一万円以内で買えるLevoitの空気清浄機レビュー(なかなか良かった)

Levoitの空気清浄機がなかなか良かった

こんにちは、DotchysことOgataです。

本日は、Levoitの空気清浄機のレビューをお届けいたします。

新型コロナウィルスが流行りだした2020年2月以降、自宅や作業場所に空気清浄機を設置された方も多いと思います。

私も、10年前に日立の空気清浄機を購入してリビングルームにて現在でも続けて使用中ですが、寝室にも追加したいと思い、2020年3月にいろいろと検討した結果、LevoitVital-100という空気清浄機を購入しました。

購入後三か月経過した時点でのレビューとなります。

Levoitとはどんな会社なのか?

まったく聞いたことがない会社でしたので少し調べてみました。Levoitというのはブランド名で実際の会社名はEtekcity Corporationでした。

他の記事に詳しくご紹介していますのでそちらの記事もぜひご一読くださいませ。

Levoit とはどんな会社なのか?
最近、amazonで空気清浄機を検索すると結構上の方に表示されるLevoitという会社の製品があります。Levoitとはどんな会社なのか、Googleにて検索しても製品情報は出てくるものの会社情報はほとんど出てきませんので調べてみました。

Etekcity Corporationは2011年に米国で設立された若い会社でGrace Yangという中国系の女性がCEOです。

この会社は工場を持たないファブレス企業で、販売もamazonにどっぷりと依存しています。製品開発とマーケティングに特化した会社といえそうですね。 きちんとした思想で設計開発されていれば低コストで製造し低価格で良い商品を提供できる最強のスタイルだと思います。

Vital100は生産地表記は「中国」ですので、米国で設計開発して中国で作ってamazonで売るというスタイルなのでしょう。

米国籍の企業ですのでいわゆるチャイナリスクは純粋な中国企業よりも少ないと思います(私見ですが)

デザインを重視する戦略のようで、製品はみなシンプルで洗練されたデザインだと思います。

機能的にも余計なものをつけないというところが私は気に入りました。

そんな感じで、ざっと調べた限りでは

「低価格で良いものを提供してくれそうな会社」という個人的評価となりましたので早速何を購入するかを検討することにしました。

今回購入の空気清浄機の条件

 今回購入の空気清浄機はこんなのが良いなぁというを考えて検討しました

①単純にハウスダスト、PM2.5などが除去できること

 HEPAフィルター搭載ということですね

②フィルター交換費用が安いこと

 フィルターの価格と交換サイクルですね

③除湿、加湿は不要

 除湿はエアコンを使います、加湿も他の方法でやるので不要なので余計な機能がついていない方が良い

④安価であること

 出来れば1万円~2万円

⑤本体が小さいこと

 8帖ぐらいの広さをカバーすればOKなのでなるべく小さくて軽いほうが良い

⑥ウィルスが除去できそうなこと

 ウィルス除去は、HEPAフィルターだけでは網目が大きすぎて無理なんですね。それでウィルス除去はどうやってやるのかというとシャープとパナソニックのプラズマクラスター(シャープ)・ナノイー(パナソニック)によって空気中のウィルスをやっつける方法しかみあたらないのです。

このプラズマクラスターの効果は諸説あって、私はプラズマクラスターではなくて同時に発生するオゾンで殺しているという説がなんとなく腑に落ちるのでその説を信じているのですが、そうなるとあまりオゾンは吸いたくないなぁということでシャープとパナソニックは選外になってしまいました。

オゾン説はこちらのWebサイトに掲載されています。

プラズマクラスターやナノイー自体にはほとんど殺菌効果がないことが明らかに
 日本のエレクトロニクス関連メーカーが販売している空気清浄機には、殺菌や脱臭といった効果をうたう粒子を放出するものが多い。メーカー各社が名付けた粒子の例としては、シャープの「プラズマクラスターイオン」やパナソニックの「ナノイー」がある。ところが、そうした粒子自体には殺菌効果がほとんどなく、実際の殺菌は、同時に発生するオ...

ちなみに、シャープさんはそれよりずっと以前に「その効果はオゾンではなくプラズクマラスターによるものです」という主旨を含んだ論文を発表しています。ちなみにその論拠は、実験中にウィルスが死滅したときのオゾン濃度が極めて低かったというものでした。うーーむ。。。

まぁどちらを信じるか、両方とも信じないかは個人的問題ですのでみなさんもご自身で他の情報ともあわせて判断してくださいね。

 海外の空気清浄機のセールスフレーズには頻繁にOzone Free という言葉が使われています。オゾンはレーザープリンターからも放出されたりしますが人体にも有害なので私的にはあまり吸い込みたくないですね

Levoit Vital100が凄いところ

さて、ウィルス除去だけに絞って調べていたところ、静電フィルターでウィルス除去という方法があることがわかりました。これは、HEPAフィルターを静電させてウィルスをくっつけてしまうというやり方です。プラスチックの下敷きに静電気を起こすと埃が付着するのと同じ考え方ですね。この方法だとウィルスはフィルターを通ってしまう大きさだけど静電気でフィルターにくっついてしまうということになります。

 この静電フィルターはダイキンが採用しておりダイキンの製品を調べましたがどの機種も多機能で高価ということで残念ながらミスマッチでした。大きさもみんなデカイですしね。

 そんなこんなで途方に暮れていたところ、amazonで目にとまったのがLevoitのVital100だったのです。

 なんとすべての条件にジャストフィットするのです!!

