと生き物は食物連鎖の下位に属する生き物を食べて生きています。 食べるというのは栄養分の取得もそうですが、「生きる力」を回していくということでもあるような気がします。 だから、人工的に過剰な肥料で肥満体になり薬漬けにしないと虫に食べられてしまう不健康な野菜よりも、生命力豊かな野菜を食べたい・・・・・ そう思って自然農法をやり始めました。
 
 今では、ここで記述したことが本当にそうなのかを出来るだけ具体的に検証したいという願望も加わりました。だからもう少し広いところでやりたいなぁ、、、、、と。

以下に、特に影響を受けた情報源を記載しておきますね。

野人エッセイす
 

 

タグ :

土の豊かさ比較

自然農法1年目と2年目の土の豊かさをオクラの葉っぱで比較してみます。

2年目の畝のオクラ

葉っぱのカタチが分厚いですね。 結構栄養が行き届いている感じです。

続いて、1年目のオクラ

葉っぱがかなり細いです。

2年目の畝も、昨年はこんな感じの葉っぱでした。

自然農法では土が出来上がるまで3~4年かかると言われています。

虫を殺さず、根っこから抜かず、耕さず、草を刈ったらその場に置いておく、、、

それを繰り返すことで土が出来ていくという感じかと思っています。

 本日は、2年目の畝の一部の草を刈って、そこにニンジンとダイコンとブロッコリーの種を蒔きましたが、土の上にはダンゴ虫や小さな甲虫類がうようよいました。そういう環境が良い土を育んでいくのだと思いました。

一年目の畝には今年の春に苗を植えたイチゴが増殖しています。 このまま土が育っていけば来年はおいしいイチゴがたくさんとれるはず!! 楽しみです。

タグ :

花咲爺のその後

花咲爺の猿真似をして早3ケ月経過しました。

あの畝は今どうなっているのでしょうか。

花咲爺種まきしたものは、

・大根・・・ 多分15本ぐらい発芽してとりあえず順調に生育中。

・にんじん・・・ 最近まであまり目立ちませんでしたが、1週間前から歯っぱの勢いが出てきました。 多分20本ぐらい発芽。

・サニーレタス・・・ たぶん10株ぐらい発芽して順調に生育中。

・きゅうり・・・一株だけ出てきましたよ~

・パセリ・・・いまだに発見できません。

・マリーゴールド・・・いまだに発見できません。 昨年の花から採取したものですが土に合わないのでしょうか、、、

・とうもろこし(普通に穴を掘って6つ種まきした)・・・一つだけ発芽、なかなか大きくなりません。

このほかに、

なす(苗を植えた) 3本・・・例によってなかなか発育しませんが長い目でみましょう。

きゅうり(苗を植えた)1本・・・予想外に元気です、既に大きな実が一つとれました。

トマト((苗を植えた)1本・・・例によってなかなか発育しませんが長い目でみましょう。

オクラ((苗を植えた)10本・・・まだ小さい。 しかし花が咲き始めて、そのうち一つは既に実がなっている。

いちご(苗を植えた)11本・・・収穫後一株枯れて10株となったが、ツルがたくさん伸びてきて他の場所に苗が増殖中。 来年が楽しみです! たぶん増殖分は20株分ぐらいありそうです。

タグ :