痔の手術 一部始終まとめ(大阪肛門科診療所での分離結紮手術体験記)

みなさんこんにちは、いきなりの長編記事(初投稿時23,322文字)です。痔の手術を受けましたのでその記録となります。 最初は全てを一つの記事の中に書いたのですが、文字数が多すぎて読み込みに時間がかかりすぎた為、記事を細分化しました。この記事は全体の「まとめ」となります。

30歳前後に初めて切れ痔になりその後少しずつ悪化、45歳の時についに何度も切れ痔になった部分が肛門ポリープ化してそれが脱出するようなりました。

 その後は排便後手で戻すことを繰り返し肛門ポリープも徐々に巨大化していきましたが中に戻すテクニックも手慣れて高度化し日常生活にはまったく問題を感じていませんでした。まぁ死ぬまで「だましだまし」なんとかやっていけるだろうぐらいに思っていました。

 しかし、57歳の時に脱出を繰り返した肛門ポリープの根本の部分が大きな裂肛となり痛みで日常生活に支障をきたすようになり根治手術を受ける検討を開始、それでもなかなかふんぎりがつかず、60歳で定年退職する機会に根治手術を受けることを決意し、今回ようやく根治手術を受けることができました。この記事を書いている今日現在術後三週間が経過しています。

 まだ完治までには程遠い状態ですが経過も順調で完治までの道筋が見えてきましたのでその一部始終を記事にして残しておきたいと思います。

 私自身もネットの体験記などを参考にさせて頂きましたので痔に悩む方々へのご参考になればと思って記事を書いています。

 

ただし、痔とは言ってもその症状や大きさなども人それぞれですし、手術の方法も違えば、担当医の考え方や技量によっても痛みや術後の経過は変わってきますので、ここに書いてある内容はあくまでも私の個人的な症例・意見でしかないということをご理解の上、あくまで参考程度に(決断は自己責任で)お読みいただければと思います。また記事中では大阪肛門科診療所を爆オシしていますが私は大阪肛門科診療所とは「病院と患者との関係のみ」で他の利害関係は一切ありません。本記事の内容もあくまで個人的見解として書いています。大阪肛門科診療所のお考え等につきましては公式Websiteや公式Blogにてご確認ください。

痔の経緯と最終的な症状

 

患者である私のProfile

   手術時点で60歳。男性。仕事はデスクワークを38年間続けてきました。

最終的な診断

   脱肛(肛門ポリープ・裂肛・切れ痔のハイブリッド型)

見た目は4つの肛門ポリープと別の一か所の切れ痔ですが、4つのポリープの大元は一つで根本部分に大きくて深い裂肛があるというもの。ポリープの根本は範囲が広く肛門の半周ぐらいに広がっていました。根本の裂肛は肛門ポリープが毎日脱出を繰り返してそのたびに傷ついて徐々に傷が深くなっていったと思われます。
 
   肛門科専門医に「うわぁーこれは大変立派ですね!! よくここまで育てられましたね♪」と言われたほど大きかったです。

 

経緯 30年来の痔の育成記録

   

30歳前後

  トイレで無痛なのにいきなり便器が真っ赤になり、すぐに総合病院に駆け込みましたが直腸触診にて「痔です」と診断されました。軟膏を処方されましたが出血は一回きりですぐに痔のことは忘れてしまいました。 その後、こんな感じで毎年一回程度出血していましたが、そのうち出血しても驚かなくなり医者にも行かずに放置していました。その頃は出血しても放置していればそのうち治ると思っていました。実際は見えないところで少しずつ進行していたのだと思われます。

   

35歳

人間ドック受診年齢となり大腸スコープを初めて受けました。そこで「結構大きな痔がありますね」と言われましたが、たまに出血するだけで普段は何も症状が無いことを伝えると「では放置しておきましょう」ということになりました。 大腸スコープは3年ごとに受診しましたがそのたびに同じやりとりをしていた記憶があります。

   

45歳

排便後肛門に違和感を感じることが多くなり、ついに家族旅行先で排便後に違和感と激痛が続いて治らなくなってしまいました。這う這うの体(ほうほうのてい)で旅先から帰ってきてすぐに地元の肛門科を受診しました。

   触診と肛門鏡による診察を終えて医師が言いました「大きな痔ですね手術でとりましょう」と。さすがに即答できずに後日またご連絡しますと言って帰ってきました。 (手術と言ってもどんな手術なのか等どの程度説明を受けたのかすら忘れてしまいました、遠い過去の話です)

