日本の立ち位置

この地図は中国大陸と日本列島を北を下にして表示させたものです。 最近よくみるようになりましたね。

私は この地図を初めて見たときに中国の存在感の大きさに圧倒されると同時に、日本列島が中国にとって地政学的に大きな障壁になっていることを改めて認識しました。

 中国が広大な太平洋に出ようと思っても、日本列島-沖縄-台湾 という親米の島が まるで 囲碁のケイマがけのように中国大陸沿岸に張り付いていて 中国全体を取り囲んでいるような感じになっています。

 特に、沖縄が非常に重要な位置にあることがわかります。 米国が最後まで沖縄を日本に返還しなかったのも、いまだに大規模な米軍が展開しているのも頷けます。

 米国が 沖縄から米軍を撤退すると言い出したら 中国と米国が「沖縄はどうぞ差し上げます」と密約をしたときだ などという説もありますが この地図を見ると ナルホド と思いますね。

 まぁ 中国から見たら 日本は邪魔でしょうがないでしょうね。

それと、台湾があまりにも小さく弱弱しいこともわかります。この地図で見ると「台湾は中国の一部」といわれても頷いてしまいそうです。 また、つばぜり合いを繰り広げている尖閣諸島の位置も、これで見るとその重要性がわかりますね。

中国は、単純に沖縄と台湾さえ自分のものにしてしまえば、広大な太平洋と自由に行き来することができるわけで、歴史的なスパンで考えるといつ攻撃されてもおかしくないのではないでしょうか。

 こればっかりは国土を動かすことは出来ないので、この位置関係の中で日本はうまく立ち回っていくしかありません。 最近よく聞かれる主戦論では破滅に向かうしかないし、逆にノホホンとしていると即効でやられてしまいそうですし、ホンモノの外交と強大な非軍隊である自衛隊の潜在的脅威と日本近海に埋まっていると囁かれる膨大なまだ見ぬ資源(メタンハイドレード)などをうまく使って賢く立ち回らないと 手負いの大国である「米国」や「ロシア」、侵略する気満々の「中国」、そして朝鮮半島の国々によっていいようにされてしまいそうです。

国家公務員様や政治家様は、このように非常に微妙な立ち位置に置かれている日本という国をうまく引っ張っていってもらいたいと強く思います。

メッセージ

タイトルとURLをコピーしました