[Levoit Vital-100の条件対応表]

①単純にハウスダスト、PM2.5などが除去できること

 Websiteの説明ではよくある3層のフィルター構造、ただし”静電”というのがミソ

1. 静電True HEPAフィルター

花粉やほこり除去重視のプレフィルター + HEPAフィルター + 脱臭フィルターを採用しています。生活中に嫌なほこり・ハウスダスト・ダニ・PM2.5など0.1um(マイクロメートル)までの微細粒子を99.97%以上取り除きます。

2. 脱臭フィルター

直径2mmのCTC70棒状脱臭フィルターにより、より効率よく汚れた空気を清浄する一方、タバコ臭・ペット臭・靴の臭いやトイレ臭いなどを浄化します。

3. プレフィルター

目の細かいフィルターで、内部に侵入するホコリを大幅に低減し、集じん性能の低下を抑えます。フィルターの掃除も簡単です。プレフィルターは掃除機で清掃もでき、水洗いもでき、とても便利で手間いらず。

②フィルター交換費用が安いこと

 交換サイクルは半年~1年毎とのことでサイクルは長い部類です。
 交換用フィルターはamazonでしか購入できませんが、\2,500 というのは最安値の部類です。

 なぜ安いかというと、商品自体の品質を落としているのではなくamazon経由の商流ということで物流コストを大幅にカットした結果だと思います。通常は消費者とメーカとの間に複数の商社が存在し、それぞれ15-50%のマージンをとっていき、消費者に届いたときの価格はメーカ工場出荷価格の2倍であればかなり安い部類と言われていますが、中間業者がamazonだけとなると、たとえamazonが35%のマージンをとったとしても1.35倍ですからね~ この理屈は空気清浄機本体にもあてはまります。


③除湿、加湿は不要

 本当に何も付加機能がありません

 電源SW、風量切り替え(3段階)、切タイマーだけです

Levoit Vital-100

Levoit Vital-100 上から見たところ

この潔さが好きです

④安価であること

 一万円を切っています!! すごい!!

⑤本体が小さいこと

 幅32.4cm x 奥行16.2cm x 高さ41cm と とても小さいです

 重量も4.2kg!! 簡単に持ち運べます!!

Levoit Vital-100

電源コンセントと比べると大きさがわかると思います

⑥ウィルスが除去できそうなこと

 一般的な高性能HEPAフィルターです。amazonの製品紹介では「静電」と称しておりウィルス除去が期待できますが、本当に除去できているのかは謎です、というか当たり前ですが私には確認できるノウハウも設備もありません。

 それと気になるのは、英語表記の海外サイトでの仕様表には「静電」= Electrostatic という文字が見当たらないことです。

 そういえば、日本語の取説を見ても「静電」という言葉は使用されていませんでした!?? 
 
 フィルターの取り付け部分を見ても「静電気」を加えるような仕組みがあるようには見えません。。。。

 ということで、「 静電表記はamazonだけ? 本当に静電? 」との疑惑が持ち上がり、サポートにメールにて確認してみました。(2020/7/3発信、回答待ち)

 回答があればまた追記したいと思います

 なんでこんな大事なことなのに私が平然としているかというと、静電気はどこにでも発生するものであり、至近距離に100Vの電気が供給されている場所に設置される「フィルター」は普通にしてても帯電するのではないかと思っているからです。どちらかというと「言ったたもん勝ち」の世界。

 こんな回答がこないかなぁと思っているのですが、はてしてどんな回答がくるのでしょうか!!

Levoit Vital-100の概要

 amazonでの購入ページ

仕様

清浄時間:8畳/13分 (花粉99.97%除去・集じん・脱臭)
適用面積:約17畳(28㎡)
待機電力:0.5W未満
定格電力:最大約55W
運転音:23dB-50dB
サイズ:36.4*16.2*41cm
重量:4.2kg

三か月の使用感

毎日満足して使用しています!!

・埃やPM2.5は除去出来ている実感はあります
・表面のプレフィルターはひと月毎に掃除機で吸っています
・フィルター前面のカバーにはほとんど埃が付着していません、また、フィルターを外したあとの本体内側にも埃が回り込んだりは一切していません。日立の空気清浄機はフィルター周辺に埃がつきまくるのですがVital-100はとてもきれいです。
・運転は24Hぶっ通しで最弱の風量固定です、音は寝るときも気になりません。
・小さいので邪魔にならないし視界に入ってこないし、音も小さいので普段はその存在すら忘れています
・脱臭もそれなりに効いているような気がします、レビュのためのテストをしたわけではないですけど。。。
Levoit Vital-100

ひと月毎のフィルター掃除時の様子

Levoit Vital-100

フィルターを外したところ

ご参考までに海外サイトでのレビュー記事がありましたのでご紹介しておきますね。まぁ絶賛されています(ような気がするw)

Levoit Vital 100 Air Purifier: Trusted Review In 2020
Levoit Vital 100 Reviews and Specs (Air Purifier Trusted Reviews in 2020). ✓ Cleaning Power: True HEPA ✓ Size: 9.3 lbs ✓ Value: 4.7/5 ✓ Certified Review

まとめ

一万円以内で購入できるHEPAフィルター付きのPM2.5対応の小型空気清浄機としてとても素晴らしい製品だと思います。

「静電フィルター」疑惑はあるものの、私のようにシャープやパナソニックの製品のオゾン疑惑が心配な方にはお勧めです。

フィルターの作りもしっかりとしていて、しかも交換費用が安いというのが良いですね。

メッセージ

タイトルとURLをコピーしました