   診察を終えた時に外に飛び出した痔を医師が中に戻していたようで痛みはうそのようになくなっていました。その時初めて理解したのです。

   飛び出していたのをもとに戻さなかったから痛かったのだと。

   意を決して排便後に肛門をきれいにしてから恐る恐る指でさわってみると、ありました! ぷっくりとした感触のものが。そして指でそっと押すとスッと中に入っていきました。

 「なぁーーんだ元に戻せばいいんだ♪」

   それ以降、排便の都度指で元に戻す儀式を行うことになりました。 これをやっていれば日常生活に支障はなかったのです。 もちろん手術は丁重に辞退申し上げました。

   ただ、出血する頻度や出血の量はだんだんとひどくなっていきました。

   この頃からネットで痔についての情報を集めて、痔が良くなるサプリとかメソッドとかを結構なお金を出して次々と試してみましたがどれもまったく効果がなく徐々に「ぷっくり」の部分も大きくなっていきました。 それでも市販の薬を塗ったりしてその場限りの対症療法でしのいでいました。

   

57歳

ついに、脱出した痔を元に戻しても痛みが取れない状態となってしまいました。とにかく常時痛い!! 寝てるときも痛くて何度も目が覚めます。50歳ぐらいからネットで地元関西の肛門科を検索して良い先生がいないか探していましたが、大阪肛門科診療所というところに目をつけていたので保険の効かない自由診療でしたがあまりの痛みに耐えかねて予約して受診することにしました。

   大阪肛門科診療所では驚きの連続でした。丁寧な問診のあと触診を行い、居残り便があったのでその場で排便の指導、そして肛門鏡での診察。

   先生のくだした診断は、

   ・大きな痔(肛門ポリープ)が4つある。根本に裂肛がみられる。
   ・肛門ポリープはいぼ痔ではなく排便管理をきっちりとしても小さくなることはない。よって脱出をなくすには手術が必要。ただし、このまま指で戻しても問題なければ手術しないでも良い。決めるのは患者さん。
   ・肛門全体が荒れていてそれが痛みの主因と思われる。

   とのことでした。肛門全体が荒れている??? 先生曰く「ウォシュレットの使い過ぎと肛門を石鹸を使って洗った結果」とのこと。

   なるほど、指で大きないぼ痔をもとに戻すのですから当然ウォシュレットは長い時間使っていますし、シャワーとボディシャンプーで肛門を丁寧に洗っていましたから。。。。。

   それが良くないとのこと。

   肛門の皮膚は非常に柔らかく敏感でその表面を皮脂が覆って保護しているのですがウォシュレットとボディシャンプーによって皮脂が洗い流されて保護膜がなくなりひどい肌荒れ状態になっていたのです。

   Sザルベという大阪肛門科診療所謹製の塗り薬をその場で塗って頂き処方もされて今後毎日塗ることになりました。

   シャワー時はボディシャンプーをやめてお湯だけにして、ウォシュレットの勢いを弱に設定して更に毎日肛門の荒れていたところにSザルベを塗ったところ、驚くことに三日後には痛みは消えてなくなっていました。

   肛門の肌荒れによる激痛はこれで一件落着したものの、大元の大きな痔の手術をどうするかを決めなければいけませんが、喉元過ぎれば、、、という感じで、仕事が多忙だったこともあってとりあえずは先延ばししてしまいました。

手術をしようと思った理由

   そこから3年経過し、出血がひどくなりほぼ毎日出血している状態でそれに伴って肛門ポリープの大きさもさらに大きくなってきていました。排便時のトイレでの作業にも時間がかかるようになり一度トイレに入ると30分以上出られないような状況となりました。これではさすがに日常生活に支障がありませんとは言えませんね。ついには自転車に乗るのも苦痛になってきました。

   そこで今度は本当に手術を決意し、まずはどこの病院で手術するのかについて検討を開始しました。

病院選び-大阪肛門科診療所を選んだ理由

   それでは、私が自由診療でお金のかかる大阪肛門科診療所を選んだ理由についてご説明いたします。
   以下の記事に詳細を記載しています。

痔の手術-病院選び-大阪肛門科診療所を選んだ理由
長年放置してきた痔の手術をしたのですが、その際にどのように病院を選んだのかをまとめてみました。 近くに信頼できる保険適用の専門医がいれば一番良いのですが。。。

手術について

  私が今回受けた「分離結紮+振り分け結紮+ポリープ切除」という手術についてご説明します。
  入院手術か日帰り手術かの選択、分離結紮という手術方法について、麻酔について、投薬について別の記事にて詳しくご説明しています。

私が受けた痔の手術の概要
私が今回大阪肛門科診療所で受けた「分離結紮+振り分け結紮+ポリープ切除」という手術についてご説明します。

手術当日と術後の経過要約

痔の手術体験記-1 痔の手術当日

手術当日はどんな感じだったのか!!

痔の手術体験記-1 痔の手術当日
大阪肛門科診療所にて分離結紮の日帰り手術をしてきました。当日の様子の記録です。

痔の手術体験記-2 手術当日から3日間のドキュメント

日記形式にて詳細を。

痔の手術体験記-2 手術当日から3日間のドキュメント
大阪肛門科診療所という自由診療の病院で大きな痔の分離結紮手術を受けました。手術当日から3日間何をしてどう思ったのかを淡々と書いていきます。

痔の手術体験記-3 手術直後(術後1日目)~術後11日目まで

手術直後から結紮の糸が取れるまで

痔の手術体験記-3 手術直後(術後1日目)~術後11日目まで
大阪肛門科診療所という自由診療の病院で分離結紮の痔の手術を受けた直後から術後11日目までのドキュメントです。持続麻酔が切れたあたりが一番痛かったです。

糸が取れてからしばらくは結構痛かった!

痔の手術体験記-4 術後11日~25日

痔の手術体験記-4 術後11日~25日
大阪肛門科診療所にて痔の分離結紮手術を受けた体験記です。

痔の手術体験記-5 術後26日~32日

順調に治りつつある。

痔の手術体験記-5 術後26日~32日
大阪肛門科診療所にて痔の分離結紮手術を受けた体験記No.5 術後26-32日のレポートです。

痔の手術体験記-6 術後33日~44日

最後の最後で足踏み。 生活にはまったく支障なし、でも浅くて縦に長い傷が完治せず。

痔の手術体験記-6 術後33日~44日
大阪肛門科診療所にて痔の分離結紮手術を受けました。その術後33-44日目を体験記としてまとめました。

痔の手術体験記-7 術後45日~55日

足踏み続きいろいろと試すがイマイチな状況。

痔の手術体験記-7 術後45日~55日
もう日常生活ではほとんどお尻のことは気にならない感じですが、お尻をすぼめるとまだ少しだけ痛みを感じます。ただ、居残り便があって翌日硬い便を出してしまうと多分治りきっていない部分に傷をつけてしまって治癒が後退してしまいます。

痔の手術体験記-8 術後56日~65日

足踏み続く。

痔の手術体験記-8 術後56日~65日
ついに術後2ケ月が経過しました。まだ傷は完全には癒えていませんがほとんど日常生活での痛みは感じません。排便時にはとてもすっきりと排便できますので本当に手術して良かったと排便のたびに思います。 自転車は10日前の診察で解禁となりましたが少し心配なのでまだ乗っていません(どれだけ心配症?!!)

痔の手術体験記-9 術後2-3.5ケ月

足踏み続く。完全消毒法に切り替え。

痔の手術体験記-9 術後2-3.5ケ月
大阪肛門科診療所にて痔の分離結紮手術を受けました。その術後66日-105日の体験記です。最後の最後で一部の傷が治癒せずに残っています。いくつかの治療方法の修正を経て現在は「徹底消毒」という策にうって出ています。さてその成果はいかに?

痔の手術の後のQOL(Quality of Life)を上げるTips

痔の手術の後のQOL(Quality of Life)を上げるTips
分離結紮手術を受けた経験からできる限り痛みを和らげて平穏に過ごすためにいろいろと工夫したことをご紹介します。

自由診療での痔の手術の費用について

健康保険が効かない自由診療ですのでとにかく高いです。

 まずは公式Websiteの「費用」のページから。

大阪肛門科診療所 痔の入院・日帰り手術|女医の女性専用外来あり
大阪肛門科診療所,痔,女性専用外来、排便、出血、便秘、痔ろう

この公式Websiteに書いてある費用には術後の診察に係る費用は書かれていません。術後は1週間に一回の診察(及び必要の都度細かな施術)が必要ですのでそれを加えると、2019/4現在の私の場合(日帰り手術で2泊3日の入院をした場合)こんな感じかと思います。

 (以下私の場合の概算2019/4現在)
 まずは初診で3万5千円ぐらい。
 手術の検査で2万5千円ぐらい。 累計6万円
 手術で42万円         累計48万円
入院すると一泊につき5万円
 2泊3日だと15万円       累計63万円
 術後の診察が完治まで毎回1-1.5万円
 10回かかったとしてMax15万円   累計78万円

 日帰り手術で私のように入院しない場合は、6万円+42万円+当日ベッド代5万円+術後診察10回15万円=68万円ということになりますね。

 同様の手術を保険ですると全体で10万円前後ではないでしょうか。 この58万円の差をどう評価するかですね。
 
私は、自分のあまりにも大きな痔の手術を任せられるお医者さんということと、やはり真の原因と対策をわかりやすく指導して頂けて再発につながらないであろうという期待感でそれ以上の値打ちがあると判断しました。 

<2019/7/12追記>

記事でもお伝えしている通り術後3.5ケ月経過していますがまだ完治に至っておりません。ということで私は特別だと思いますが治療費はとりあえず増え続けていますw

<追記終わり>

 

そんなに大きな痔でなければ(ポリープになっていなければ、痔ろうでなければ)手術はしないでもすむと思います。そうなると3-4回の受診で治っていくとおもいますので、初診3.5万+3回(5万円)の8.5万円で手術せずに治せる可能性があるということです。

 たとえ手術が必要な症状だったとしても、先に大阪肛門科診療所で診察してもらい排便管理のノウハウをしっかりと習得して、地元の信頼できる病院を探してそこで保険を使って手術をするという保険と自由診療を組み合わせたやり方でも良いのではないかと思います。そうすれば安価で手術をしてしかも便通管理も習得して再発防止にもなります。ただし、保険治療専門の医者と大阪肛門科診療所が連携してコトを運ぶみたいなことは期待しない方が良いと思います。なにせ両者の治療に対する考え方がまったく違いますので(紹介状ぐらいは書いてくれると思います)。そこのギャップは患者自らが埋めていくしかないと思いますが、大阪肛門科診療所の先生は「手術は保険を使って別のところでやります」と言っても笑顔で送り出してくれることでしょう。

 どちらにせよ、治せるのか治せないのか、その前に本当に痔なのかどうかは診察してみないとわからない為、専門医の診察は欠かせません
 

まとめ

 如何でしたか、これが私が受けた痔の根治治療一部始終です。私の場合、長期間ほったらかしにしていた為かなり大きくて広範囲な痔で、手術も複雑かつ傷も大きなものになりました。もっと早く大阪肛門科診療所を見つけていたら手術をしないでも良かったのに!! と思ったりもしますが、40代の頃に出会ったとしても案外

「出残り便秘? なにそれ? 」と鼻で笑って相手にもしていなかったかもしれません。

今回とにかくギリギリセーフというような感じで手術を受けましたが、治癒半ばですが今受けておいて良かったと切実に思います。

今現在60歳、たかが痔の手術されど痔の手術です。 薬や麻酔などにいろんな制約もあり歳をとるほど制約にひっかかる確率が高くなるし、肝臓や腎臓の機能も落ちて薬の副作用が出やすくなるし、自然治癒の力も落ちて傷の治癒も遅くなるでしょう。何度も言いますが、

本当は40代の時に排便管理を是正して手術なしで治癒するのがベスト

だったんですが、こればっかりは後悔しても始まりません。

 

今これを読んでいらっしゃる方は恐らく痔に苦しんでいる方々だと思います。 一度大阪肛門科診療所のWebsiteと公式blogそして二人の先生が書いていらっしゃるAmeba Blogを読んでいただいて手術することなく痔を治すことについて一度検討されてみてはどうでしょうか。読むだけでもとても勉強になります。

 私が実際に大阪肛門科診療所の診察と手術を受けてみて思ったのは、Websiteやblogに書かれている内容は素人にとっては非常に専門的で内容も豊富且つ深堀されていますが、お二人の先生にはその何千倍、何万倍もの知識と経験値が備わっているということです。これは実際に診察を受けてみないとわかりませんので大阪肛門科診療所のWebsiteやblogを読んで興味を持たれた方は初診料+αを持って大阪肛門科診療所に行きましょう!

 尚、一番最初にも書きましたが、

 

この記事は、あくまで私の個人的な症例の紹介と個人的な感想の羅列ですので別の人の痔の症状改善にはなんのタシにもなりません。 痔の治療を望まれる方は、自分の考えに合った専門医を探して早めに受診されることを強く推奨いたします。

皆様が一日でも早く痔の辛さから解放されることを心よりお祈り申し上げます。

補足- 自由診療の大阪肛門科診療所を受診して幸せになれる人とは

自由診療の大阪肛門科診療所を受診するかどうかお迷いの皆様へ

自由診療の大阪肛門科診療所を受診するかどうかお迷いの皆様へ
私は大阪肛門科診療所への受診をお勧めしていますが、結構合う合わないがはっきりしていると思いますので、どんな人が合うのかというのを私見ですが書いてみたいと思います。

[参考サイト]
大阪肛門科診療所公式Website

大阪肛門科診療所 痔の入院・日帰り手術|女医の女性専用外来あり
大阪肛門科診療所,痔,女性専用外来、排便、出血、便秘、痔ろう

大阪肛門科診療所公式blog

2019/6月現在リニューアル中です。

佐々木巌先生のAmeba Blog

大阪肛門科診療所 院長 佐々木いわおブログ──『過ぎたるは及ばざるにしかずだよ、佐々木君』
Dr.いわおさんのブログです。最近の記事は「(393)こんな医者になりたい」です。

佐々木みのり先生のAmeba Blog

みのり先生の診療室
みのり先生さんのブログです。最近の記事は「長年の痔と決別するつもりで、手術覚悟で来ました。(画像あり)」です。

メッセージ